【レポート】

写真で見る「Apple Watch」のポイント

米Appleは現地9日、同社初のスマートウォッチ「Apple Watch」を発表した。従来の時計のイメージを損なわないデザインに、様々な機能を搭載した意欲的なデバイスだ。ここでは、イベントで公表された内容に加え、イベント直後に行われたタッチ&トライイベントでの撮影写真をもとにApple Watchの機能や外観をチェックしていこう。

以下、Apple Watchの写真を掲載したが、チェックしておきたいのは、なによりもまず外観だ。Apple WatchにはApple Watch、Apple Watch Sport、Apple Watch Editionという3つのコレクションで構成され、ケースとバンドの組み合わせでビジネス、カジュアル、スポーツなどシーンを選ばない商品群となっている。特に注目したいのは、腕時計のリューズ(クラウン)に相当する箇所だ。小さい部分だが、これが時計らしさを保つ大きな要素といえるだろう。

さらに、ケース部分に表示される文字盤にも注目いただきたい。以下の写真でも紹介しきれてはいないが、11種類もの文字盤が用意され、ソフト面からも外観に違和感を覚えさせない仕様になっている。そのうえで、メッセージの送受信や電話への応答など、Apple Watchでできる様々な機能に目を向けてみるといいだろう。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事