偽Flappy Birdアプリに注意、高額料金が請求される恐れ - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは12日、人気ゲームアプリ「Flappy Bird」が作者自身によってアプリストアから削除された後、同名の悪質な偽アプリが多数発見されたとして、同社公式ブログ上で注意を促した。

右から2番目が偽Flappy Birdアプリ

Flappy Birdは、ベトナム・ハノイ在住のDong Nguyen氏によって開発されたゲームアプリ。App StoreおよびGoogle Playで累計5,000万回以上ダウンロードされるなど、世界中で人気を集めていたが、作者自身の手によってアプリストアから削除された。作者は削除理由について、アプリの急激な成功による生活環境の変化などを挙げている。

トレンドマイクロが発見した偽アプリは、Flappy Birdの人気を利用した悪質なAndroidアプリ。見た目はオリジナルのFlappy Birdと変わらないが、実際は利用者に高額料金を請求するスパムアプリとなっている。

これらの偽アプリは、インストール時にSMSメッセージの読み取りおよび送信の許可をユーザーに要求する。こうした許可申請はオリジナルのFlappy Birdにはないもの。ここでアプリのアクセスを許可してしまうと、高額料金が発生する特定の番号にSMSメッセージを送信され、見に覚えのない高額料金が電話料金の請求書に加算されてしまう。

テキストメッセージの読み取りおよび送信の許可を求める偽アプリ

特定の番号へのテキストメッセージ送信を試みる偽のアプリ

さらに、偽アプリはユーザーがゲームをプレイしている間にも、継続してユーザーの情報を漏洩させる。同社は偽アプリを使用すると、高額料金の請求以外にも、ユーザーの電話番号、携帯会社名、Gmailアドレスなどが流出する恐れがあるとしている。

人気アプリに便乗した偽アプリは、「Candy Crush」「Angry Birds Space」「Temple Run 2」などでも確認されており、同社は「Flappy Birdを必死に探しているAndroidユーザは、アプリをインストールするときには特に注意して下さい」と注意を促している。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事