BIGLOBE、「Moto X Play」と「ZenFone Max」の取り扱いを開始

 

ビッグローブは9日、「BIGLOBE SIM」と組み合わせて提供する「BIGLOBE スマホ」として「Moto X Play」(モトローラ製)、「ZenFone Max」(ASUS製)の取り扱いを開始した。MNPの申し込み受付は3月中旬以降となる。

「Moto X Play」(左)と「ZenFone Max」(右)

Moto X Play

「Moto X Play」は、OSにAndroid 6.0を搭載した5.5インチサイズのSIMフリーAndroidスマートフォン。15分間の充電で、8時間の使用が可能になる急速充電機能に対応する。ディスプレイには傷が付きにくいCorning Gorilla Glass3を採用した。

アシストパック月額加算料金(端末の実質価格)は、税別(以下同)1,840円×24回(総額44,160円)。

そのほかのスペックについては、過去記事を参照いただきたい。

ZenFone Max

「ZenFone Max」は、タブレット並みとうたう大容量バッテリーが特徴の5.5型Androidスマートフォン。実際にZenFone Max (ZC550KL)のバッテリー容量は5,000mAhで、同社の10型タブレット「ZenPad 10 (Z300CL)」の4,890mAhを超越。バッテリー駆動時間はWi-Fi通信時で約22.6時間、モバイル通信時で約20.7時間。連続待受時間は3G接続時で約38日間 (約914.4時間)、LTE接続時で約28日間 (約683.6時間)に及ぶ。「ZenFone Max」をモバイルバッテリーとして、ほかの端末に"おすそわけ充電"することも可能。

アシストパック月額加算料金(端末の実質価格)は、1,150円×24回(総額27,600円)。

そのほかのスペックについては、過去記事を参照いただきたい。

人気記事

一覧

新着記事

ミス・モノクローム、真夏の店頭抽選会ツアーの開催決定! 旧譜フェアも開催
[22:30 6/26] ホビー
【レポート】マリオと共にソニック25周年を祝う -「ソニック25周年 アニバーサリーパーティー」
[22:29 6/26] ホビー
MF文庫J、6月新刊は8タイトル! 『ハイスクール・フリート』公式スピンオフ
[22:20 6/26] ホビー
[橋本愛]熊本の復興支援に「お手伝いできた」 「うつくしいひと」チャリティー上映で
[21:35 6/26] エンタメ
夏乃あゆみ新作は、祇園祭が題材の和風バディもの「祇園祭に降る黒い花」1巻
[21:19 6/26] ホビー