米Qualcomm、14nm FinFET技術で製造した初のSoC「Snapdragon 625」

 

米Qualcommは11日(現地時間)、同社製SoC「Snapdragon」シリーズの新製品「Snapdragon 625」「Snapdragon 435」「Snapdragon 425」を発表した。2016年半ばにサンプル提供される予定で、搭載デバイスは2016年後半に登場する見込み。

「Snapdragon 625」の製品イメージ

Snapdragon 625

Snapdragon 625は、14nm FinFET技術を使って製造された、同社初のSnapdragonプロセッサ。前世代のSnapdragonと比べ最大35%消費電力が低減していることが特徴。プロセッサにはARM Cortex-A53 8コアを採用し、X9 LTEモデムを統合。最大300Mbpsのダウンロード、最大150Mbpsのアップロードに対応する。主な仕様は下記の通り。

  • CPU:ARM Cortex A53(8コア、2.0GHz)
  • GPU:Qualcomm Adreno 506(OpenGL ES 3.1+)
  • カメラ:最大24メガピクセル
  • モデム:Snapdragon X9 LTE
  • Wi-Fi:IEEE802.11ac(MU-MIMO)
  • ストレージ:eMMC 5.1対応
  • メモリ:LPDDR3 933MHz対応
  • Bluetooth:Bluetooth 4.1
  • 充電:Quick Charge 3.0対応

Snapdragon 435

ARM Cortex-A53を搭載するSoCで、こちらの製造プロセスは28nmとなる。X8 LTEモデムを400シリーズで初めて統合し、最大300Mbpsのダウンロード、最大100Mbpsのアップロードに対応する。主な仕様は下記の通り。

  • CPU:ARM Cortex A53(8コア、最大1.4GHz)
  • GPU:Qualcomm Adreno 505(OpenGL ES 3.1+)
  • カメラ:最大21メガピクセル
  • モデム:Snapdragon X8 LTE
  • Wi-Fi:IEEE802.11ac(MU-MIMO)
  • ストレージ:eMMC 5.1対応
  • メモリ:LPDDR3 800MHz対応
  • Bluetooth:Bluetooth 4.1
  • 充電:Quick Charge 3.0対応

Snapdragon 425

エントリー向けSoC「Snapdragon 400」シリーズの新モデル。現行のSnapdragon 410やSnapdragon 412のアップグレード版という位置付けで、CPUはCortex-A53 4コアを採用し、X6 LTEモデムを統合。通信速度は最大150Mbpsのダウンロード、最大75Mbpsのアップロードに対応する。主な仕様は下記の通り。

  • CPU:ARM Cortex A53(4コア、最大1.4GHz)
  • GPU:Qualcomm Adreno 308(OpenGL ES 3.0)
  • カメラ:最大16メガピクセル
  • モデム:Snapdragon X6 LTE
  • Wi-Fi:IEEE802.11ac(MU-MIMO)
  • ストレージ:eMMC 5.1対応
  • メモリ:LPDDR3 667MHz対応
  • Bluetooth:Bluetooth 4.1
  • 充電:Quick Charge 2.0対応

人気記事

一覧

新着記事

ヤマト運輸、LINEで配達日時や場所の変更が可能に - 会話AIを活用
[20:12 6/27] マネー
『風の谷のナウシカ』の空飛ぶ蟲・ヘビケラが全身45箇所可動フィギュアに
[20:05 6/27] ホビー
一人前のレディーとして扱ってよね『艦これ』暁がアニメ版でフィギュア化
[20:00 6/27] ホビー
【レポート】今週の秋葉原情報 - オリジナルクーラーのGeForce GTX 1080/1070カードが続々登場!
[19:58 6/27] パソコン
インテル、「フィギュアヘッズ」キャンペーンで当たるオリジナル機体を公開
[19:57 6/27] パソコン