【レポート】

めちゃくちゃ充実の米国のAmazon Prime、どんな特典がある?

3 AmazonがPrimeを提供する狙い

 
  • >
  • >>

3/3

Primeサービス2つの狙い

AmazonがPrimeを提供する狙いは2つある。一つはAmazonに利用者を定着させること。米国でお急ぎ便は8ドル-15ドルなので10回ぐらいの買い物で年会費分になる。標準便なら20回程度だ。もし映画のストリーミングサービスの契約を検討しているのなら、競合するオンラインストリーミングサービスは8ドル/月程度なので、Primeを契約したら映画・TVのストリーミングとAmazonで1回買い物をするだけで年会費分に達する。「それぐらいなら使いそう」と思わせる割安感。でも、契約したらAmazonのサービスを使わないともったいないと思わせる絶妙な料金設定で、Amazonにユーザーを引きつけている。

もう1つは、Amazonの進化を加速させること。有料会員になるぐらいだから、Prime会員は一般会員よりもAmazonへの関心が高く、まったく新しい種類のサービスや商品でも試してくれる可能性が高い。そこで同社は、Prime会員を新市場開拓のコアに位置付けている。例えば、Instant VideoやPrime Musicなどデジタルコンテンツの利用を促すサービスをPrimeで積極的に提供し、スマートフォン「Fire Phone」や音声アシスタント・スピーカー「Amazon Echo」といった新デバイスをPrime会員には最初から割り引き価格で販売している。Amazonが開発中のドローンを使った配達システムも名称が「Prime Air」となっているので、もし実現したらまずはPrime向けのサービスとして投入する可能性が高い。

11月に招待制の限定的な販売が始まった「Amazon Echo」

ドローンで荷物を配達するという奇抜なアイディアが議論を呼んだ「Prime Air」

2014年はAmazonの伸びに陰りも……

今年7月に発表したFire Phoneの売り行きが思わしくなく、7-9月期決算では市場予想を上回る赤字になって株価が急落するなど、2014年はAmazonの伸びに陰りが見えた年だったと言える。短期的な利益を犠牲にして長期的な成長に投資するAmazonの戦略に疑問符を付ける投資家も増えている。それでもAmazonが強気の姿勢を崩さないのは、米国においてAmazon支持者の規模を示すPrime会員が今も順調に増加しているからだ。利用者は利益ではなく、Amazonが提供するサービスや製品、同社のユニークさを評価する。熱心なAmazonユーザーの増加が、競争力のあるサービスや製品の投入、失敗のリスクもはらむ挑戦を後押ししている。Primeは、Amazonの進化の源泉になっている。

  • >
  • >>

3/3

インデックス

目次
(1) 米のPrimeサービスは日本円で月1万円超だが……
(2) Primeサービスの内容
(3) AmazonがPrimeを提供する狙い

人気記事

一覧

新着記事

関ジャニ∞・丸山隆平、舞台稽古場はビチョビチョ!? マクベス役に気合
[16:45 6/26] エンタメ
[日本で一番悪い奴ら]主演・綾野剛&白石和彌監督に聞く 演出は「綾野とセッションしている感覚」
[16:41 6/26] エンタメ
「ホイッスル!」から24年の軌跡をたどる樋口大輔の原画展、サイン会も
[16:35 6/26] ホビー
ゼイン・マリクとジジ・ハディッド、カップルで乗馬に挑戦中
[16:11 6/26] エンタメ
[竹達彩奈]「スチームパンクの衣装が着たい」がきっかけ 新シングルは映画のような世界観
[16:11 6/26] ホビー