【レポート】

ASUS、カメラ性能が進化した「ZenFone 4」シリーズ3機種を紹介 - その特徴は?

1 それぞれ特徴があるデュアルカメラ構成

  • <<
  • <

1/2

ASUS JAPANは20日、カメラ性能が進化した「ZenFone 4」シリーズの国内展開モデル(全3機種)をメディアに公開した。「WE LOVE PHOTO」を製品スローガンにしており、いずれの機種でもデュアルレンズカメラによる撮影を楽しめる。ASUS公式オンラインショップ、MVNO各社、全国の家電量販店を通じて23日より順次販売予定。希望小売価格は42,800円(税別、以下同)から。

ASUS JAPANは20日、ZenFone 4シリーズをメディアに公開した。いずれの機種でもデュアルレンズカメラによる撮影を楽しめる

日本市場に投入されるのは「ZenFone 4」「ZenFone 4 Selfie Pro」「ZenFone 4 Pro」の3機種。いずれも5.5型のディスプレイを搭載しており、2枚のSIMカードが同時に挿せるデュアルSIM / デュアルスタンバイに対応する。「Zen UI 4.0」では新機能「ツインアプリ」が利用可能。Facebook、Twitter、LINEなどの対応アプリにおいて、2つのアカウントをひとつの画面で使い分けることが可能だ。それでは、製品の詳細を紹介していこう。

Zen UI 4.0では「ツインアプリ」が利用可能。Facebook、Twitter、LINEなどの対応アプリで、2つのアカウントをひとつの画面で使い分けられる

ワンランク上のカメラ体験、ZenFone 4

ZenFone 4 (ZE554KL)は、両面が2.5D曲面ガラスに包まれた同心円デザインボディが特徴。Sony製のIMX362センサーを搭載、F値1.8の大口径レンズと120度の広角レンズによるデュアルレンズ仕様となっている。CPUには最新の省電力モバイルプロセッサーQualcomm Snapdragon 660を採用、大容量6GBメモリを搭載する。バッテリーは急速充電が可能で、容量は3,300mAh。発売予定日は9月23日、希望小売価格は56,800円となっている。

ZenFone 4 (ZE554KL)。サイズは約155.4(H)×75.2(W)×7.5(D)mm、重量は約165g。ミッドナイトブラック、ムーンライトホワイトの2色で展開する

なおZenFone 4の発売にあわせ、専用View Flip Coverを発売する。カラーはブラックのみ。希望小売価格は3,980円。

ZenFone 4専用View Flip Coverも用意されている。希望小売価格は3,980円

自分撮りに特化したZenFone 4 Selfie Pro

ZenFone 4 Selfie Pro (ZD552KL)では、自分撮りに特化したデュアルレンズカメラを前面に搭載した。広角レンズによりワイドアングルで自分撮りできる。セルフィー時に背景のボケが楽しめる「ポートレートモード」が利用でき、また動画撮影時(ライブ配信を含む)にも美人エフェクトを適用できる。背面のメインカメラにはF値1.8のSony製センサーを搭載、薄暗い場所でも明るく鮮明に撮影が可能。

またASUS DuoPixelカメラテクノロジーをONにすることで、2,400万画素相当で撮影できる。なお4K解像度での動画撮影にも対応している。バッテリー容量は3,000mAh。発売予定日は9月23日、希望小売価格は42,800円となっている。

ZenFone 4 Selfie Pro (ZD552KL)。サイズは約154(H)×74.8(W)×6.85(D)mm、重量は約147g。ネイビーブラック、クラシックレッド、サンライトゴールドの3色で展開する

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) それぞれ特徴があるデュアルカメラ構成
(2) シリーズ史上最高のカメラを搭載、ZenFone 4 Pro
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事