【ハウツー】

「リーディングリスト」とブックマークはどう違うの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『「リーディングリスト」とブックマークはどう違うの?』という質問に答えます。

***

リーディングリストとは、WEBサイトの構造ごと保存して後で読めるようにしたSafariの機能です。データはクラウド(iCloud)に保存されますが、設定次第ではiPhoneにダウンロードしておけますから、インターネットに接続していないとき(オフライン)でもWEBサイトを閲覧することが可能です。

同じApple IDでサインインした機器間で情報を共有できることも、リーディングリストの特長です。たとえば、MacのSafariで開いたWEBサイトをiPhoneで閲覧したい場合には、リーディングリストに登録しておけば、iPhoneのSafariで開けます。逆もまた然り、iPhoneで開いたWEBサイトをMacで閲覧することが可能です。

ブックマークの共有と似ていますが、ブックマークはURLの保存です。WEBサイト上のコンテンツ(画像やテキスト)は保存されませんから、直接そのURLからデータを読み直さなければなりません。リーディングリストはWEBサイト(URL)へのアクセスが必要ないため、飛行機でのフライトなどインターネットに長時間接続できない状況に入る前、手もとのiPhoneにダウンロードしておいてまとめて読む、といったオフラインでの利用も可能になります。ただし、WEBサイトの情報量にあわせてiCloudのストレージ残量は減少します。

未読/既読を判別できることも、リーディングリストならではといえます。目に付いたWEBサイトをとりあえずリーディングリストに登録しておいて、未読分を選んで読むという使い方が可能です。

なお、TwitterやFacebookのタイムラインなど、閲覧のつどサーバとの通信が必要となるWEBサイトはリーディングリストに登録しても正常に表示できません。アクセスするたび内容が動的に変化するWEBサイトは、ブックマークに登録したほうがいいでしょう。

「あとでじっくり読みたいWEBサイト」はリーディングリストに登録しておくと、圏外でも閲覧できます。ブックマークはそうはいきません

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事