KDDI、4.8インチのフルHD IGZO液晶を搭載した「AQUOS PHONE SERIE SHL23」

 

KDDI、沖縄セルラーは2日、2013年冬モデルとして、Androidスマートフォンの新製品「AQUOS PHONE SERIE SHL23」(シャープ製)を発表した。4.8インチのフルHD IGZO液晶ディスプレイと3,000mAhの大容量バッテリーを搭載する。発売は11月下旬を予定。

「AQUOS PHONE SERIE SHL23」

同製品は、4.8インチのフルHD IGZO液晶ディスプレイと3,000mAhの大容量バッテリーを装備したAndroid 4.2搭載スマートフォン。人間の知覚と似た色相(H)、彩度(S)、明度(V)の3つの要素で色を調整し、人が美しいと感じることができる色を表現という「HSV色空間」に対応。周囲の明るさや照明の種類、時間帯などの生活環境に合わせて、自動で画質を調整する「ユースフィットモード」を搭載している。

搭載されたフルセグチューナーは、電波の受信レベルに応じて、ワンセグとの自動切り換えが可能となっており、TVアンテナの入力にも対応する。加えて、番組視聴だけでなく、録画も可能となっている。

約1,630万画素のCMOSカメラは、約0.4秒という高速起動が行える。ウェルカムシートからセキュリティロックの解除が不要なカメラ起動機能や、起動したいモードをワンタッチで起動できる「カメラウィジェット」を装備し、シャッターチャンスに強い仕様になっている。また、F値1.9の「BrightEye」という明るいレンズを搭載し、夜景でも鮮明な撮影が可能な画像処理機能「NightCatch」を装備するほか、近景から遠景を自動で複数枚撮影することで合成を行い、全体にピントが合った写真が撮れる「多焦点撮影機能」を搭載している。

シャープとFrog Design Inc.が共同開発したUI「Feel UX」は、ウェルカムシート、3ラインホームのステータスバー、ナビゲーションバー、インフォエリアを透過させ大画面の迫力を演出するなどブラッシュアップが図られている。さらに、本体を持つだけでウェルカムシートを表示したり、急な着信を最小音+バイブに切り替える「グリップマジック」機能、長時間使用しても目に優しい画質で楽しめるという「リラックスモード」といった機能をを装備する。

その他、機能/通信面では、Eメール(~@ezweb.ne.jp)、SMS、おサイフケータイ、NFC、赤外線通信、Bluetooth(ver.4.0)、最大接続数10台のWi-Fiテザリング、Wi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac)、WIN HIGH SPEED、受信時最大速度150Mbpsの4G LTE、グローバルパスポート(LTE/GSM/GPRS/UMTS)、緊急速報メールなどに対応。IPX5/IPX7等級の防水性能とIP5X等級の防塵性能も装備する。メモリは約16GB(ROM)と約2GB(RAM)で、外部メモリはmicroSDXC(最大64GB)に対応している。

サイズは約70(W)×140(H)×9.2(D)mm、重量は約146g(ともに暫定値)。カラーはブラック、ホワイト、ブルーの3色を用意している。

(記事提供:AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

写真・動画共有で快進撃を続けるSnapchat、動画カメラ内蔵サングラス発表
[14:01 9/25] スマホとデジタル家電
北朝鮮で運用されているWebサイトはわずか28個と判明
[14:00 9/25] 企業IT
売れないアイドルに事務所が非情な決断……ゼノンでオクショウ原作の新連載
[13:41 9/25] ホビー
[明日のとと姉ちゃん]9月26日 第151回  常子、紙面と社内の改革宣言! そして花山は……
[13:00 9/25] エンタメ
OpenSSLにDoS攻撃の脆弱性
[13:00 9/25] 企業IT