【レポート】

El CapitanとiOS 9で行われている「メモ」の強化の狙い - 松村太郎のApple先読み・深読み

1 まだまだ発展余地がある「メモ」分野

 
  • <<
  • <

1/4

Appleは、2015年にリリースしたOS X El CapitanとiOS 9で、標準アプリとして提供してきた「メモ」アプリの強化に乗り出している。iCloudによって各デバイス間で同期する機能は搭載されてきたが、アプリそのものの強化という面では長らく放置されてきた。

競合も多いこの分野において、Appleは何を狙っているのだろうか。

今回のテーマ、「Notes」。iOS 9で大幅に進化を遂げているが、その背景にある事情とはなにか。ちなみに日本向けには、「ノート」ではなく「メモ」と訳されている

筆者はMac、iPhone、iPadで「Evernote」を使用している。わりと初期から有料ユーザーとして登録し、言葉の断片からコンビニのレシートのコピーまで、片っ端からEvernoteにため込んできた。筆者の中でのコンセプトは「とりあえず、Evernoteへ」である。

例えば、この原稿のあらすじとなるアウトラインは、iPhoneのEvernoteから、タイトルと箇条書きで保存しておき、そこに関連する資料のURLやテキスト・画像のコピーを貼り付け、アウトラインを掘り下げて、愛用しているテキストエディタ「iA Writer」で仕上げている。Evernoteでは、複数のノートを1つに統合することができるため、断片的に集めた情報を1つにまとめる際にも便利だ。

Evernoteは、外部サービスとの連携も積極的で、例えばWebサービス「Pocket」でクリップしたニュースを、「IFTTT」を介して自動的にEvernoteに保存することもできる。また、最近のヒットとしては「ScanSnap Cloud」。イメージスキャナ「ScanSnap」をMacやiPhoneと接続していなくても、Wi-Fiを介してスタンドアロンで読み取りを行い、Evernote等に書類の種類ごとに自動的に保管できる仕組みだ。

非常に便利な環境を築くことができているEvernoteだが、それでも完全ではない。

写真やWordやPowerPoint、PDFといった文書を貼り付けるとサムネイルが展開されるが、URLリンクはそうはいかない。また地図を貼り付けたい場合はGoogleマップなどの地図をスクリーンキャプチャで切り出して、画像として貼り付けなければならない。

また、テキストエディタとしてのカスタマイズ性がないため、「とりあえずEvernoteへ」は可能でも、「すべてをEvernoteで」とはならない。つまり、まだまだ他のアプリにも、チャンスがある、ということだ。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) まだまだ発展余地がある「メモ」分野
(2) Appleのノートアプリの進化
(3) Appleは、人々のメモの情報が欲しい?
(4) すべてはSiriのため?

人気記事

一覧

新着記事

[小松菜奈]ピンクドレスで大胆“美背中” ファッション誌「MERY」カバーガールに
[20:43 9/28] エンタメ
『THE FLASH/フラッシュ』強敵ゴリラ「グロッド」、フィギュアで登場
[20:30 9/28] ホビー
[ジョジョの奇妙な冒険]なぜ第4部を実写化? 続編製作&海外展開の夢も
[20:24 9/28] ホビー
八葉たちが神子のいない世界で思いを歌う「遙かなる時空の中で3」CD発売
[20:09 9/28] ホビー
『まどマギ』一番くじに、ティーパーティーで魔法少女たちの部屋着姿が
[20:00 9/28] ホビー