BIGLOBE、「Moto X Play」と「ZenFone Max」の取り扱いを開始

 

ビッグローブは9日、「BIGLOBE SIM」と組み合わせて提供する「BIGLOBE スマホ」として「Moto X Play」(モトローラ製)、「ZenFone Max」(ASUS製)の取り扱いを開始した。MNPの申し込み受付は3月中旬以降となる。

「Moto X Play」(左)と「ZenFone Max」(右)

Moto X Play

「Moto X Play」は、OSにAndroid 6.0を搭載した5.5インチサイズのSIMフリーAndroidスマートフォン。15分間の充電で、8時間の使用が可能になる急速充電機能に対応する。ディスプレイには傷が付きにくいCorning Gorilla Glass3を採用した。

アシストパック月額加算料金(端末の実質価格)は、税別(以下同)1,840円×24回(総額44,160円)。

そのほかのスペックについては、過去記事を参照いただきたい。

ZenFone Max

「ZenFone Max」は、タブレット並みとうたう大容量バッテリーが特徴の5.5型Androidスマートフォン。実際にZenFone Max (ZC550KL)のバッテリー容量は5,000mAhで、同社の10型タブレット「ZenPad 10 (Z300CL)」の4,890mAhを超越。バッテリー駆動時間はWi-Fi通信時で約22.6時間、モバイル通信時で約20.7時間。連続待受時間は3G接続時で約38日間 (約914.4時間)、LTE接続時で約28日間 (約683.6時間)に及ぶ。「ZenFone Max」をモバイルバッテリーとして、ほかの端末に"おすそわけ充電"することも可能。

アシストパック月額加算料金(端末の実質価格)は、1,150円×24回(総額27,600円)。

そのほかのスペックについては、過去記事を参照いただきたい。

人気記事

一覧

新着記事

A.B.C-Z・塚田僚一、キスマイ・千賀健永に謝罪!? - "ジャニマネレストラン"で10年越し事実発覚
[21:00 7/29] エンタメ
福島交通飯坂線、7000系に代わる新車両1000系導入へ - 3カ年計画で全車更新
[20:49 7/29] ホビー
東芝、4Kテレビ「REGZA Z20X」が業界初の"HLG方式のHDR"に対応
[20:43 7/29] スマホとデジタル家電
写真甲子園2016、島根県立大田高校が初優勝 - 「笑顔の写真は撮らない」
[20:39 7/29] スマホとデジタル家電
TVアニメ『ワンピース』、新章「ゾウ編」突入! 新キャラ&キャストを発表
[20:33 7/29] ホビー