ソフトバンク、「AQUOS PHONE Xx 302SH」と「ARROWS A 301F」を6日発売

 

ソフトバンクモバイルは、Androidスマートフォン「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」(シャープ製)と、「ARROWS A SoftBank 301F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)を6日に発売する。

同社が新たに販売するAndroidスマートフォン2機種は、「SoftBank 4G LTE」(FDD-LTE方式)と「SoftBank 4G」(AXGP方式)の両方のネットワークが利用可能な「Hybrid 4G LTE」に対応し、最適なネット環境下で高速通信を利用できるのが特徴。

AQUOS PHONE Xx 302SHは、3辺狭額縁設計によりディスプレー占有率80.5%を実現した5.2インチサイズのAndroidスマートフォン。フルHDに対応し、余裕をもって2日間利用できるというバッテリーのほか、高速処理が可能な2.2GHzのクアッドコアCPUも搭載する。カメラをかざすと英語から日本語へ変換する「翻訳ファインダー」機能も標準で装備する。

AQUOS PHONE Xx 302SH

ARROWS A 301Fは、急速充電に対応した5インチサイズのAndroidスマートフォン。充電を促すメッセージ表示後、同梱の卓上ホルダー、専用ACアダプタで充電した場合、10分の充電で1日使用可能。満充電時は3日間の電池もちを実現したという。このほか、富士通独自の「スマート指紋センサー」や、高速処理が可能な2.2GHzクアッドコアCPUを搭載する。

ARROWS A 301F

(記事提供: AndroWire編集部)



関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[ファインディング・ドリー]スタントン&マクレーン両監督に聞く 「続編は作らない」が覆った理由
[19:13 7/24] エンタメ
[アニメ1週間]庵野監督が「エヴァ」新作の遅れを謝罪 「遊☆戯☆王」が4DXに
[19:00 7/24] ホビー
『ペット』主役犬に思い寄せるポメラニアンの写真公開! ツンデレ受け答えも
[19:00 7/24] エンタメ
[今週の新刊]「ハイスコアガール」が2年7カ月ぶりに登場 「NEW GAME!」「土竜の唄」も
[18:30 7/24] ホビー
[鈴木亮平]“大先輩”井上真央のいじりにタジタジ 「Sっ気ある」「下に見られている…」
[18:26 7/24] ホビー