「1+1+1」が3以上となる相乗効果で、質の高いサービスを提供【株式会社フジホーム 多田匡孝さん】

インタビュー

今回お話を伺ったのは、管理、点検・修繕、流通という⼀連の業務を通じて、「管理業」と「内外装⼯事業」そして「不動産流通業」を生業とする株式会社フジホームで工事事業部部長を務める多田匡孝さん。生活に寄り添う総合的なサポートを得意とするフジホーム様のあり方や強み、多田さんが業務上で大切にしていることなどを聞かせていただきました。

フジホーム様について教えてください

当社は、中古マンションの買取再販や賃貸事業をを行う株式会社ムゲンエステート(東証一部)のグループ会社として、1997年に創業しました。最初はムゲンエステートが仕入れた物件の販売事業を中心に行っていましたが、その後、⼯事部⾨、賃貸管理部⾨と業務内容を拡⼤しております。さらに近年では、自社でも居住・投資用の物件を個人や投資家のお客様に直接提供するようになりました。

営業エリアは首都圏です。エリアの特性に合わせ、居住用としては主にマンションを、投資用としてはマンションの他にオフィスビルなども扱っています。賃貸管理部門の管理戸数は約3,000戸超。工事部門のリフォームは、年間500件以上の実績があります。

本社は、千代田区大手町にあります。2020年5月に移転して、「売買仲介流通」「工事」「賃貸管理」の各部門をワンフロアに集結させました。コミュニケーションのとりやすい事業体制で、お客様の住まいに関するさまざまなご要望に応えています。

フジホーム様の経営方針を教えてください

フジホームでは、「夢を現実にし、理想を追求すること」をモットーに、住空間の再生と刷新を通して、新たなる価値の創造を目指しております。お客様に「しあわせの価値」を実感していただける、理想の住まいをご提供することが、私どもの使命です。

また、私としては「住まいの相談ならフジホームに!」という気持ちで日々業務に取り組んでいます。それは、物件探しから売買、リフォームまで、すべて当社で対応できるからです。

お客様の暮らしや生活に常に寄り添い、共に歩む企業でありたいと考えています。

※フジホーム様はSDGsに取り組まれており、社内啓蒙活動の一つとして、オフィスに17の目標が貼られている。

フジホーム様の強みを教えてください

当社サイトのトップページに「賃貸管理・売買仲介・工事 フジホームが全て引き受けます。お任せください!」と挙げているように、売買仲介も、賃貸管理も、リフォームもすべてご対応が可能だということです。

トータルサポート体制を謳っていても、各部署の連携が不十分だと、結局はお客様にいろんな情報が伝わり、かえって混乱を招くことにもなりがちです。しかし当社では、ワンフロアになった社内で、営業など窓口に立った担当をベースに、部署間で素早い意思疎通と情報共有が可能です。責任感を持って、総合的なサポートをお引き受けしています。

例えば、賃貸管理部で管理している物件から退去者が出たら、工事部が原状回復工事を行います。工事をしている間に、賃貸管理部では次の入居者募集、と効率のよい進め方が可能です。空室になる時間を縮められるのは、オーナー様にとっても嬉しいことだと思います。

また、投資用物件の販売も同様です。流通部が売買仲介した物件を、引き続き賃貸管理部が管理を行うこともあります。売りっ放しではなく、会社として長期間お付き合いすることとなるため、お客様の安心感にもつながるかと思います。

※写真は部署間の垣根を越えて打ち合わせをしている様子。

フジホーム様の強みを反映しているようなサービスがあれば、教えてください

私の主要業務である工事関係で言うと、「全て引き受けます」というのは、分譲、一棟マンション、マンションもオフィスビルの内外装まで、さまざまな物件に対応できる工事のノウハウがあるということでもあります。多くの案件を通じて、コツコツと積み上げてきました。これは管理や売買でも同じだと思います。

特定の分野に偏ることがないオールラウンダーでありながら、高い専門性がある。そして、各部署が連携して、総合的な見地を持って物件に当たることができる。この総合力は、数ある不動産会社の中でも、当社が誇れることだと思います。

日々、業務の中で心がけていることはなんでしょうか?

お客様のニーズを上回るような品質やサービスを提供することです。強みでお話しさせていただいたように、さまざまな案件から積み上げた技術力はありますから、それをお客様に合った形で活用したいと常に思っております。それでこそ、技術力がよりよく生きると思うんです。

そのためには、価格重視なのか、価格は気にしないからデザインにこだわりたいのか等々、お客様のニーズをいち早くつかんで、期待以上の仕事をしたい、と考えています。そういったことの積み重ねで、お客様との信頼関係が生まれていくのではないかと考えているからです。

お客様から言われた嬉しかった一言やエピソードがあれば教えてください

具体的な言葉ではありませんが、工事に関していえば、リフォームのお客様がリピーターになることですかね。

最初は、設備の取り換えくらいの小さな仕事をご依頼いただくことが多いです。リフォームを望まれるお客様は、どこか一カ所が改善されると、「段取りがよかったから、別の場所もお願いしよう」というお話になりやすいもので、何年かを経て家族構成が変わるなど、ライフスタイルの変化に合わせて「間取りを変えたい」と相談してくださることもあります。

もちろん、そういうことを期待して仕事をしているわけではありませんが、お客様と真摯に向き合い、真面目に取り組んだことが、後にリピートという評価になるのはとてもやりがいを感じます。

また、当社の社員は私に限らず、売買でも賃貸管理でも、所属する部門に関わらず何かしらのお客様とのエピソードを持っています。「担当が○○さんでよかった」「あなただからお願いしようと思った」等々、いただく言葉は人それぞれですが、感謝されたり、信頼されたりと、お客様と本当にいい関係性を構築できていると思います。

なかには、お客様と担当というビジネスの枠に留まらず、人と人として、さらに深くわかり合える関係まで発展させているスタッフもおります。そうした関わりのなかでビジネスや人としてのあり方を学ばせていただくこともあり、各担当者の成長にも大きな力とさせていただいております。

フジホーム様を一言で表すと?

不動産トータルコーポレーション」です。お話してきたように、当社は売買・仲介も、賃貸管理も、リフォームもすべて対応しています。

各部署の連携が、単純に「1+1+1=3」とはならない相乗効果を生み出して、より質の高い商品やサービスを提供できているのが強みです。実際にそこまでできる不動産会社はそう多くはないと思いますので、ぜひその点に注目していただきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました