【レポート】

KDDIが高齢者向け新製品発表 - Androidスマートフォン「MIRACH IS11PT」など

 

新商品の説明を行うKDDI コンバージェンス推進本部 市場開発部長 村井氏

KDDIは21日、都内で新商品説明会を行い、Androidスマートフォン新製品「MIRACH(ミラク) IS11PT」(パンテック製)と見守り機能付き歩数計「Mi-Locck(ミルック)」(京セラ製)を発表した。発売時期は、Mi-Locck、MIRACH IS11PTともに2011年9月以降となっている。

MIRACH IS11PTは、OSにAndroid 2.3を搭載した3.7インチTFT液晶搭載のスマートフォン。スマートフォン初心者にもわかりやすく使いやすい「シンプルモード」というUIを搭載し、ホーム画面のアイコンからワンタッチで切り替えが可能。よく連絡する相手に簡単に電話発信したりメール送信できる「ワンタッチダイヤル」や、アドレス帳への登録をサポートする「アドレス帳登録ナビ」なども搭載している。

MIRACH IS11PTのカラーラインナップは、スモーキーブラウン、ルーセントピンク、クリアホワイトの3色

手書きでスムーズに文字入力できるキーボードを搭載するほか、おもな機能を音声で呼び出せる「音声コマンド」にも対応している。また、防水・防塵性能を備えている。海外ローミングはCDMA、GSM、UMTSに対応し、多言語対応で日・英・韓・中・ポルトガル語の5言語でメニュー表示や文字入力を行うことが可能。

端末は手になじみやすいラウンドフォルムを採用。ディスプレイ下部には、3つのハードキーを搭載

手書き入力用キーボードを搭載する

Mi-Locckは、通信機能を備えた歩数計で70代、80代のシニア層を利用者に想定した製品。家族が利用者の様子を定期的に確認できる「見守り機能」を特徴としていて、歩数計でカウントされた歩数が登録されたメールアドレスに定期的に自動送信され、家族が利用者の様子を見守ることができる。また、人感センサー付きの卓上ホルダーに設置しておくことで、センサーの前を通った回数をメール送信する機能も搭載。

ストラップを引いて鳴らせる緊急ブザーを搭載し、緊急ブザーが鳴ると同時に、登録されたメールアドレスに現在位置が送信されるので、家族や利用中の介護事業者が現場に駆けつけることが可能。電話の発着信機能もあり、登録している20件の電話番号から着信でき、登録している1件と「119」「110」「118」の緊急電話のみに発信が可能。着信時には自動応答とハンズフリーに対応し、利用者が着信に気づかなくても発信者から話しかけることができる。そのほか、緊急地震速報や防水にも対応している。

見守り機能付き歩数計「Mi-Locck」。ボディ右側のハードキーで操作する

Mi-Locckの卓上ホルダー。正面左側に人感センサーを搭載している

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (26) フォーム部品の属性
[07:30 9/27] 企業IT
地球の反対側を知ろう! パラグアイを楽しむフェスティバルでグルメも堪能
[07:30 9/27] 趣味
東工大、樹状構造の高分子「デンドリマー」を利用した新たな発光体を開発
[07:30 9/27] テクノロジー
「高い」と思うコンサートのチケット代は?
[07:30 9/27] マネー
島崎遥香、主演ドラマで壁に直面 自身の演技に「悲しくなるくらいの出来…」
[07:00 9/27] エンタメ