スマホを"自作"する時代がくる? モトローラが「Project Ara」構想を発表

 

Google傘下の米Motorola Mobilityは、組み立て式スマートフォンを作るための開発者向けオープンプラットフォーム「Project Ara」構想を発表した。Androidのようなオープンプラットフォームをハードウェア分野につくることで、スマートフォンの技術革新を加速させ、開発スケジュールを短縮させるという。

Project Araでは、endoskeletonと呼ばれるフレームとモジュールを組み合わせることで、スマートフォンを自分好みにカスタマイズできる

Project Araでは、endoskeletonと呼ばれるフレームとモジュールを組み合わせたスマートフォンを開発する。モジュールは、ディスプレイ、キーボード、プロセッサ、バッテリーなどの各部品ごとにわかれており、これらを組み合わせることでスマートフォンを自分好みにカスタマイズできる。

Project Araは、Androidのようなオープンプラットフォームで提供する。これはサードパーティ開発者の参入障壁を下げる狙いがあり、より開発をオープンにすることでスマートフォンの技術革新のペースを加速させ、開発スケジュールを短縮させるという。

なお、数ヶ月のうちにモジュール開発者に向けて招待状を送り、今冬をめどに「Module Developer’s Kit (MDK)」を公開する予定。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (26) フォーム部品の属性
[07:30 9/27] 企業IT
地球の反対側を知ろう! パラグアイを楽しむフェスティバルでグルメも堪能
[07:30 9/27] 趣味
東工大、樹状構造の高分子「デンドリマー」を利用した新たな発光体を開発
[07:30 9/27] テクノロジー
「高い」と思うコンサートのチケット代は?
[07:30 9/27] マネー
島崎遥香、主演ドラマで壁に直面 自身の演技に「悲しくなるくらいの出来…」
[07:00 9/27] エンタメ