アップル、iOSアプリ新製品「Music Memos」公開、曲のアイディアを即録音

Yoichi Yamashita  [2016/01/21]

米Appleは1月20日(現地時間)、iOS用の音楽レコーディングアプリ「Music Memos」をリリースした。同社のApp Storeから無料で入手できる。動作要件はiOS 9.1以上。

メロディが思い浮かんだ時や演奏のフレーズを記録しておきたい時などに、iPhoneやiPadを使って素早く録音し、音楽のアイディアを管理できる。これまで多くのiPhoneユーザーが、iOS標準の音声メモアプリ「ボイスメモ」を使って音楽のアイディアをキャプチャしていたため、よりミュージックフレンドリーなオーディオキャプチャ・ツールを用意した。

基本機能は、録音、キャプチャした音楽の編集、ライブラリ管理と共有、楽器のチューニングをサポートするチューナーの4つ。

ワンタップで素早く録音

録音機能はボイスメモと同様のシンプルなインターフェイスになっており、ボタンをワンタップしてすぐに録音を開始できる。オーディオ入力にはiOSデバイスの内蔵マイクまたは外付けマイクを利用でき、高品質な非圧縮オーディオで録音される。始めや終わりに不要な音が入ったり、無音状態が続いたら、アプリ内で不要な箇所をトリミング可能だ。

メロディやフレーズを記録しておくだけではなく、後でアイディアを膨らませられるように、Music Memosが自動的に録音を加工してくれる。たとえば、Music Memosが録音のメロディを分析して小節に分割し、メロディに合うコードを付ける。またメロディやフレーズにドラムとベースのリズムを追加する。これらはユーザーが修正したり、編集できる。コードやリズムを変更すると、ドラムやベースも自動的にシンクするというように、簡単かつ柔軟にカスタマイズできるので、様々なイメージに加工して音楽のアイディアを記録しておける。

録音に追加されたドラムを調整

音楽のアイディアを管理するライブラリ

録音は、名前、タグ、レート(1~5星)などで管理可能。コメントや歌詞のアイデア、ギターチューニング、カポの位置といった情報も付けておける。iCloud Driveをサポートしており、iCloudを使うと同じiCloudアカウントの他のiOSデバイスからも録音ファイルにアクセスできる。またメールを通じて録音を共有できるほか、SoundCloud、YouTube、Apple Music Connectに投稿できる。GrageBand(iOS、OS X)やLogic Pro X(OS X)とも連係する。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【特別企画】プライベートクラウドストレージのパフォーマンスを保証する5つのポイント
[08:30 5/25] 企業IT
【連載特別企画】最新版 - Office 365サイト活用入門 第15回 Office 365管理センター
[08:30 5/25] 企業IT
【連載】鉄道ニュース週報 第21回 JR夏の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
[08:00 5/25] ホビー
データ・アプリケーション、エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」
[08:00 5/25] 企業IT
【レポート】異色のテーマ設定も新エリアが好調! よみうりランドにみる遊園地進化論
[08:00 5/25] 経営・ビジネス

特別企画 PR