50坪の土地活用方法おすすめ10選!立地や収益から選ぶ方法も解説

土地活用

「遊んでいる土地があるので、それを活用して少しでも収入を増やしたい。でも広さが50坪しかない」と躊躇していませんか。広い土地ほど土地活用方法の選択肢に自由度が生まれると考えるのも無理はありません。

そこでこの記事では、そのような悩みを抱えているあなたのために、50坪の土地を活用するおすすめの方法10選を紹介します。せっかくある土地を遊休地として眠らせないで、土地活用のプランを練ってみましょう。

土地の活用方法に迷っているなら『HOME4U土地活用』に相談するのがおすすめ!

  • 土地活用の専門企業に、土地活用プランを無料で請求できる
  • 最大7社まで同時に依頼でき、費用や収益プランを比較検討できる
  • プラン請求できるのは厳選された実績のある優良企業のみ
  • 依頼した企業以外から連絡が来ることはないので安心

初めての方でも、プロのアドバイスを参考に安心して土地の活用をスタートできます。

公式サイトはこちら

50坪の土地で高額収益を目指せる活用方法5選

最初に収益性が高いおすすめの土地活用方法を5つ紹介します。準備期間や経営にそれなりの時間と手間がかかりますが、本腰を入れて土地活用をしたい人におすすめの土地活用方法です。

アパート・マンションの経営

アパート・マンションの賃貸経営は定番の土地活用方法です。目安ですが、50坪の広さがあれば、6戸程度入居可能なアパート・マンションが建てられます。単身者向けの間取りにすれば、1坪当たりの賃料を増やせるため、さらに収益をあげることができます。

メリット デメリット
  • 安定した入居率であれば初期費用を早期に回収でき、安定的な不労収入を得ることができる
  • 節税効果が高い
  • 景気に左右されにくい
  • 初期費用が高い
  • ランニングコストがかかる
  • 毎年不動産所得の確定申告が必要
  • 自己経営する場合は管理の手間がかかる

以下の記事では、アパートやマンションの経営についてさらに詳しく解説しています。あわせて読んでみるのもおすすめです。

アパート経営は節税対策になる?3つの効果的な節税対策や経営リスクを解説
アパート経営による節税対策は、所得税や住民税の節税、建物として相続・贈与することによる節税など、さまざまです。しかし節税だけに注目しすぎると、リスクもあります。本記事では、アパート経営が節税になる仕組みや注意点を解説します。
アパート経営は本当に儲かる?基礎知識と失敗せず儲かる仕組みを解説
アパート経営を始める場合、利益率を考慮した具体的な計画が必要です。本記事では、アパート経営を始める前に押さえておくべき基本知識や儲かる仕組みについて詳しく解説していきます。知識をつけて円滑なアパート運営へとつなげていきましょう。
マンション経営初心者必見!基礎知識から成功するためのコツまで解説
マンション経営を始めたいけど何から手を付けていいか分からない!と悩んでいるのはあなただけではありません。この記事ではそのような悩みを解決すべく、マンション経営の利回りや基本的な方法、成功させるために行えるコツまで紹介しています。

戸建ての賃貸経営

戸建ての賃貸経営は、ファミリー層が多く住んでいるエリアにおすすめです。50坪ほどの広さがあれば、土地の形によっては2棟建てることもできます。

戸建てで賃貸経営をする場合、軒数・世帯数が少なくなるため、アパートやマンションの経営より収益性が下がります。ただ、日本では戸建て志向が強いため安定した高入居率が期待できます。

メリット デメリット
  • 長期の入居が期待できる
  • 賃貸経営をやめて自宅にすることができる
  • アパート・マンション経営と比較して初期費用を抑えることができる
  • 戸数が少ないため、比較的管理にかかる手間が少ない
  • 入居者がいない間は収入がない
  • アパート・マンション経営と比較して収益性は低い
  • メンテナンスやリフォームのコストがかかる
  • 収益は確定申告する必要がある

戸建ての賃貸経営を成功させるためには、経営の基礎知識を取り入れておく必要があります。以下の記事でその点を深堀してみましょう。

一戸建ての賃貸経営のメリットとデメリット|成功のポイントも解説!
一戸建ての賃貸経営を成功させるためには、メリットだけでなくデメリットを知っておくことが重要です。この記事では、一戸建ての賃貸経営を行うメリットとデメリット、一戸建ての賃貸経営を行うのがおすすめな人、一戸建ての賃貸経営を成功させるポイントにつ

賃貸併用住宅の経営

賃貸併用住宅の経営も魅力的な土地活用方法の一つです。

賃貸併用住宅とは、一階部分は自宅、二階部分は賃貸スペースとしている建物のことを指します。賃貸併用住宅を用いて賃貸経営を行う場合に得られるメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
  • 小規模住宅用地の特例が適用できる可能性あり
  • 住宅ローンが利用できる可能性あり
  • 二世帯住宅への転用など柔軟な活用方法が可能
  • 将来売却するなら売りにくい可能性がある
  • メンテナンスに手間がかかる可能性あり
  • 入居者とトラブルがあったときに生活しづらくなる

将来的に、二世帯住宅を利用しようと考えている方にぴったりの活用方法といえるでしょう。

貸店舗の経営

貸店舗の経営は、高い集客力のあるフランチャイズと提携しておこなうことができる土地活用方法です。一般的に、駐車場付きのコンビニは50坪程度あると始められると言われています。コンビニよりも規模が小さな店舗を設ける場合は、最大5店舗程度入居できる建物を建てることも可能です。

住宅として賃貸に出すよりも高い賃料の設定ができ、業績が良ければ長期的に貸し出せるでしょう。賃料を売上歩合方式にすれば、店舗の利益が上がるほど賃料も上がるので、より高い収益性が期待できます。

メリット デメリット
  • 収益性が高い
  • 事業者に貸し出す方式は、初期費用なしで始められる
  • 建築する店舗の形態・規模・構造の選択肢が多い
  • 景気やテナントの経営状況に左右される
  • 周辺店舗との共存・配慮が必要
  • 賃貸住宅経営と比較して節税効果が低い

土地を貸し出すときの借地料設定については以下の記事でも詳しく解説しています。

借地料に関する手引き|算出方法や税金・見直し時期などを深掘り!
土地を貸してその対価として支払ってもらう借地料には、さまざまな計算方法があります。この記事では、借地料の決め方の基準や計算方法、借地料にかかるさまざまな税金、借地のメリット・デメリット、借地にするときのポイントなどを取り上げます。

建てた店舗で新規事業

店舗を建てて、自ら開業することもできます。立ち上げる事業はさまざまな業種が考えられますが、近年人気のある事業のひとつにコインランドリー経営があげられます。

50坪の広さでコインランドリー経営をする場合、駐車場付きで、洗濯乾燥機3台、洗濯機2台、乾燥機10台程度は設置できます。また、経営努力次第で収益性をさらに高めることができます。

メリット デメリット
  • 得られた収益からマージンを支払う必要がない
  • さまざまな業種から選べるため、自由度が高い
  • 安定させるためには、高い経営知識が求められる
  • 設備のメンテナンスが必要
  • 毎年事業所得の確定申告が必要

以下の記事では、個人経営をするときに役立つ不動産投資の基礎知識を詳しく解説しています。あわせて読んでおくと、具体的な計画を立てる助けとなります。

不動産投資はどんな仕組みで稼げる?メリットやリスクを徹底解説!
不動産投資の仕組みをよく知らないまま始めてしまうと、失敗してリスクを抱える可能性があります。この記事では、不動産投資の種類一覧や仕組み、メリットやリスク、成功させるためのポイントについて、初心者にもわかりやすく解説しています。

初期投資を節約した50坪の土地活用5選

続いて、初期投資を節約できるおすすめの土地活用法を5つ紹介します。準備期間もあまりかけなくて済むので、比較的始めやすい土地活用方法を探している人はぜひ参考にしてください。

駐車場経営

駐車場の経営は、初期投資があまりかからないため、短期的な活用がしやすい土地活用方法です。

土地が住宅街の中や、駅・商業施設・オフィスの近くにあればニーズは高いでしょう。50坪の広さがあれば最大10台程度駐車できます

メリット デメリット
  • 初期費用をかけずに始めることもできる
  • 比較的管理に手間がかからない
  • 短期間で始められる
  • 節税効果が少ない
  • 毎年事業所得の確定申告が必要

駐車場経営の方法は、月極駐車場コインパーキングの大きく2つに分けられます。さらにコインパーキングは、運営会社に土地を貸与して設備を設置する方法と、自分で設備を購入・設置し運営会社に管理を委託する方法から選ぶこともできます。

方式 メリット デメリット
月極駐車場 初期費用を抑えられ、他の業態への転換が簡単にできる
  • 収益性は低い
  • 自己経営する場合は、契約者管理、クレーム対応などが必要
コインパーキング 月極駐車場より収益性は高い
  • 月額駐車場より初期費用が高い
  • 他の業態への転換が簡単にできない

以下の記事では、駐車場経営についてさらに詳しく解説しています。

初心者向け|これさえ押さえれば儲かる!?駐車場経営の成功のいろは
駐車場経営は、不動産投資のなかでも比較的簡単で初心者向きといわれています。この記事では、駐車場経営のハウツーを経営初心者向けにわかりやすくご紹介しています。さらに、体験談の紹介や駐車場経営成功のポイントなども余すことなく解説します。

 自転車やバイクの駐輪場

駅に近い土地である場合、自転車やバイクの駐輪場の経営もおすすめです。

駐車場として利用するには難しい、形状が変型している土地でも、駐輪場であれば可能なことも多いです。50坪の広さがあれば最大80台程度駐輪できます

メリット デメリット
  • 入口の狭い土地や変形地でも経営できる
  • 駐車場経営よりもさらに短期間で始められる
  • 駐車場経営よりも収益性が低い
  • 盗難リスクへの対策の徹底が求められる

比較的手軽に始められる方法ですが、自転車やバイクは車に比べて盗難に遭うリスクが高いという懸念点があります。防犯カメラの設置や管理者を雇うといった対策を立てる必要があるでしょう。

屋外型のトランクルーム

屋外型トランクルームの経営は、近年需要が増している土地活用方法です。貨物用のコンテナを設置し、荷物の保管場所として貸し出し賃料を得ます。

50坪の広さですと、コンテナ5基程度(20ルーム程度)は設置可能です。

メリット デメリット
  • 短期間で始められる
  • 初期投資が比較的かからない
  • 利回りが20%程度と高い
  • 自治体によってコンテナの設置規制がある
  • 法律上の建物に該当すると判断された場合、建築確認等の手続きが必要
  • 節税効果は薄い

以下の記事では、コンテナを使った土地活用方法について詳しく解説しています。

トランクルーム経営はおすすめ?メリデメや、別の土地活用法と徹底比較!
土地活用の方法として、トランクルーム経営という新しい方法が登場しました。トランクルームにはさまざまな需要があるため注目を集めています。本記事では、トランクルーム経営の基本的な情報から、経営失敗を防ぐための方法まで詳しく解説しています。

 土地だけの賃貸

土地をそのまま貸し出す方法は、土地活用方法の中でも最も気軽に始められる方法です。

住宅街であれば貸看板、家庭菜園、畑などの用地として、郊外であれば太陽光発電資材置き場などの用地として利用してもらうことも可能でしょう。

メリット デメリット
  • 整地が要らない場合、初期費用がかからない
  • 長期的に借りてくれる可能性が高い
  • 収益性が低い
  • 借地上に借主が建物を建てると簡単に土地を取り戻せない

以下の記事では、農地を貸し出す方法について詳しく解説しています。あわせて参考にするのもおすすめです。

農地の活用方法には何がある?農地転用や具体的な活用事例も紹介!
農地をそのまま農業以外の方法で活用することはできませんが、必要書類を揃えて手続きすれば転用可能です。この記事では、農地転用や農地の活用方法について解説します。農地を活用しないリスクや農地に課される税金なども紹介しましょう。

土地信託

土地信託とは、信託銀行と信託契約を結んで土地を提供し、土地活用のプロに運用してもらう方法のことを指します。

信託銀行は、その土地の上に賃貸ビルなどを建築し、建物の維持管理や賃貸事業などを行います。その事業で得られた利益から諸経費などを差し引いた分を地主に配当するというものです。契約期間が終了した後は、地主に土地が戻ってくるとともに、提供した土地の上に建てた建物を受け取ることもできます。もちろん契約期間を延長することも可能です。

メリット デメリット
  • 初期費用がかからない
  • 一切を土地活用のプロに任せることができる
  • 運用が成功すれば配当が得られる
  • 相続税の節税になる
  • 運用が失敗に終わると利益が得られない
  • 利益がないときにも信託報酬を支払わなければならない場合もある

土地信託の運用方法によっては、利益が上がらなかったときにも信託報酬を支払わなければならないシステムを取っている場合もあります。契約内容をよく確認して決定するようにしましょう。

土地活用をお考えなら「HOME4U土地活用」がおすすめ

■「HOME4U土地活用」はこんな人におすすめ
  • どの土地活用方法を選べば良いのか迷っている方
  • 土地活用の相談をどこにしたら良いのかわからない方
  • 初期費用や将来得られる収益のバランスを見ながら検討したい方

「HOME4U土地活用」の特徴

HOME4U土地活用は、あなたの土地にあった活用プランを無料で一括プラン請求ができるサイトです。

一度の入力で、全国の厳選された大手企業から、一度に最大で7社の土地活用、不動産投資のプランを請求することができるので、効率的に収益を最大化できるプランを選ぶことができます。

また、HOME4U土地活用は、情報サービス事業業界最大手のNTTデータグループが運営しているため、情報セキュリティ面でも安心して利用できます。

一括プラン請求フォームにて、希望の土地活用の種類を選べば、それに絞ったプランの提案を受けることができるので、土地活用の種類を決めている人はその種類にチェックを入れてください。

ただ、おすすめは複数の土地活用種類にチェックを入れることです。自分が思いもよらない収益化方法を知ることができるかもしれません!

 50坪の土地活用を決めるポイント

ここまで50坪の広さがある土地のおすすめ活用法10選を見てきました。しかし、「この中から自分に合った方法をどう選んだらよいのだろう」と悩む方も多いものです。

自分の所有する土地に合った活用をおこなうには、土地活用方法を決めるポイントを抑えておく必要があります。上手に選ぶための4つのポイントを詳しく見ていきましょう。

土地にかけられている制限を知る

1つ目のポイントは、土地にかけられている制限を知ることです。用途地域によっては、希望の活用方法がとれないことがあります。

用途地域とは、都市計画法で決められている地域地区のひとつで、土地用途の混在によって生じる以下の事態を避けるため、設けられている制限です。

  • 災害時に救援が困難になる
  • 農地の減少で生産性が下がる
  • 騒音被害や公害が起きる可能性が高まる

以下の表で具体的な区画分けを見ていきましょう。

分類 用途地域
住居系
  • 第一種低層住居専用地域
  • 第二種低層住居専用地域
  • 第一種中高層住居専用地域
  • 第二種中高層住居専用地域
  • 第一種住居地域
  • 第二種住居地域
  • 準住居地域
  • 田園住居地域
商業系
  • 近隣商業地域
  • 商業地域
工業系
  • 準工業地域
  • 工業地域
  • 工業専用地域

この用途地域によって、建てられるもの・建てられないもの、建物の規模や用途の制限などが決められています。活用したい土地がどの用途地域にあたるかは、市区町村の役所にある都市計画図で確認できます。あわせてどのような規制があるのかを聞いておくとよいでしょう。

挑戦してみたい土地活用に向いた立地か

2つ目のポイントは、立地条件や地域のニーズにマッチングした土地活用法を選ぶという点です。住宅街、郊外、繁華街、文教地域など立地によって地域のニーズは異なります。立地条件や地域のニーズにあった土地活用法を選ばないと、収益が出せないということにもなりかねません。

立地条件別におすすめの土地活用法をまとめてみましたので、参考にしてください。

立地条件 おすすめの土地活用法
駅前や駅近の土地 賃貸住宅、貸店舗、駐車場、駐輪場
駅から遠い土地 貸店舗(駐車場併設)、賃貸住宅
郊外の住宅地 賃貸住宅(駐車場つき)、貸店舗(駐車場つき)
地形の悪い土地 駐車場、トランクルーム

活用したいと思っている土地周辺では、すでにどのような土地活用が行われているのかリサーチすることも役立ちます。活用方法を決める前段階で、ニーズを徹底的に調査していきましょう。

具体的な数字で収益をシミュレーション

3つ目のポイントは、収益を具体的な数字でシミュレーションするという点です。行いたい活用方法では、以下の費用がどれほどかかりそうか見通しを立てましょう。

  • 初期費用
  • 維持費
  • 修繕費

次に、収入はどのくらい見込まれるのか、収益がどの程度出せそうか、初期投資を回収できるまでのどのくらいの期間を要するかなどを把握し、イメージを固めていきます。

アパート経営の場合を例に、どのようにシミュレーションできるかを見ていきましょう。

【状況】木造2階建て 1Kタイプ6戸
【仮定条件】賃料:60,000円/戸、総建築費:5,200万円(全額借入れ:30年変動金利1.5%)

月収入 月支出 随時支出
家賃収入:60,000円×6戸=360,000円
  • 金融機関への返済:173,000円
  • 管理会社への委託費:25,000円
  • 共用部用消耗品費:3,000円
  • 共用部光熱水費:10,000円
  • 固定資産税:100,000円
  • 補修費:100,000円
  • ハウスクリーニング代:20,000円
年間収入:360,000円×12=4,320,000円 年間支出:211,000円×12=2,532,000円(A) 年間支出:220,000円(B)
初期投資回収年数約33年 = 総建築費5,200万円 ÷ (年間収入432万円 - 年間支出(A+B)276万円)
上記はアパート経営の場合ですが、月収入・月支出・随時支出の3つを試算してシュミレーションをおこなうという点は、すべての土地活用方法に当てはまります。
具体的に計算することで、希望する土地活用は身の丈に合っているのかを知ることができます。ぜひ具体的なシュミレーションをおこなって、土地活用方法を賢く選択しましょう。

専門家からアドバイスを受ける

4つ目のポイントは、専門家からアドバイスを受けることです。分野別の相談先を把握し、専門家の知恵と力を借りると安心の土地活用をおこなえます。

以下の表から、相談内容ごとに頼れる専門家を見ていきましょう。

相談内容 相談先
土地活用全般(活用方法が決まってない場合を含む) パートナー企業、土地活用プランナー
資金計画・融資 金融機関、ファイナンシャルプランナー(FP)
税金 税理士
アパート ハウスメーカー、工務店、不動産会社
マンション デベロッパー、ハウスメーカー、工務店
戸建て・賃貸併用住宅 ハウスメーカー、工務店
駐車場・駐輪場 駐車場運営会社、駐輪場運営会社、不動産会社
土地の売却 不動産会社

まずは土地活用サイトで複数の土地活用プランを取り寄せて、そのなかから興味のあるプランを示した企業の営業担当者と連絡を取り合いましょう。信頼できるパートナー企業・土地活用プランナーが見つかれば、その営業担当者がコーディネートをしてくれます。

また、土地活用の総合的な相談先として、土地活用コンサルタントを活用することもできます。以下の記事で、土地活用コンサルタントはどのように手助けしてくれるのか、深掘りしていくのもおすすめです。

土地活用コンサルタント選び方とメリット4選!依頼できる内容も解説
土地活用を始めたい方は、その道のプロである土地活用コンサルタントに相談してみませんか。この記事では、土地活用コンサルタントが行う業務やコンサルタントの選び方、利用するメリット・デメリット、利用するときの流れなどを取り上げます。

50坪の土地活用でよくある失敗

残念ながら、土地活用に失敗してしまったというケースもあります。失敗に陥らないために、失敗事例から知れる回避方法を知っておくのは大切です。3つの主な失敗例から詳しく見ていきましょう。

利用する業者を比較していない

利用する業者を比較しないで決めてしまうと、失敗につながりやすくなってしまいます。業者によって、活用方法の得意不得意があるため、比較検討して自分の活用方法に見合った業者を選定することは重要です。

一旦契約を結んでしてしまうと簡単には解約できないため、以下のポイントをよく確認して決めるようにしましょう。

  • 営業エリア
  • どの土地活用方法を得意としているか
  • 活用開始後のサポート充実しているか
  • 実績豊富で、評判が高いか
  • 土地活用初心者でもわかりやすいよう、親身にアドバイスしてくれるか

サポート体制を見極めるときには、経営のアドバイスまでトータルで行ってくれるところを選ぶのもおすすめです。また、建築物を用いた土地活用をおこなう場合は、建物に対しての保証が充実しているかを忘れずにチェックしましょう。

利回りの数字だけで決断する

利回りはあくまで目安であり、判断する際に一つの材料に過ぎません。利回りはその特性上、初期投資が低いものは高く、初期投資が高いものは低くなりがちです。しかし実際に経営してみると、利回りが高いとされていたにもかかわらず、利益が上がらなかったとなるケースも非常に多くなっています。

また、利回りを知る際には、かかる経費を考慮に入れない表面利回りと、経費まで計算に入れた実質利回りがあるという点を知っておく必要もあります。より具体的な利回りを算出したい場合には、実質利回りで考えるのは大切です。

不動産投資の仕組みについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみましょう。

不動産投資はどんな仕組みで稼げる?メリットやリスクを徹底解説!
不動産投資の仕組みをよく知らないまま始めてしまうと、失敗してリスクを抱える可能性があります。この記事では、不動産投資の種類一覧や仕組み、メリットやリスク、成功させるためのポイントについて、初心者にもわかりやすく解説しています。

融資の返済が滞る

通常、土地活用を行うときには、投資用ローンを組む必要が出てきます。具体的にシミュレーションをしていても、大規模な修繕費や想定外の出費があり、収益があがらないこともあるでしょう。そのようなときに資金繰りが行き詰まり、金融機関への融資の返済ができなくなってしまうのです。

万一の場合に備えて、手元にある程度の予備費を用意しておきましょう。また、状況によっては金融機関に相談して、返済条件を変更してもらうこともできます。

良い活用方法が見つからないなら売却を検討

良い活用方法が見つからなければ、土地を売却するのもひとつの賢い選択です。土地を現金化すれば、ある程度まとまったお金が手元に入りますし、ランニングコストもかからず、遺産相続などの問題も先送りせずにすみます。

最後に、土地を放置するとどうなってしまうか、また土地を売却する方法について解説していきます。

土地活用をせずに所有し続けるデメリット

土地を活用をせずに所有し続けると、土地からの収入は全くないまま、支払いだけがかさんでいくというデメリットがあります。

土地は、ただ所有しているだけで、毎年固定資産税がかかり続けます。また、市街化調整区域の中にあれば都市計画税もあわせて納税する必要が出てくるでしょう。さらに、土地を管理するための費用もかかります。大雨による土壌流出を防ぐために整地や養生をするための費用がかかることも珍しくありません。

活用のできない土地で、維持費がかさんでいくだけとなってしまう場合は、土地を売却して現金化するほうが賢明と言えます。

50坪の土地を売却する流れ

土地を売却する流れは次のとおりです。

  1. 不動産会社に査定を依頼する
  2. 不動産会社と媒介契約を結び、売却活動を依頼する
  3. 売出価格を決めて物件情報を広告に出す
  4. 買主と売買契約を結び、手付金を受領する
  5. 残代金(手付金以外)を受領し、土地を引き渡す
  6. 売却の翌年2月16日~3月15日の間に税務署に確定申告をする

土地を売却する場合は、土地の売買を仲介してくれる不動産会社選びが最重要ポイントです。信頼できる不動産会社を見つけることができれば、スムーズに売却ができるようにサポートしてくれます。

不動産会社と仲介契約を交わしたあとは、不動産ポータルサイトや不動産流通機構(レインズ)などに情報を掲載します。これらの情報は、全国の不動産会社にも共有されるものです。条件の良い物件である場合、近隣地域以外の購入希望者からも「買いたい!」という申し出が入る可能性があります。

確定申告は売却益があるときのみでよいとされていますが、売却損が出たときに確定申告を受けておくと、特別控除の利用ができる場合があります。無事に買い手へと売却が済んだ後は、確定申告も忘れずにおこないましょう。

高く土地を売却するなら一括査定サイトを使う

信頼できる不動産会社を探すには、複数の不動産会社に対して一度に査定依頼ができる一括査定サイトを使うと便利です。

一括査定サイトの最大の特長は、一度の手続きで複数の不動産会社に対して同時に査定依頼ができることです。そのため査定依頼をする手間が省けます。また、同じ条件のもとで各社が査定した結果を比較したり、平均的な相場を知ったりすることができます。さらに、売却プランや営業担当者の相性を見極めるのにも最適です。担当者と一度電話で話しておき、話しやすさ、態度、人柄、相性などを確認しておくことをおすすめします。

ただし、一括査定サイトを利用すると、1日~2週間ほどは査定依頼をした各社から営業電話が頻繁に来るようになり、その対応に追われることがあります。良い営業担当者にめぐりあえれば、熱意をもって販売活動にあたってくれるでしょう。

初めての方におすすめの一括査定サイトは「すまいステップ」

■すまいステップはこんな人におすすめ
  • 初めてで不安だから実績のあるエース級の担当者に出会いたい
  • 厳選された優良不動産会社のみに査定を依頼したい
  • 悪徳業者が徹底的に排除された査定サイトを使いたい

一括査定サイトに関してより詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

不動産一括査定サイトランキングおすすめ21選!選び方や利用者の声も紹介!
不動産一括査定サイトのおすすめ21サービスをランキング形式で紹介します。不動産売却でどこに査定依頼すればよいかお悩みならばぜひご覧ください。査定サイトの選び方や注意点、利用者の口コミなど取り上げた査定サイト選びのための保存版です!

まとめ

50坪という土地面積は、さまざまな土地活用がおこなえる広さです。あなたの土地周辺でどのようなニーズがあるのか、また、土地活用方法は制限にかかっていないかをよく確かめて、活用方法を選ぶようにしましょう。

土地活用の失敗を防ぐために、どのような点に気をつけるべきなのかを知っておく必要もあります。活用が難しい場合は売却することも視野に入れ、損のない土地活用を行いましょう。

土地活用をお考えなら「HOME4U土地活用」がおすすめ

■「HOME4U土地活用」はこんな人におすすめ
  • どの土地活用方法を選べば良いのか迷っている方
  • 土地活用の相談をどこにしたら良いのかわからない方
  • 初期費用や将来得られる収益のバランスを見ながら検討したい方

「HOME4U土地活用」の特徴

HOME4U土地活用は、あなたの土地にあった活用プランを無料で一括プラン請求ができるサイトです。

一度の入力で、全国の厳選された大手企業から、一度に最大で7社の土地活用、不動産投資のプランを請求することができるので、効率的に収益を最大化できるプランを選ぶことができます。

また、HOME4U土地活用は、情報サービス事業業界最大手のNTTデータグループが運営しているため、情報セキュリティ面でも安心して利用できます。

一括プラン請求フォームにて、希望の土地活用の種類を選べば、それに絞ったプランの提案を受けることができるので、土地活用の種類を決めている人はその種類にチェックを入れてください。

ただ、おすすめは複数の土地活用種類にチェックを入れることです。自分が思いもよらない収益化方法を知ることができるかもしれません!

タイトルとURLをコピーしました