スマホを"自作"する時代がくる? モトローラが「Project Ara」構想を発表

 

Google傘下の米Motorola Mobilityは、組み立て式スマートフォンを作るための開発者向けオープンプラットフォーム「Project Ara」構想を発表した。Androidのようなオープンプラットフォームをハードウェア分野につくることで、スマートフォンの技術革新を加速させ、開発スケジュールを短縮させるという。

Project Araでは、endoskeletonと呼ばれるフレームとモジュールを組み合わせることで、スマートフォンを自分好みにカスタマイズできる

Project Araでは、endoskeletonと呼ばれるフレームとモジュールを組み合わせたスマートフォンを開発する。モジュールは、ディスプレイ、キーボード、プロセッサ、バッテリーなどの各部品ごとにわかれており、これらを組み合わせることでスマートフォンを自分好みにカスタマイズできる。

Project Araは、Androidのようなオープンプラットフォームで提供する。これはサードパーティ開発者の参入障壁を下げる狙いがあり、より開発をオープンにすることでスマートフォンの技術革新のペースを加速させ、開発スケジュールを短縮させるという。

なお、数ヶ月のうちにモジュール開発者に向けて招待状を送り、今冬をめどに「Module Developer’s Kit (MDK)」を公開する予定。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『Dimension W』、メインキャスト出演のスペシャルイベント開催
[20:39 8/24] ホビー
JR北海道、台風の被害状況を発表 - 石北本線・釧網本線を中心に土砂流入も
[20:37 8/24] ホビー
日産の想定を軽く超えた「新型セレナ」への期待値
[20:35 8/24] 経営・ビジネス
日産、新型セレナ発売イベント「プロパイロット」公道デビュー - 写真47枚
[20:24 8/24] ホビー
[松岡茉優]個性派ブラウス×赤のミモレ丈スカートで秋先取り
[20:14 8/24] エンタメ