iOS用「GarageBand」v2.1公開、Live LoopsやDrummerなど新機能多数

 

米Appleは1月20日(現地時間)、iOS用の「GarageBand」のバージョン2.1の提供を開始した。タップして音楽のループを再生し、オリジナルの組み合わせやアレンジを作り出せる「Live Loops」、9種類のバーチャルセッションドラマーを揃えた「Drummer for iOS」を備えるなど、メジャーアップデートに匹敵するアップデートになっている。動作要件はiOS 9.1以上で、価格は600円。32GB以上のiOSデバイスには無料でバンドルされる。

セルをタップしてループ再生

Remix FXで思いのままにミックス

Live LoopsはDJのようなサウンド作りを、簡単な操作で実現する機能だ。EDM、ハウス、ヒップホップなど、Appleがデザインしたテンプレートからスタートする。グリッド状のデザインになっており、テンプレートに並ぶLive Loopセルをタップするとループの再生が始まる。さらに他のセルをタップして追加しながらサウンドを組み立て、同様にタップ操作でブレイクも入れられる。グリッドは、幅広いジャンルを網羅した1,200以上のApple Loopsのライブラリを使ってカスタマイズしたり、独自のグリッドを作成することも可能。またミックス用に、フィルタ、リピーター、エコー、レコードスクラッチなど豊富なエフェクトやトランジションを揃えたコレクションが用意されている(Remix FX)。それらはリアルタイムで適用でき、タップやスワイプ、端末を傾けたり、振ることでコントロールできる。

Drummerは、セッションドラマーを連れてきたかのようなリアルなドラムトラックを実現する。バーチャルドラマーはエレクトロニックが5人(EDM/Tech House/Dubstep/Trap Hip Hop/Boom Bap Hip Hop)、アコースティックが4人(Rock 2人/Songwriter 2人)。それぞれが特徴的なサウンドを持ち、100万を超えるリアルなグルーブやフィルを駆使できる。

GarageBand 2.1は、12.9インチの大きな画面を持つiPad Proにユーザーインターフェイスが最適化されており、キーボードには約3オクターブ分の鍵盤が表示され、Live Loopsのグリッドではより多くのセルをタップできる。またiPhone 6sシリーズの3D Touchをサポートしており、たとえばキーボードの鍵盤で「ポリフォニックアフタータッチ」を行える。iPhone 6sではRemix FXでXYパッドを使った「テープストップ」を作れるなど、豊富な表現が可能だ。

人気記事

一覧

新着記事

ここが変わった! キヤノン「EOS 5D Mark IV」 - Mark IIIと実機比較
[08:22 9/1] スマホとデジタル家電
Wi-Fiをオンにするやいなや「ポケモンGO」の現在位置が正確になります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 9/1] スマホとデジタル家電
大東駿介、『曇天に笑う』で大刀のリアルな殺陣披露「派手に暴れ散らした」
[08:00 9/1] エンタメ
節電対策として家で行っていることは?
[08:00 9/1] マネー
総研大、縄文人の奥歯からDNAを抽出して核ゲノムの配列を決定
[08:00 9/1] テクノロジー