2013年発売のEMOBILEスマホ「STREAM X GL07S」回収 - 発熱や発煙の可能性

 

ソフトバンク、ウィルコム沖縄、ファーウェイ・ジャパンは1日、2013年3月にEMOBILEより発売されたスマートフォン「STREAM X GL07S」(ファーウェイ製)の一部を無償交換および回収すると発表した。

「STREAM X GL07S」

対象となるのはスマートフォン「STREAM X GL07S」の一部となる16,460台。内部バッテリーの製造ロットにおいて、バッテリーの固定に不備があり、長期間利用し過度な外部衝撃が加わった場合、バッテリーが本体内部で移動し変形することで、ショートが起こり発熱や発煙が生じる可能性があるという。なお、1日の発表時点で人的被害に関する報告は受けていないとしている。

該当する製品のユーザーには順次、SMSまたはダイレクトメールを送信する。ユーザー自身でも、製造番号(IMEI)を調べ、「GL07S特別対応窓口」に問い合わせることで特定できる。IMEIは、USIMトレーカバー内のシールもしくは、「メイン画面」→「設定」→「端末情報」→「端末の状態」→「IMEI」より確認可能だ。

USIMトレーカバー(赤枠)内のシール(赤矢印)でもIMEIを確認できる

該当製品を所有していた場合は、前述のSMSまたはダイレクトメール、本人確認書類、クレジットカードまたはキャッシュカードを持参し、ワイモバイル携帯電話取扱店へ来店することで、端末の回収、最新スマートフォンへの無償交換に応じる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

https://news.mynavi.jp/itsearch/article/devsoft/1755
[10:30 8/24] 企業IT
AIで働き方改革!面倒な手書き文書をデータ化する「AI inside」
[10:27 8/24] 企業IT
ネットチャート、地域医療連携を促進する医療用画像のクラウド共有サービス
[10:25 8/24] 企業IT
2016年第2四半期国内PC出荷台数、シェアトップはNECレノボ - IDC
[10:08 8/24] 企業IT
米Pinterestが“あとで読む”サービスの米Instapaperを買収
[10:07 8/24] スマホとデジタル家電