ソフトバンクモバイル、電波の弱いエリアをカバーできる中継装置を開発

ソフトバンクモバイルは12日、第3世代携帯電話(W-CDMA)の無線基地局用に、山間部などソフトバンク3G携帯電話の電波が届きにくい範囲を効率的にカバーできる周波数変換型の屋外中継装置(リピータ)を開発したと発表した。

リピータとは、基地局からの電波を増幅し、また携帯電話の電波を受信して基地局へ送信するための中継装置のこと。今回開発したリピータは、基地局に設置する周波数変換装置と屋外中継増幅装置で構成されている。

周波数変換装置では基地局と屋外中継増幅装置の間の周波数を変換し、屋外中継増幅装置では、周波数を元の周波数に戻す。このように周波数を変換させることで、屋外中継増幅装置の対基地局向けアンテナと対移動機向けアンテナの間で発生する、同じ周波数の電波の回りこみを大幅に低減でき、屋外中継増幅装置の送信電力または増幅率を最大に上げることが可能になる。

従来の屋外中継装置の構成例(下り回線の場合)

周波数変換型の屋外中継装置の構成例(下り回線の場合)

これを用いれば、例えば電波の弱いエリアの端や山間部においては、従来のリピータに比べて約2~8倍の広い範囲をカバーすることができるようになり、低コストでエリア拡大が可能になるという。今後は商用導入に向けた検討を行う予定。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事