【レポート】

iOS 8のファミリー共有でAppleは"家族みんながiPhone"を目指す - 松村太郎のApple先読み・深読み

1 家族でiPhoneが実現するか

 
  • <<
  • <

1/4

スマートフォンは個人のポケットやカバンに入り、密着して使う道具として普及を続けている。こうした状況を下敷きにして、AppleはiOS 8で新たな家族の関係性を構築しようとしている。今回は新たに対応する家族での共有について、ご紹介する。

家族とスマートフォンの問題解決

Appleをはじめとするモバイルプラットホームを持つ企業は、米国、日本などの国々で、子どもによる誤課金に対する対策が求められている。

例えばAppleは、米国内でApp Storeやアプリ内課金で、未成年が保護者に無断でゲームやアイテムを購入してしまったとして、返金を求める裁判が起こされていた。2014年2月に和解が成立し、Appleは34億ドルを超えるとみられる返金に応じた経緯がある。

親に無断で購入しないようにする方法が求められており、例えば子どもの前では4桁の数字のパスコードではなくTouch IDだけでロック解除やパスワード入力を行うようにすることでも、パスワードを知られないようにし、誤課金は防ぐことができるようになる。しかしこの対策も完璧ではない。

Touch IDはパスワードが知られないようにするための手立てだが……

また日本では子ども向けのケータイだけでなく、GPS内蔵で紐を引っ張ると大きなアラーム音を鳴らすことができる端末も用いられている。親のケータイからは、子どもの現在位置やアラーム鳴動の有無などを調べることができ、子どもの見守り用として使われているが、子どもは親と同じような端末を使いたいため、こうした端末で満足してくれる期間も短いだろう。

かといって子ども全員に新品のスマートフォンを買いそろえるのも、これを維持するにも大きなコストがかかる。子ども本人の安全面と、誤課金を防ぐという面、そして料金の面といった問題点を解決し「家族でiPhone」という状況を世界で作り出せるだろうか。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 家族でiPhoneが実現するか
(2) iOS 8のファミリー共有機能でできること
(3) "家族でiPhone"が進んでいく
(4) 家族のルール作りが必要に
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

江ノ電「ゴマちゃん号」8月運行 - 『少年アシベ』の特別企画「湘南アシベ」
[23:35 7/28] ホビー
小田急電鉄、いきものがかり野外ライブ会場の最寄り駅へ特別列車を直通運転
[23:24 7/28] ホビー
[トータルテンボス・藤田&千原せいじ]出版イベントで“又吉超え”宣言
[23:22 7/28] エンタメ
JRグループ、お盆の予約状況はおおむね好調 - 北海道新幹線は前年比261.8%
[23:16 7/28] ホビー
サトルワタシハイマモアナタガスキデス「真悟」Tシャツなど楳図グッズに新作
[22:06 7/28] ホビー