【ハウツー】

Wi-FiテザリングでiPhone 5の名前が表示されない場合に確認すべき事項とは?

 

日本でもiPhone 5からサポートされた「テザリング」。先行したau/KDDIに続き、2012年12月にはソフトバンクでも利用可能となり、すでに多くのユーザにとって欠かせない機能となっている。公衆無線LANが設置されていない喫茶店でノートPCを利用するなど、3G/LTE回線経由でインターネットにアクセスできれば仕事や趣味のフィールドも広がるというものだ。

そんなテザリングだが、ノートPCやタブレットなどクライアント側の機器にiPhone 5の名前が現れず、右往左往することがある。これは、3種類用意されている接続方法(Wi-Fi/Bluetooth/USB)のうち、Wi-Fiを選択したとき起こる現象だ。

その理由はiOSの「90秒ルール」にある。iPhone 5の画面を『設定』の「インターネット共有」以外にすると、iOSはそれから90秒間だけSSID(この場合iPhone 5の名前)を発信する。その時間以内に接続されないと、クライアント機側からiPhone 5が"見えなくなる"ため、結果としてWi-Fi経由ではテザリングできなくなるのだ。

この問題を回避するには、クライアント機の接続が完了するまでiPhone 5側で「インターネット共有」を表示しておくこと。接続してしまえば、その後iPhone 5で別の画面を表示してもスリープさせても支障ないが、完了前に表示を変えると(90秒以降は)SSIDが発信されなくなり、クライアント機側からiPhone 5を発見できなくなってしまう。このルールが煩わしい場合には、BluetoothかUSB(Lightningケーブル)を利用しよう。

操作手順をカンタン解説

1 テザリングを有効にする場合は、『設定』→「インターネット共有」の順に画面を開き、スイッチをオンにする。Wi-Fi経由で接続する場合は、この画面を表示したままにしておくこと

2 「インターネット共有」画面で機能をオンにしたあとスリープさせたり画面を他に切り替えてしまうと、それから90秒以内に接続しなければiPhone 5をクライアント側から発見できなくなる

(提供:iPad iPhone Wire)

人気記事

一覧

新着記事

西田敏行、復帰後初イベントで笑顔「万全です」- 演じたクマへの思いも
[20:35 7/27] エンタメ
海女の娘が「ウニめっちゃおる!」- 日本vs世界で漁業をテーマに"頂上対決"
[20:35 7/27] エンタメ
東京都交通局「都電荒川線スタンプラリー」沿線4区のグッズ当たる! 8/1から
[20:28 7/27] ホビー
iiyama PC、Windows 7 Professional 32bit搭載のビジネス向けミニタワーPC
[20:24 7/27] パソコン
「京急リラックマトレイン」も運行、「リラックマ×京急電車企画」8/1から
[20:20 7/27] ホビー