マイナビニュースマイナビ

人事部門が語るIT活用の「今」- 米Cornerstone OnDemand タレント担当VP

[2017/09/12 08:00]伊藤正子 ブックマーク ブックマーク

効率良く優秀な人材を得る方法 - タレント部門の心得とは?

――タレントマネジメントソリューションを提供する企業のタレント部門として、製品開発に協力することはありますか?

キャサディ氏:はい、製品開発チームとはかなり密接な関係を持っています。私たちタレント部門は、人事のプロであると同時に、彼らにとっては顧客です。(コーナーストーンの設計を)どのようにするべきかや機能のアイデア、ベストプラクティスなどについて話し合いますし、「こういう使い方はしない」と異論を唱えることもあります。

例えば、コーナーストーンで最初にHRスイートが出来た際、私が「こんなレポートがあったらよいのではないか」と新しいレポート形式を提案したところ、それが標準機能として採用されたというケースもありました。

――ほかにもそうしたコラボレーションから生まれた機能は多いのでしょうか。

キャサディ氏:コーナーストーンは4つのスイートで構成されていますが、なかでも採用に関わる製品をまとめた「リクルーティング・スイート」は比較的新しいため、私たちの意見が取り入れられている部分も多くなっています。

当社は急成長中で、積極的に新たな人材を採用していることもあり、グローバルでタレント部門に所属する約40名のうち、半数が採用チームです。そして、採用チームは全員、製品開発に関わっています。製品開発チームに採用プロセスを全て説明して、応募者のエクスペリエンス改善や、採用担当者のエクスペリエンスをシンプル化する作業に一緒に取り組みました。

「コーナーストーンのベストプラクティスを示していきたいし、それを期待されていることを誇りに思う」とキャサディ氏は胸を張る

――採用に力を入れているということですが、優秀な人材を発掘するコツがあったら教えてください。

キャサディ氏:優秀な人材を見つけるのに最も良い方法は、社内の人間からの紹介です。当社は、大変素晴らしいカルチャーのある企業だと自負していますが、同時にハードワークな環境でもあります。成功するには勤勉に働くことが求められるので、既に当社で仕事に取り組んでいる人たちに、あなたと同じように強くて頼りになる、ビジョンのある人たちを探してきてほしいと伝えています。

新しく入社する人たちにオリエンテーションをする際、私から必ず3つのことを話しているのですが、その1つが、「(あなた方のように)優秀な人材を紹介してほしい」ということです。もう1つが、日々の業務のなかで何を考えているのか、感じているのかをエンゲージメント調査でフィードバックしてほしいということ。そして、3つ目が企業文化に関して、当社の文化はコーナースター(Cornerstone OnDemandの従業員)のためのコーナースターによる文化だということです。タレント部門は40名しかいませんが、グローバルでは約2,000名の社員がいます。Cornerstoneのカルチャーは、その全員で作るものだという話をしています。

――採用プロセスにおいて、リクルーティング・スイートはどんなメリットを発揮していますか。

キャサディ氏:他社と比べて、全ての業務を合理化してスピーディーにできています。例えば、動画インタビュー機能なども効率化を実現してくれるものの1つです。新卒・中途採用を合わせてグローバルで年間約500人の採用活動を実施していますが、それが20人の採用チームで回せていることからも、いかに効率面で貢献しているかをおわかりいただけるでしょう。

――IT化によって効率化が進んだ結果、浮いた時間を有効活用するために、今後の人事担当者はどのようなスキルを磨いていくべきでしょうか。

キャサディ氏:ソフトウェアの活用スキルはもちろん、データを理解できることが必要です。人事部門がビジネスの数字も理解し、人事戦略的な側面から(経営層に)さまざまな提案をしていけるようにならなければなりません。

――まだタレントマネジメントソリューションを導入していない企業に、メッセージをお願いします。

キャサディ氏:ビジネスを最適化したいのであれば、人事関連のテクノロジーに投資することです。人材データを活用することで、全従業員の生産性が上がり、ビジネス全体が成長します。

ソリューションの導入により、これまで人手で行ってきた事務作業の大部分が自動化され、人事担当者は従業員エンゲージメントにフォーカスできるようになります。エンゲージメントが高まれば、従業員は自分の目標に集中し、目標を達成することでさらにモチベーションが上昇します。結果的に、1人で何人分もの成果を出せるようになるはずです。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

人材の可能性を引き出せ! 企業が今考えるべき「エクスペリエンス」のこと

人材の可能性を引き出せ! 企業が今考えるべき「エクスペリエンス」のこと

コーナーストーン オンデマンド ジャパンは9月1日、「CONVERGE TOKYO 2017」を都内にて開催した。基調講演には、米Cornerstone OnDemand タレント担当バイスプレジデント キンバリー・キャサディ氏が登壇。「The Age of the Experience with the Use of Talent Data」と題し、成功を…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る