ソニエリ、au向け Xperia acro「IS11S」の機能バージョンアップを提供

 

Xperia acro IS11S

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは9日、KDDI(au)向けに提供しているスマートフォン「Xperia acro IS11S」の機能バージョンアップ11月10日より順次提供すると発表した。

Xperia acro IS11Sは、タッチ操作に対応した約4.2インチディスプレイを搭載したスマートフォンで、OSにAndroid 2.3(Gingerbread)を採用。機能面では、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信など日本で馴染みのある機能を搭載する。

今回の機能バージョンアップにより、文字入力アシスト機能「POBox Touch」がバージョン4.3に刷新。音声入力、予測変換候補エリアの拡大表示、顔文字や記号のタブ化表示などが可能になった。加えて、Bluetooth、GPS、Wi-Fi、サウンド、バックライト、ローミングの各機能を簡単にホーム画面からON/OFFできるウィジェット、電話帳内であらかじめ登録した人物や発着信履歴をホーム画面に表示するウィジェット「お気に入りと通話履歴」に対応。さらに、アプリトレイからアプリのアンインストール、Bluetooth対応のワイヤレスヘッドセットでのワンセグ・LISMO音声の受信、スクリーンショットなどが利用可能となった。

このほか、ソニー・コンピュータエンタテインメントが展開するライセンスプログラム「PlayStation Certified」に対応。初代「プレイステーション」などのゲームを楽しむことができる。Xperia acro IS11S向けのコンテンツ配信開始は12月上旬を予定しているという。ソニーのプレミアム映像配信サービス「Video Unlimited」にも対応した。

なお機能バージョンアップの実施は、パソコン接続またはパケット通信を利用する。詳細は、KDDIのWebサイトで確認可能だ

(提供:AndroWire編集部)

関連リンク

KDDI、日本仕様のソニエリ製スマートフォン「Xperia acro IS11S」 (2011/05/17)
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ

人気記事

一覧

新着記事

女になったKABA.ちゃん、目標はグラビア「女性の部分でできなかったことを」
[15:57 9/28] エンタメ
宇都宮LRT整備事業、国土交通省が正式に認定 - 2019年12月の運行開始めざす
[15:57 9/28] ホビー
山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ
メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売
[15:47 9/28] テクノロジー
JPCERT/CC、OpenSSLの脆弱性に注意喚起
[15:46 9/28] 企業IT