【ハウツー】

iPhoneのパスコードを1ケタに設定する方法

みなさんご存知の通り、iPhoneには第三者が閲覧できなくするために「パスコード」というものがある。iPhone購入後「パスコード」を設定したほとんどのユーザーは、任意で決めた4ケタの数字を使用していると思う。だが「パスコード」は、4ケタのもの以上にも、アルファベットを使ったものにもできるほか、3ケタ以下にすることもできる。つまり1ケタに設定することも可能なのだ。本稿ではそうした「パスコード」の設定変更方法をレクチャーする。

なお、以下の解説ではiPhone 5s上での変更方法を紹介する。

「簡単なパスコード」をオフに

まずは歯車マークでおなじみの「設定」をタップ。そして「一般」などが並ぶ、3つ目のブロックの「Touch IDとパスコード」を選択する。

「設定」から「Touch IDとパスコード」

すると、現在設定している「パスコード」を求められるので入力。その後ページ中央部にある「簡単なパスコード」が、オンになっていると思うのでそれをオフにする。再び現在の「パスコード」を求められるので入力する。

「簡単なパスコード」をオフにするために、再び現在のパスコードを入力

いよいよ1ケタに設定

あとは、好きな「パスコード」を入力するだけ。アルファベットを使ってもいいし、100ケタのものにしてもいい(何ケタまで入力できるかは確認していない)。筆者は「\」マークひとつに設定。

「\」や「@」など記号も選択可能

これで「パスコード」が変更された。短いものならいいが、長い「パスコード」に変更する際は絶対に忘れないように注意して欲しい。

ロック画面の「パスコード」入力画面にキーボードが出現

あくまで「パスコード」はセキュリティ強化の一端を担っているもの。無意味に長過ぎるものや、短すぎるものは注意して使おう。ちなみに、もとの4ケタの数字に戻す場合は、再び「簡単なパスコード」をオンにして再設定すればよい。

人気記事

一覧

新着記事