「Galaxy S7/S7 edge」発表、防水・防塵、デュアルピクセル・カメラ搭載

Yoichi Yamashita  [2016/02/22]

Samsung Electronicsは2月21日(スペイン時間)、スマートフォンのフラッグシップ製品「Galaxy S7 edge」と「Galaxy S7」を発表した。S6シリーズで採用したメタルフレームとガラス素材を組み合わせたデザインを、より持ちやすく、操作しやすいように改善。外観よりも中身が大きく進化しており、デュアルピクセル・テクノロジ対応のカメラ、防水・防塵、常時オン・ディスプレイ(Always-On Display)などを備える。

S7 edgeはディスプレイの左右が湾曲したエッジスクリーンになっており、S6 edge(5.1インチ)よりも一回り大きい5.5インチ(2560×1440、534ppi)になった。本体サイズは150.9×72.6×7.7ミリで、重量は157グラム。バッテリーが3,600mAhと、S6 edge(2,600mAh)よりも大幅に大きくなった。

Galaxy S7 edge

フラットスクリーンのS7は、S6と同じ5.1インチ(2560×1440、577ppi)。本体サイズは142.4×69.6×7.9ミリで、重量は152グラム。こちらもバッテリーが3,000mAhと、S6(2,550mAh)よりも大容量だ。

Galaxy S7

発表イベントで同社は、カメラ機能の向上を強くアピールした。デュアルピクセル・テクノロジによって、リアカメラではこれまで焦点を合わせにくかったシーンでも高速かつ正確なAFが可能になった。またF値1.7の明るいレンズを搭載しており、特に薄暗い場所での撮影で新しいカメラが実力を発揮する。防水・防塵性能はIP68に準拠しており、幅広い条件で端末を使用できる。

常時オン・ディスプレイは、スリープ中にも時計やカレンダーなどを表示し続ける機能だ。同機能を有効にしてもバッテリー動作時間に影響しないように、AMOLEDの特性を活かして効率的にディスプレイを点灯させる。

また、ハイブリッドSIMカード・スロットを装備する。デュアルSIM、またはmicroSDカードと組み合わせて使用することが可能だ。

S7 edge、S7共通の主なスペックは以下の通り。

  • OS: Android 6.0 (Marshmallow)
  • プロセッサ: オクタコア(2.3GHzクアッド+1.6GHzクアッド)、クアッドコア(2.15GHzデュアル+1.6GHzデュアル)
  • メモリー: 4GB RAM (LPDDR4)、32/64GB (UFS 2.0)
  • カメラ: 背面:12メガピクセル(F1.7)、前面:5メガピクセル(F1.7)
  • ワイヤレス: Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2LE、NFC

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

NTTデータとネットイヤーグループ、流通業界へのオムニチャネル推進で協業
[09:00 5/28] 企業IT
自分に適したヘアケア方法や将来なりやすい病気がわかる遺伝子検査スタート
[09:00 5/28] ヘルスケア
【連載】鉄道トリビア 第356回 ひたちなか海浜鉄道は、総延長約2万1,000kmの路線の一部である
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、キービジュ&追加キャスト公開
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』、追加キャストに立木文彦や谷山紀章ら
[07:30 5/28] ホビー

特別企画 PR