面接時のチャームポイントをシステムが教示 - 関大とNTT西が取り組む就活支援研究とは

[2017/01/24 09:00]星原康一 ブックマーク ブックマーク

ソリューション

チャンスの質問では、笑顔を減らして真剣アピール

先の結果を見ると、笑顔の項目は「自己の想定内の質問の際に、少ないと高評価となる傾向がある」とある。

面接分析結果(再掲)

  • 間投詞(言葉のひげ) : 面接環境によらず、少ない方が面接官からの評価が良くなる傾向がある
  • ジェスチャー : 自己の想定内の質問の際に、ジェスチャーが多いと高評価となる傾向がある
  • 笑顔 : 自己の想定内の質問の際に、少ないと高評価となる傾向がある
  • 目線 : 自己の想定内の質問の際に、面接官の方向を向いていると高評価となる傾向がある

普段の生活では好印象につながることの多い笑顔が、マイナスの作用を及ぼしていることに意外に思う方もいらっしゃるかもしれない。

関西大学ではこの原因を、「笑顔が少ないことが、真剣な面接態度という印象につながっている」と推測している。目線やジェスチャーの項目からもわかるが、被面接者にとってアピールのチャンスとなる想定内の質問では、真剣に伝える気持ちを表に出すことで高い評価が得られるようだ。

笑顔や目線は、被面接者をカメラで撮影して計測した

いずれもベテラン面接官なら経験的にわかることかもしれないが、データ化、数値化したことでアルゴリズムを作れるようになった。また、確かな裏づけができたため、学生を指導するスキルの標準化にもつながると期待される。

自動解析システム「ICT面接トレーニング」が間もなく稼動

以上の結果を踏まえて、NTT西日本では現在、「ICT面接トレーニング」システムの構築を進めている。

具体的には、予備実験では目視で行っていた笑顔、目線、間投詞のカウントを映像解析、音声テキスト化技術により自動化。さらに質問/回答と脈拍数の関係も自動で可視化する。

解析処理は、クラウドサーバ側で実行される。解析結果を特設Webサイトに表示し、模擬面接後に面接官と被面接者で一緒に見ながら、フィードバックを行ってもらう想定だ。URLや映像データは被面接者に提供される予定であるため、フィードバックの結果を家で振り返ることも可能だ。

ICT面接トレーニングはトライアル版が間もなく完成予定。2017年2月~3月に関西大学で行われる面接対策会で活用される見込みである。

NTT西日本は、将来の展望について、「面接以外にも、人前で話をする際のトレーニングで広く活用できる」とコメント。コンサルタントのプレゼンテーション練習など、さまざまなシーンに対応できるよう拡張を進めていく予定としている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事、経理、総務などのバックオフィス部門の方々に役立つITソリューション情報や導入事例、解説記事をまとめてご案内いたします。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る