【ハウツー】

5分で学ぶGoogleサービス(Android編) - 今いる場所、行きたい場所をバッチリ把握「マップ」

 

実に多彩なラインナップを誇るGoogle公式アプリ。誰もが必ず何かしらのGoogleアプリを使っていると思うが、その中でも地図関連のアプリは、Android端末で頻繁に使われるアプリの一つだろう。特にプリインストールされている「マップ」は、日常生活に欠かせないと言えるほどの存在感があるのではないだろうか。

その「マップ」は、ユーザーインターフェースがたびたび変わるほど、進化の激しいアプリでもある。ユーザーが地図に求める機能や地図の利用方法が時流に合わせて変化し続けていること、地図データが随時更新され続けていることなどから、それに対する最適なインターフェースのあり方も常に変わっているようだ。

現在地確認から風景観察、道案内まで可能な「マップ」

すっきりしたグラフィックで見やすく表示する「マップ」

「マップ」は、Webサービスである「Google マップ」のエンジンを採用した地図アプリ。膨大な地図データを背景に、端末のGPS機能と連携して現在地を正確に把握でき、ベクターデータの地図だけでなく、衛星写真をもとにした画像地図も表示できる。タッチ操作で上下左右にスクロールし、ピンチイン・アウトで拡大・縮小、2本指でタッチして回転させれば方角を変えられるなど、スマートフォンならではの操作性で快適に地図を閲覧していけるのが特徴だ。

高速道路や幹線道路はもちろん、細い脇道もしっかり識別できるのはもちろんのこと、主要な建物やレストラン、ショップなども名前やアイコンで表示され、電車や地下鉄の路線も網羅されている。地図をどんどん拡大していけば、地下鉄の通路と出入り口、地下街や百貨店の中のお店の位置までわかるというきめ細かさまで実現している。

地図に付加表示する情報をメニューから選択できる

地新宿駅付近を衛星写真で表示したところ

鉄道の路線図を表示するように設定

拡大していくと地下街のお店の配置まで把握できてしまう

Webサービスの「Google マップ」にもある"ストリートビュー"の機能ももちろん備えている。任意の地点を長押しし、画面下部に表示される地名をタップすれば、ストリートビューのプレビューが現れ、さらにタップするとその地点の風景を360度見回せる。観光地の雰囲気を知りたい時はもちろん、初めて訪れる場所で迷わないようあらかじめチェックしておきたい時にも活用できるだろう。

ストリートビューでニューヨークの街並みを観察してみる

指定した地点間の移動をガイドしてくれるナビ機能を使えるのも見逃せないポイントだ。電車での乗り換え方法を検索できるほか、クルマや徒歩による移動経路の検索も可能で、複数のルート候補から自分に合ったものを選んでナビしてもらうことができる。もちろん音声ガイド付きなので、画面を注視できないクルマの運転時でも安全に利用できるはず。

道路の渋滞状況を地図上で色分け表示し、高速・有料道路の使用・不使用を選択したうえでルート決めもできるため、“可能な限り早く、お金をかけずに目的地に着きたい”、というようなワガママな要求にも応えてくれる。地図やそれに関わるさまざまな情報や機能が詰め込まれた、万人が便利に使える定番アプリだ。

東京ディズニーランドまでのクルマを使った時のルートを検索

電車で行く場合の乗り換え方法をチェック

徒歩だとどういう経路でどれくらいかかるか、というのもわかる

クルマでのルートを地図表示

ナビを開始すると曲がり角などがあるたびに音声で案内してくれる

交通状況も逐一チェックできるので、渋滞を避けつつ目的地に向かうのもOK

先々の案内ポイントを一覧画面で把握しておけば混乱なく進めそう

人気記事

一覧

新着記事

ネットバンキングを利用している理由1位は?
[13:05 7/29] マネー
2016年上半期書籍売上・出版社ランキング、1位は?
[13:03 7/29] マネー
MRJの7月進捗--最大20で基本合意、50回以上の飛行試験で3・4号機は今夏空へ
[13:02 7/29] 趣味
被買収企業の正社員42%が転職を検討 - 何が不安?
[13:01 7/29] キャリア
【特別企画】海外志向や起業意欲の強い方必見!上場企業の役員クラスとの人脈作りができてグローバルに活躍できる企業があるらしい……
[13:00 7/29] キャリア