ソフトバンクが「スマホ下取りプログラム」を拡充 - iPhone 3G/3GSも対象に

ソフトバンクモバイルは9月19日、iPhone 5の発売にあわせて提供することを明らかにした「スマホ下取りプログラム」を拡充。下取りによる割引額を増額するほか、対象機種にiPhone 3GSおよび3Gなどを追加したことを明らかにした。

スマホ下取りプログラムは、新規契約または機種変更でiPhone 5などの4G/LTE対応スマートフォンを購入したユーザーを対象に実施するサービス。対象者がこれまで利用していたスマートフォンを下取りし、対象機種に応じて毎月の利用料金から割り引きするという もの。実施期間は9月21日から11月30日まで。

サービス発表時点の対象機種はiPhone 4SとiPhone 4のみとなっていたが、今回、対象機種を拡充。iPhone 3GSおよびiPhone 3Gと、グローバルモデルのAndroidスマートフォン「X06HT」「X06HTII」「001HT」「001DL」「101DL」を追加した(iPhone 4Sへの機種変更は対象外)。さらに対象機種の割引額を増額した。

対象機種 当初割引額 新しい割引額
iPhone 4S 64GB 12,000円 20,000円
iPhone 4S 32GB 12,000円 18,000円
iPhone 4S 16GB 12,000円 16,000円
iPhone 4 32GB 8,000円 12,000円
iPhone 4 16GB 8,000円 10,000円
iPhone 4 8GB 8,000円 8,000円
iPhone 3GS 5,000円
iPhone 3G(全てのモデル) 4,000円
X06HT、X06HTⅡ、001HT 3,000円
001DL、101DL 2,000円



関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事