ソフトバンク4-9月期決算が過去最高益、孫社長「iPhoneが想定以上の伸び」

 

ソフトバンクは29日、2010年3月期の上期(4-9月期)の連結決算を発表した。これによると、売上高は前年同期比1.5%増の1兆3,492億円、営業利益は同28.1%増の2,306億円の増収増益だった。孫正義社長は「iPhoneが想定以上の伸びを示した」と移動体通信事業の貢献が大きかったと説明した。

営業利益は、前年同期比で4年連続の過去最高益を更新。特に、移動体通信事業の業績が好調で、売上高が前年同期比7%増の8,274億円、営業利益が同49%増の1,317億円で過去最高益だった。同社の孫正義社長は、同事業の好調の要因として「iPhoneが前年同期比で数百%以上の伸びを示した」と"iPhone効果"によるものと説明した。

iPhoneの伸びは1契約当たりの月額通信料(ARPU)の増加として表れ、2009年7-9月期のARPUは4,150円で、2009年4-6月期(4,030円)と比べ120円増えた。120円の増加分のうち、データ通信ARPUの増加分が110円(1,880円→1,990円)で、移動体通信事業の好調の要因が、iPhoneでのインターネット利用などのデータ通信部分にあることが明らかとなった。

また、フリーキャッシュフロー(FCF)も1,770億円となり上期としては過去最高を更新。これを受け、同社では2010年3月期通期のFCFの予想を従来の2,500億円から500億円積み増し、3,000億円に上方修正した。孫社長は、「従来は、2009年度から3年間で1兆円"前後"のFCFを創出すると説明していたが、上方修正により、3年間で1兆円"以上"のFCFを創出すると変更する」と述べ、自信を示した。

2010年3月期通期の連結営業利益は、当初予想の4,200億円を据え置いた。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア