Google、春の大掃除2回目で「Google Reader」の終了を宣言

米Googleは現地13日、フィードリーダーサービス「Google Reader」のサービス提供を7月1日に終了すると発表した。同社オフィシャルブログの「A second spirng of cleaning」と題した記事中でサービス終了が宣言された。情報収集の手段として、Google Readerを使ったRSSリーダーアプリを活用してきたスマホユーザーにとって、少なからず影響を与える事態になりそうだ。

春の大掃除2回目でGoogle Readerのサービス終了を宣言

Google Readerは2005年にスタートしたフィードリーダーサービス。同社公式ブログには、「熱心なユーザーがいるものの、何年にもわたり利用者が減少している」とし、サービス終了の要因が記されている。これを受けて、Google Readerへのアクセスを試みると、7月1日にサービス終了する旨が通知されるようになっている。

サービス終了にあたり、Googleでは「Google Takeout」よりリーダーデータの移行をユーザーに対して呼びかけている。

人気記事

一覧

新着記事