【ジャガーキャットフードの評判は?】口コミと試した私の評価!

ジャガーキャットフードの基本情報
価格(税込)
【通常】4,708円

【最安値】3,766円
内容量
1.5kg
100gあたりの単価
約285~228円
1日あたりの料金※1
約129円
粒の大きさ
中粒(直径約11㎜、厚み約4㎜)
形状
ドーナツ形
エネルギー
383.5㎉/100g
1日あたりのカロリー※2
約197㎉
メイン原材料
チキン、鴨など(動物性原材料で80%以上)
原産国
イギリス
ライフステージ
子猫~シニア猫・全猫種
販売会社
株式会社レティシアン
住所
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン20F
電話番号
0570-200-012

※1、最安値で購入して体重4kgの成猫に51.6gあげた場合の目安
※2、最安値で体重4kgの成猫に51.6gあげた場合の目安

このページではジャガーキャットフードの口コミや、私が実際に購入してみた感想、実際にあげたことのある人の評判、最安値情報などをまとめました。

ジャガーはチキン、鴨、サーモン、マスなど、動物性原材料を80%以上使ったグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードです。

お肉やお魚の使用量が多い分、プレミアムフードの中でも値段が高めなので、候補から外してしまう人も少なくなさそうです。

このページではジャガーキャットフードについて知りたいこと、知っておくべき内容が全て分かるようにまとめました。

この記事を書いた人
趣味=キャットフード比較
mana
物心ついた時から猫と暮らしてきました。1匹目は何度か尿路結石になりましたが、ケアフードを食べながら18歳まで長生きしてくれました。現在は2匹目(5歳)と暮らしています。先輩猫同様に長生きして欲しいので、口コミや評判の良いキャットフードを貢ぐのが趣味です!これまで試したフードの情報が、少しでもあなたのキャットフード選びのお役に立てれば嬉しいです。

ジャガーキャットフードを試してみました!


ジャガーキャットフードを公式サイトから日曜日の午前中に注文をしたんですが、月曜出荷で火曜日に届きました。

公式サイトだと土日は発送していないようなので、急ぎで欲しい方はアマゾンでも良さそうですね。

ジャガーキャットフードの賞味期限は製造から18ヵ月


届いたのが2021年1月初旬だったので、今回届いたものは未開封なら賞味期限まで約8ヵ月ということになります。

公式サイトに確認したところ、「賞味期限は製造日から18ヵ月」とのことで、注文のタイミングによって前後するようです。

「開封後は早めに食べきるのが望ましい」とのことだったので、開封後は1ヵ月を目安に食べきると良いでしょう。

ジャガーのジッパーは使いやすいけど密閉できない!


ジャガーキャットフードは「モグニャン」と同じマジックテープタイプのジッパーになっています。

このジッパーの良いところは、閉めたつもりによる閉じ忘れがないことです。ただ、密閉はできません。

ジッパーを閉じた後に、中の空気を押し出すことで酸化しにくくできるんですが、フードの香りを閉じ込められません。

キャットフードの香りが苦手な方は、密閉容器などに移した方が良いかもしれません。

ジャガーはドーナツ型の中粒サイズ!


ジャガーキャットフードは中心に穴の開いたドーナツ型で直径約11㎜、厚み約4㎜の中粒サイズです。

全年齢に対応しているので子猫も食べられますが、粒が大きめなので体が大きくなるまでは、ふやかしてあげた方が食べやすいかもしれません。

いざジャガーキャットフードの食いつきをチェック!

さっそくジャガーキャットフードをあげてみました。今まで食べていたピュリナワンと半分ずつ混ぜてあげたんですが、食いつきはけっこう良かったです。

うちの子は基本的に好き嫌いがなくて、なんでも食べる代わりに何を食べても無反応というか、リアクションが薄い子なんです。

ただ、香りが強いからかジャガーの粒を探してガリガリと食べていました。食べ終わった後も口の周りをペロペロしていたので、かなり好みの味だったようです。

ジャガーは超高たんぱくなフードなので、下痢や軟便が心配だったんですが、翌日のうんちも問題なく吐き戻しもありませんでした。

ジャガーキャットフードの評判や口コミまとめ

ジャガーキャットフードに関するリアルな口コミをインスタやツイッターなどのSNS、楽天やアマゾンなどで探しました。

ですが、楽天はに出品が無かったので、ツイッターとアマゾンの口コミがメインになります。

他のキャットフードに比べると口コミが少なく感じました。日付の新しいものを中心にご紹介します。

ジャガーキャットフードの悪い口コミ

美味しいみたい臭いけど
ザ・動物性タンパク質 の匂いがします。猫は喜んで食べましたから美味しいのだと思いますが、家族から臭いと苦情が出たので餌を変えました。動物性タンパク質含有量が多い餌は全体的にくさめですが、これが一番臭かったです

食べません。
家の猫は、ニュートロの味にこだわる?チキンか、ダックしか食べません。やはり、ジャガーは匂っただけで一口も食べません。高価な餌なのに、外の野良猫の食べ物になってしまいました。残念。

ジャガーとは興味深い名前だ
多分、ジャガーは食べるだろうが、猫は食べない。そしてジャガーも何となく食べているだけでおいしくもない。
めちゃくちゃなことを言うようだが、ニジマスの餌に似ている
養殖ニジマスのがこんなんだったような気がするが、猫はニジマスにそっくりなので問題ないだろう。
買わなくてよし

ジャガーキャットフードの良い口コミ

よく食べますが、2匹とも健康です(=^ェ^=)
確かに匂いはドックフード系?コンソメ?みたいな匂いで以前食べていたオリジンやロイヤルカナン、アカナなどよりはかなり強めです。
嫌がるがと思っていましたが、2匹のうち、好き嫌いの激しい子がむしろガツガツ食べてくれます。つられて食いしん坊のもう1匹もしっかり食べるのであげはじめて1週間で残ることは無くなりました。
なので匂いに関しては塩分が大丈夫なのか気になったぐらいです。

先日1歳になるまで子猫用のウェットと半々であげていましたが、今はジャガーメインと大人用ウェットを少しを1日の食事にしています。トイレの状態は今の方が良いかも!?と言うぐらいで下痢は一切起こってません。

辿り着いたジャガー❗️正解でした🤗
去勢済ませた6ヶ月の子猫の男のコです🤗
5ヶ月になった頃ぐらいから何故か、ゴハンを残すようになり、手からあげると
食べるけど、それでも残す。
一日4回に分けて食べさせていたのを、6ヶ月目から一日3回にしても食べ方あまり変わらず…。
今までご飯どきになると、飛んで来てたのに…。
どこか悪いのかと病院行っても異常ナシで、健康そのもの❗️
そこでフードを見直すことに。
うちは、カリカリのみできて、ナチュラルチョイスキトン・ワイルドレシピでした。
今はオリジンキトゥンですが、食べるものの、食いつきまぁまぁ。
そこで今回ローテにと、ジャガーはどうか…❓…と。
そうしたら、最初の頃のようにパクパク食べてくれた😆良かった〜😂
オリジンもジャガーも香りきつめなので、それが良かったみたいです🤗
因みに、アカナも試したけども、うちのコはアカナ駄目でした。オリジンと香りほぼいっしょなのに。
香り、オリジンとアカナはスルメっぽい。ジャガーはコンソメのような美味しそうな香りです。

あれから、オリジン少し残すようになり、今はもっぱらジャガーばかり欲しがります。
まだまだ子猫で1歳過ぎるまでは身体作りがとても大事なので、一日規定量を守っているので
オリジン残した量だけジャガーを足してます。

アカナから変更。
ベンガルに食べさせてます。
ジャガー変更初日から食いつき良く取り合いしてました。
ジャガー変更して一ヶ月経ちますが下痢なく体重増加も良好です。

にゃんこの健康に!
保護猫と暮らして3ヶ月。保護されてからジャガーを食べていました。そのまま続けてジャガーを食べていますが、缶詰めよりもジャガーばかり食べてくれるので、今は硬めにふやかして2回、ドライを置き餌にしてますが、どんどん太って来ました❗ガリガリだったので元気になってくれて、安心してます。

ジャガーキャットフードの口コミまとめ

悪い口コミまとめ
  • 食べない
  • フードのにおいが強くて臭い
  • 高い

ジャガーキャットフードの悪い口コミを探したところ、上記のような内容が見られました。

「食べない」といった内容は好みもあって、他のフードでもよく見かける内容なので仕方ないですね。

「値段が高い」というのは同意見です。ただ、1日あたりの値段で考えると国産のプレミアムフードよりは安いんですよね。

「フードのにおいが強い/臭い」というのは個人差や季節もあると思いますが、飼い主としては気になりますよね。

キャットフードなので特有の香りがするのは当然なんですが、あまりに香りが強いと生活にも支障が出ます。

また、マジックテープ型のジッパーも、密閉できずに香りが漏れるので良くないのかもしれませんね。

良い口コミまとめ
  • よく食べる
  • 下痢もなく合っている
  • (地域猫の)毛ヅヤが良くなった

ジャガーキャットフードの良い口コミを集めたところ、「よく食べる」といった内容が多く見られました。

ですが反対意見もあったので、食いつきについては試してみないことには分かりませんね。

「(地域猫の)毛ヅヤが良くなった」というのは、口コミにもあったようにもともと低品質なものを食べていたのが原因かもしれませんね。

相性や必須脂肪酸の含有量にもよるので、ジャガーに切り替えたからといって必ず毛ヅヤが良くなる訳ではありません。

ジャガーキャットフードの原材料や成分を評価!

骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、ジャガイモ、卵、サツマイモ、エンドウ豆、チキンレバー、チキンオイル、チキングレイビー、タウリン、DL-メチオニン、アルファルファ、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、ミネラル類(アミノ酸水和物亜鉛キレート、アミノ酸水和物鉄キレート、アミノ酸水和物マンガンキレート、アミノ酸水和物第⼆銅キレート、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC)、クランベリー、アサイー、ブルーベリー、マルベリー、リンゴ、トマト、オレンジ、ナシ、ニンジン、ホウレンソウ、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮ニンジン、緑茶、ショウガ、プロバイオティクス、L-カルニチン

公式サイトの情報や原材料欄を見る限り、ジャガーキャットフードに「避けたい添加物」や「品質が心配な食材」はありません。

公式サイトを見ると「ヒューマングレードの原材料」と書かれていますが、ヒューマングレードなのは生のお肉・お魚だけ※です。(※ヒューマングレードの食品工場から仕入れた魚を使用、乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用)

グレインフリー(穀物不使用)なので、穀物にアレルギーがある子も食べられます。「香りが強い」という口コミがありましたが、香料なども不使用です。

食やケアフードにも加えられる「DL-メチオニン」を加えていますね。

原材料は重量の多いものから書く決まりになっているので、「ビタミン類」以降の果物や野菜はおまけ程度に入っていると考えた方が良さそうです。

ジャガーキャットフードの成分
たんぱく質 40%
脂質 20%
粗繊維 3.0%
灰分 9%
水分 7%
エネルギー(100gあたり) 383.5㎉
オメガ3脂肪酸 1.36%
オメガ6脂肪酸 2.96%
リン 1.58%
カルシウム 1.7%
マグネシウム 0.02%
メチオニン 2,000㎎/kg

※パッケージに記載がない成分はメーカーに確認済み

ジャガーキャットフードは動物性原材料を全体の80%以上使っていることもあり、超高たんぱくになっています。

AAFCOではたんぱく質の下限を子猫で30%以上、成猫で26%としていて市販フードも30%前後が多いので、ジャガーがどれだけ高たんぱくかよく分かります。

マグネシウムは0.02%と非常に低いんですが、レティシアンに確認したところ、これはサプリメントとして加えている量だそうです。

原材料が含むマグネシウムも考慮すると理論値としては0.09%となるそうなので、下限値を切る心配はありません。

健康な猫は「高たんぱく&低炭水化物」な食事が理想と言われていて、炭水化物は高くても40%以下が良いとされています。

40%以上の炭水化物は、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸等)や高血糖を引き起こすと報告(Meyer&Kienzle1991)されています。

炭水化物の割合は【100-たんぱく質-脂質-灰分-繊維-水分】で求められ、ジャガーの炭水化物は21%なのでかなり低めになっています。

給餌量通りにあげるとすると、1日のカロリーは低めなので食べるのが好きな子や、避妊・去勢済みの子におすすめのフードと言えそうです。

【ジャガーキャットフードの最安値は公式サイト!】アマゾン・楽天とも価格を比較!!

公式サイト 楽天 Amazon
通常価格 4,708円 5,412円
定期最安値 3,766円
送料 税込704円~
(税別10,000円以上のまとめ買いで無料)

※価格は記載が無ければ税込表示
※価格は2021年1月23日時点の内容

ジャガーキャットフードの値段を公式サイト・楽天・アマゾンで調べたところ、楽天には出品がなく最安値は公式サイトでした。

2個以上通常購入するなら公式サイトが最安値!

2個以上まとめて購入するなら公式サイトが最安値で、送料の704円(税込)分お得に買えます。

通常価格は送料を入れるとアマゾン・公式サイトどちらも同じ価格になります。ただアマゾンは送料込みの価格になっています。

公式サイトの定期コースが最安値!

定期コースの割引内容
  • 1個なら10%OFF
  • 2個なら15%OFF
  • 5個以上なら20%OFF

公式サイトの定期コースはまとめ買いの数が増えるごとに割引率がアップします。

3個以上(税別10,000円以上)だと送料無料になるので、途中で食べなくなることも考えると3個ずつのまとめ買いがおすすめです。

ジャガーキャットフードのメリット・デメリット

ジャガーキャットフードのメリット
  • ヒューマングレードの生肉・生魚を使用
  • 全体の80%以上に動物性原材料を使用
  • 超高たんぱく(40%)
  • グレンフリー(穀物不使用)
  • 着色料・香料は不使用
  • 猫には必要性の低い炭水化物が少ない
  • 栄養価が高くて子猫や小食の子におすすめ
ジャガーキャットフードのデメリット
  • 通販でしか購入できない
  • プレミアムフードの中でも高い
  • 1種類しか選べない
  • 給餌量が少ない
  • 口コミが少ない

※ヒューマングレードの食品工場から仕入れた魚を使用
※乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用

ジャガーキャットフードは全体の80%に動物性原材料を使った贅沢なフードで、ヒューマングレードの生肉・生魚※が使われています。(※ヒューマングレードの食品工場から仕入れた魚を使用、乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用)

猫が消化を苦手とする穀物は使わないグレインフリー仕様で、着色料など避けるべき添加物も不使用です。

少ない方が望ましいとされる炭水化物も21%と低く、たんぱく質や脂質など猫が必要とする栄養価が高いといったメリットがあります。

ただ、材料にこだわりが強いせいか、プレミアムフードの中でも値段が高い部類に入ります。

また、通販限定ということもあるのか一般的なフードに比べると、口コミが少ないのもデメリットと言えそうです。

【違いやオススメは?】ジャガー・モグニャン・カナガンを比較

ジャガー モグニャン カナガン
内容量 1.5kg 1.5kg 1.5kg
通常価格 4,708円 4,356円 4,356円
最安値 3,766円 3,484円 3,484円
1日当たりの料金※1 約128円 約130円 約116円
メイン原材料 チキン、鴨など(80%) 白身魚(65%) チキン(60.5%)
たんぱく質 40% 27% 34%
NFE 21% 41% 27.35%
エネルギー(100g中) 383.5㎉ 379㎉ 405㎉
1日当たりのカロリー※2 約197㎉ 約212㎉ 約202㎉
1日当たりの給餌量※3 約51g 約56g 約50g
原産国 イギリス イギリス イギリス

※金額は税込表示
※1,最安値で体重4kgの成猫にメーカー推奨量を与えた場合の値段
※2,体重4kgの成猫にパッケージ記載の給餌量を与えた場合の摂取カロリー
※3,体重4kgの成猫に対するパッケージ記載の給餌量

ジャガーキャットフードとモグニャン・カナガンを比較してみました。

ここでのおすすめはあくまで私の意見です。味の好みやフードとの相性もあるので、実際は試してみるまで分からないので、フードを選ぶ選択肢の一つとしてご覧頂ければと思います。

コスト的にはカナガンがおすすめです。動物性原材料の割合はジャガーに劣りますが、高たんぱくで炭水化物も低めなので、猫の食性にも近いフードです。

1日あたりの値段はやや上がりますが、成分や動物性原材料の割合でいくとジャガーが最もおすすめです。

モグニャンについてはジャガー・カナガンと比べるとやや見劣りしますが、魚を全体の65%使ったフードなので、魚好きな子はモグニャンも良いでしょう。

ジャガーキャットフードでよくある質問Q&A

ジャガーキャットフードに関してよくある質問をQ&A形式でまとめました。

ジャガーキャットフードって尿路結石のある子も食べられる?

療法食を食べている子は食べられません。再発率の高い病気なので、尿路結石になったことがある子は、かかりつけ医に相談してからにしましょう。

療法食やケアフードにも配合される「DL-メチオニン」を加えていますが、リンやマグネシウムの値が高めなので、個人的にはおすすめできません。

ジャガーキャットフードって子猫やシニア猫も食べられるの?

栄養価が高いので子猫におすすめです。また、筋肉量が落ち始める10歳以降の子にもおすすめですが、腎臓が悪い子には不向きなので定期健診で腎臓の数値をチェックしながらにしましょう。

ジャガーキャットフードへの切替で気を付けた方がいいことってある?

急な切り替えは下痢や軟便の原因になるので、今まであげていたフードに少しずつジャガーを混ぜ、10日~2週間くらいかけて切り替えてあげると良いでしょう。

ジャガーキャットフードのまとめ

ジャガーキャットフードの特徴
  • ヒューマングレードの生肉・生魚を使用
  • 香料・着色料不使用
  • 全体の80%以上に動物性原材料を使用
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 「DL-メチオニン」配合
  • 味もサイズも1種類しかない
  • 定期コースは回数縛りなし

※ヒューマングレードの食品工場から仕入れた肉・魚を使用
※乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用

ジャガーは全体の80%以上に動物性原材料を使った贅沢なキャットフードです。生肉・生魚はヒューマングレードの原材料※を使っています。(※ヒューマングレードの食品工場から仕入れた肉・魚を使用、乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用)

避けるべき香料・着色料などの添加物は不使用で、猫が消化を苦手とする穀物も不使用です。

療法食やケアフードに使われることが多い「DL-メチオニン」を配合していますが、配合量はそれほど多くありません。

定期コースは10~20%オフで購入でき、休止・解約は自由なのでお得に購入するなら、公式サイトの定期コースがおすすめです。

関連記事 RELATED POSTS