【ハウツー】

電話番号なしでも携帯電話としてやっていけますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『電話番号なしでも携帯電話としてやっていけますか?』という質問に答えます。

***

「電話番号なしでも」の意味がわかりませんが、それはデータ通信専用SIMでiPhoneを運用するという意味でしょうか? それとも、通信をWi-Fiだけで行うという意味でしょうか? いずれにせよ、電話番号なしでiPhoneを使い続けるには、それなりの工夫と覚悟が必要です。通信費用は節約できますが、便利さとのトレードオフであることは確かですよ。

音声通話については、IP電話アプリ(例:050 Plus、SMARTalk)を導入すると、050から始まる電話番号を割り当てることが可能です。ただし、バックグラウンド動作させておかねばならずバッテリー消費量が増えるうえ、無料ではないため、音声通話契約ありのSIMと比べたメリットは小さくなります。

無料でやり繰りしたければ、FaceTimeオーディオを使う手があります。相手はiPhoneユーザ (iOS 7以降)に限られますが、家族や親しい友人がiPhoneユーザばかりであれば、それほど困らないかもしれません。通話品質も高く、待ち受け時のバッテリー消費量が増えないこともポイントです。

iPhoneかAndroidかを問わず多くのユーザに利用されている『LINE』の音声通話機能は、利用できるものの多少苦労します。LINEの認証方式には『Facebook認証』と『SMS認証』があり、データ通信専用SIMの場合前者の方法を利用しているはずです。音声通話機能の利用にはSMS認証が必要となるため、データ通信専用SIMでは通知を受けることができません。「電話接続による認証」などの回避策もあるため(ここでは触れません)、調べてみるといいでしょう。

ただし、電話番号(またはオプションのSMS契約)がないと、119番などに緊急通報できません。この点は、かなりのマイナスポイントではないでしょうか。SMSを使えない点も弱みです。いまだフィーチャーフォンとの連絡にはSMSを利用することが多く、この点では不便を強いられます。

データ通信専用SIMは緊急通報できないという注意点があるものの、FaceTimeオーディオを使うなど工夫すれば携帯電話風に活用できます

人気記事

一覧

新着記事

【連載】VRコンテンツの作り方 [6] UnityでHTC Vive用アプリを作る(3) 重力を設定、オブジェクトを持ち上げる
[09:49 7/1] 企業IT
働く既婚男女が「仕事着」にかける金額は?
[09:47 7/1] マネー
【特別企画】またもや企業から個人情報大量流出…原因は標的型攻撃?
[09:30 7/1] 企業IT
【コラム】Windows 10ミニTips 第95回 デスクトップのアイコンサイズを変更する
[09:01 7/1] パソコン
[ジュード・ロウ]小栗旬の桃太郎CMに出演へ
[09:00 7/1] エンタメ