背面にガラスを採用した5型スマホ「Xperia Z」登場 - 日本での発売も

 

ソニーモバイルコミュニケーションズは1月7日(米国時間)、Androidスマートフォンの新製品「Xperia Z」を発表した。ラスベガスで開催されるIT/デジタル関連イベント「2013 International CES」に先駆けて行われたソニーのプレスカンファレンスで発表したもの。日本での発売も予定されている。

Xperia Z

Xperia Zは、約5.0インチ(1080×1920ピクセル)のフルHDディスプレイを搭載したスマートフォン。端末本体は厚さ約7.9mmの薄型ボディと背面にガラス素材を採用したフラットなデザインが特徴。1.5GHzのクアッドコアCPUや「Reality Display」「モバイルブラビア エンジン2」を採用することで、高輝度・高精細な映像表現を実現した。

機能面ではソニーが開発した積層型CMOSイメージセンサ「Exmor RS for mobile」を採用した約1310万画素カメラを搭載。HDR機能も備え、簡単な操作で美しい静止画や動画を撮影できる。このほかNFC機能が利用でき、スピーカーやヘッドセットなどソニー製の対応機器との連携利用が可能。

カラ―バリエーションは3色

寸法・重量は139×71×7.9mm・146gで、防水・防塵性能も備える。バッテリは2330mAh。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)を採用する。カラ―バリエーションは、ブラック、パープル、ホワイトの3色。

背面にはガラス素材を採用している

防水、防塵機能も備える

このほか同社では、Xperia Zと一部仕様が異なる「Xperia ZL」やNFC搭載のBluetoothヘッドセット「SBH20」「DR-BTN200M」も発表している。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

A.B.C-Z・塚田僚一、キスマイ・千賀健永に謝罪!? - "ジャニマネレストラン"で10年越し事実発覚
[21:00 7/29] エンタメ
福島交通飯坂線、7000系に代わる新車両1000系導入へ - 3カ年計画で全車更新
[20:49 7/29] ホビー
東芝、4Kテレビ「REGZA Z20X」が業界初の"HLG方式のHDR"に対応
[20:43 7/29] スマホとデジタル家電
写真甲子園2016、島根県立大田高校が初優勝 - 「笑顔の写真は撮らない」
[20:39 7/29] スマホとデジタル家電
TVアニメ『ワンピース』、新章「ゾウ編」突入! 新キャラ&キャストを発表
[20:33 7/29] ホビー