土地活用で自動販売機ビジネスは儲かる?オーナーになって年収を上げるための方法を解説

土地活用

「自動販売機の設置は儲かるの?」「狭い土地をどう活用したらよいかわからない」とお悩みではありませんか?利用できていない土地や、さらなる運用を目指す土地を持っているなら、自動販売機の設置はおすすめの活用方法です。

他の土地活用ができなかった狭い土地でも、自動販売機の設置であればじゅうぶんに利用できます。また、身近な自動販売機は運用イメージがしやすいこともメリットでしょう。

本記事では、数ある土地活用の種類のなかから自動販売機にフォーカスし、身に付けておきたい基礎的な知識から利益を上げる方法まで、詳しく解説しています。所有する土地の活用方法のひとつとして、自動販売機の設置も選択肢に含めて考えましょう。

土地活用をご検討の方へ
  • 土地に最適な活用プランを知りたいなら「イエウール土地活用」がおすすめ
  • 土地活用の専門企業に土地活用プランを無料で教えてもらえる
  • 悪徳業者を排除し、優良企業を厳選して提携
  • 運営元が上場企業(株式会社Speee)のため安心
  • 自分が選んだ企業以外から連絡が来る心配なし

また、イエウール土地活用以外の比較サービスも合わせて知りたい場合は、以下の記事がおすすめです。

【2022年最新9選】人気の土地活用比較サイトおすすめ|選び方や注意点も詳しく解説!
不動産一括査定サイトの需要が高まっている昨今、土地活用のプランを比較できる土地活用比較サイトの数も増えてきました。利用できるサイトの選択肢が増えている中、どのサイトを使ったらよいのかわからないという人も多いと思います。 そこで本記事で...

土地活用で自動販売機の設置を始める5つのメリット

そもそも自動販売機を設置するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。はじめに5つのメリットを紹介します。

  • 狭い土地でも運用できる
  • 移転が簡単にできる
  • 管理の手間や費用をかけずに運用できる
  • 他の土地活用と一緒に始められる
  • 防犯や防災の役に立つ

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

狭い土地でも運用できる

自動販売機の設置の一番のメリットは、狭い土地であっても収益化が期待できるという点です。

他の土地活用では、ある程度の面積が必要になることも多いです。例えば、比較的高い利益が得られるアパートやマンションを建てるには広大な土地が必要です。狭い土地でも始められる活用方法として、駐車場経営やトランクルームといったものが挙げられますが、自動販売機の設置ならさらに狭い土地でも実現可能です。

面積の都合で他の活用方法を諦めざるを得なかったという方でも、自動販売機の設置で収益化を目指しましょう。

移転が簡単にできる

店舗経営やアパート経営に比べ、簡単に移転できることも自動販売機のメリットです。

店舗やアパートを建設した場合、思ったような成果が出なくても簡単に移転することができません。移転するには多くのコストがかかるためです。失敗を未然に防ぐには、事前に入念なリサーチを行う必要があり、始めるためのハードルも高くなるといえます。

それに比べ自動販売機の移転は数万円で収まることが多く、失敗を恐れすぎる必要はありません。

事前の調査によって無駄な出費を抑えることも大切ですが、挑戦しやすいという点が自動販売機設置のメリットといえるでしょう。

管理の手間や費用をかけずに運用できる

管理の手間がかからないことも、自動販売機を活用することの大きな魅力です。

業者に土地を貸し出して運用する方法なら、土地の所有者にかかる負担は毎年の固定資産税の支払いと電気代のみに絞られます。また、商品の補充やゴミの回収といった面倒な業務も、すべて業者に任せることができるため、土地活用に時間を割けない方でも副業として取り組むことができます。

また、初期費用がおよそ50万円と賃貸経営と比べても安く、設置が簡単なため運用を早く始めることができるのも魅力でしょう。仮に利益が得られなかった場合にも、撤去してもらえばすぐに他の目的に転用することができるので安心です。

他の土地活用と一緒に始められる

自動販売機を置くスペースがあれば活用できるので、他の土地活用と並行して運用することも可能です。

相乗効果が期待できるうえ運用リスクも小さいため比較的始めやすい運用方法といえます。

例えば、アパート経営をしている場合、空きスペースに自動販売機を設置することでさらなる利益の向上を目指せます。月に数千円程度でも、同じ土地で得られる収益が大きくなることは、土地活用において大きなプラスです。

また、コンビニや飲食店をすでに経営している場合、自動販売機を設置することで集客力の向上にも一役買うことができます。自動販売機をきっかけに店舗を認識してくれる可能性が高まるためです。

これから自動販売機と並行して土地活用を考えたい方にはこちらの記事もおすすめです。

土地活用のアイデア14選!広い土地向け・狭い土地向け別に紹介
土地は持っているだけでは出費のタネでしかない為、事業を行う等の活用を行って収入を得られるようにしたいものです。本記事では、さまざまな土地活用のアイデアを紹介していきます。自分の土地に合った活用方法はどのようなものかを考えてみましょう。

土地活用は上場企業が運営する安心の『イエウール土地活用』がおすすめ!

■イエウール土地活用がおすすめな理由
  • 悪徳業者を排除して優良企業のみを厳選して掲載!
  • 運営元が上場企業(株式会社Speee)のため、安心!
  • 複数企業からのしつこい営業の心配なし!

\年間10万人が利用するサービスで無料診断/
イエウールでプランを見る

防犯や防災の役に立つ

自動販売機の設置は、単に利益が得られることだけでなく、防犯や防災の面で地域の役に立つ可能性があります。

自動販売機は時間を選ばず稼働し続け、暗い道を明るくしてくれる効果があります。街灯が少ない土地なら、周囲にも設置を喜ばれるかもしれません。また、災害時の飲料水の確保につながったり、事件や事故が起きた場合に自動販売機の住所を見て通報することができたりと、有事にも役立てることができるでしょう。

土地活用で自動販売機の設置を始める4つのデメリット

続いて、自動販売機の設置で起こり得るデメリットを紹介します。活用方法を選ぶなら、メリットだけでなくデメリットも必ず確認しましょう。

  • 高い利益は期待できない
  • 立地によって管理の委託ができない
  • 設置により複数の被害のリスクが増える
  • 周辺環境の変化に影響を受けやすい

以下で1つずつ詳しく見ていきます。

高い利益は期待できない

繰り返しになりますが、自動販売機の設置で得られる利益は決して高くありません。高くても月に数万円、一般的には自動販売機1台で月に数千円程度の利益といわれています。

初期投資や管理費がほとんどかからないことはメリットですが、その分利益も少なく、土地を活用してしっかり利益を得たいと考えている方には向かない活用方法です。

必要な土地の広さも初期費用も異なるため、簡単に比較することはできませんが、アパートやマンションといった賃貸経営なら年間で1,000万円近くの利益を出すことも可能だといわれています。

狭い土地であっても、小さな戸建物件の賃貸経営や、駐車場経営、トランクルームの経営といった活用方法を選んだほうが利益は大きくなります。狭い土地でもできる土地活用を詳しく解説した記事としてこちらも参考にしてみてください。

https://news.mynavi.jp/fudosan-satei/15402

大きな節税対策にはならない

高い利益が得られない点と合わせて、大きな税金対策にはならないという点も押さえておく必要があります。

戸建てやアパートなどの建物は、軽減措置特例が適用され固定資産税が軽減されますが、自動販売機を設置したとしても減税されることはありません。自動販売機を設置するだけでは更地として判断され、建物に該当しないからです。

自動販売機を設置することで、多少の利益を上げることはできますが、節税目的で土地活用を検討する方には適していません。

電気代などの維持費がかかる

電気代は自動販売機を設置したオーナーが負担する必要があります。販売数が少なく売上が見込めない場合は、電気代が売上を上回る可能性もあるため注意が必要です。

電気代は設置場所や時期、HOT商品やCOLD商品の割合によって変わりますが、およそ2,000~3,000円といわれています。

オーナーが負担する維持費は電気代のみのためそこまで大きなコストにはなりませんが、手元に残る金額がいくらになるか想定しておくと良いでしょう。

立地によって管理の委託ができない

広さが適切であればどこでも自動販売機を設置できるわけではありません。立地によって、集客の見込みがない土地には業者の審査が下りず、自動販売機の設置が認められない場合があります。一方、自動販売機を買い取って設置する場合には、審査を受ける必要はありません。

次のような土地なら設置審査が下りる可能性が高いでしょう。

  • 人通りの多い土地
  • オフィスの近く
  • 集合住宅の近く
  • 近くにコンビニエンスストアなどがない土地

業者によって審査の基準は異なるので、まずは気になる業者に問い合わせてみることをおすすめします。

設置により複数の被害のリスクが増える

自動販売機を設置することによって、次のようなリスクが起こる場合があります。

  • 周囲にゴミが散らかる
  • 騒音被害
  • いたずら被害

自動販売機を設置すると、空き缶やペットボトルのゴミが周囲に散らかったり、併設したゴミ箱に家庭ごみが持ち込まれたりする被害に遭う恐れがあります。ゴミの被害は自分だけでなく、周囲にも迷惑がかかるため、定期的に状況を確認するなど、適切な対応が必要です。

また、補充時の音や、夜間たまり場となることによる騒音など、場合によっては近隣からクレームが起こる場合もあります。さらに落書き被害や取り出し口に物を詰めるいたずらなど、トラブルに発展するケースもあるので注意しましょう。

周辺環境の変化に影響を受けやすい

周辺環境の変化によって、自動販売機の売上に大きな影響を与える可能性があります。具体的には以下のような変化が挙げられます。

  • 近くに新しい自動販売機が設置された
  • コンビニやスーパーが開店した
  • 工事などで周辺の人通りが減った

周辺環境の変化はコントロールできないため、やむなく撤退を余儀なくされることも珍しくありません。そのため、売上低下のリスクを理解した上で設置することが大切です。

自動販売機で土地活用するために知りたい知識

土地を活用するなら、その活用方法の基本的な知識を身に付けてから始めましょう。こちらでは、自動販売機の設置にあたって身に付けておきたい次の情報を紹介します。

  • 2つの運用方式
  • 必要な土地の広さと設備
  • 期待できる利益

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

2種類の運用方式

自動販売機を設置して土地を活用するなら、業者に土地を貸して利益を得る方法と、自動販売機を買い取って自分で設置・管理する方法の2種類から選ぶ必要があります。

特徴 業者に貸す方法 自動販売機を買い取る方法
メリット
  • 初期費用がかからない
  • 管理の手間がかからない
  • 利益が大きい
  • 商品や販売価格を自由に設定できる
デメリット
  • 土地自体の維持費や電気代の負担がある
  • 利益が少ない
  • 初期費用が大きい
  • ゴミの処理や管理の手間がかかる

上記のように、それぞれ異なるメリットやデメリットがあります。土地の状況や自己資金の有無、管理にかけることができる時間など総合的に見て、適した方法を選んで活用しましょう。

自動販売機の設置に必要な土地の広さと設備

自動販売機を設置するなら、土地の広さを把握しておく必要があります設置する機器のメーカーによっても異なりますが、一般的な自動販売機の設置スペースとして適している土地は次の通りです。

自動販売機の種類 必要な広さ(おおよそ)
大型自動販売機 幅140cm×奥行80cm
標準自動販売機 幅110cm×奥行70cm
小型自動販売機 幅70cm×奥行70cm
薄型自動販売機 幅100~120cm×奥行30~50cm

このように、メーカーによっても自動販売機の種類はさまざまあり、サイズも異なります。狭い土地であっても、サイズの小さいものやスリムなものであれば設置可能ですが、収納できる本数も少なくなるので収益も下がります。

一般的な自動販売機は高さ180cmほどあるため、屋根といった障害物がある場合には高さを測っておいた方が無難です。また、自動販売機をコンクリートベースで固定する場合、奥行が90cm程度必要になるので気を付けましょう。

さらに、自動販売機を設置する場合、次のような設備の用意も必要になることがあります。

  • コンセント
  • コンクリートベース
  • 転倒防止版(屋内設置の場合)
  • 防犯カメラ

場合によっては、電気工事や舗装工事が必要なこともあるので注意しましょう。

自動販売機の設置で期待できる利益

自動販売機の設置で得られる利益は、月に多くても数万円程度といわれています。販売する商品の単価が安いため、大きな利益は得られないと考えたほうが良いです。

自動販売機を買い取った場合には、売り上げの大半が利益として計上され、1~3万円程度の収益になるといわれています。一方、業者に土地を貸す場合の収益は、売り上げの20%程度です。そのなかから電気代の2,000~4,000円程度を差し引くと、月の利益はおおよそ4,000~6,000円でしょう。

このように、自動販売機の設置で多額の利益を期待することはできません。人通りが少なく、売り上げが少なければさらに利益が小さくなってしまいます。利益が大きな活用をしたい場合や、電気代を支払えるような売り上げが期待できない場合は、他の活用方法も検討しましょう。

人通りが少なく、自動販売機では利益の出しにくい土地の場合はこちらの記事を参照してください。

空き地の活用事例のおすすめ12選!5つの成功のコツまで解説
空き地は、活用しないと損失しか生みません。しかし無理矢理活用しようとしてもコストがかかり、赤字となる可能性はあります。この記事では、重視するポイント別におすすめの活用方法を12種紹介します。リスクや成功のコツも把握し、賢く空き地を活用しましょう。

自動販売機の設置でオーナー収益を上げる方法

自動販売機の設置で少しでも多くの利益を獲得するには、次のような工夫が必要です。

  • 差別化要素のある自動販売機を自分で運営
  • 在庫切れや釣銭切れを防ぐ
  • 利益が期待できる業者を厳選
  • 他の土地活用と併用する

それぞれの工夫について以下で詳しく解説します。

差別化要素のある自動販売機を自分で運営

業者に土地を貸し出す方法は、管理の手間や初期投資がほとんどなく、気軽に始めることができるというメリットがありますが、利益は大きくありません。利益を少しでも高くしたいなら、自分で自動販売機を購入して運営したほうが良いです。

自分で自動販売機を設置する場合、商品のラインナップや価格の設定を自由に行うことができます。他の自動販売機や周辺の商業施設の品ぞろえと差別化を図ることで上手に集客しましょう。

差別化のアイディア

周囲との差別化を図るなら、次のようなアイディアが考えられます。

  • ポイントを貯める機能
  • 高齢者向けとろみ追加機能
  • カップ麺販売機
  • お菓子販売機
  • 調味料販売機
  • 災害時電力供給機能
  • 募金機能

ただし、上記は一例に過ぎません。差別化を図るには、綿密なマーケティング調査が必要です。周囲の自動販売機や商業施設の品ぞろえ、住民の層といった事情を把握し、ニーズのある差別化を図ることで、大きな利益が期待できるでしょう。

在庫切れや釣銭切れを防ぐ

頻繁に在庫切れになったり、釣銭切れを起こしたりする自動販売機では、購買意欲が湧かず、機会損失につながります。また、リピーターが得られず、継続した利益が獲得できない可能性もあるでしょう。

自分で自動販売機を管理するなら、こまめな補充や点検が大切です。いたずらやゴミの問題を防ぐためにも、放置せずきちんと管理することをおすすめします。一方で、業者に管理を委託していれば、定期的な商品補充や釣銭補充をしてくれるので心配はありません。

利益が期待できる業者を厳選

自動販売機を提供している業者は数多くあります。少しでも多くの利益が得たいなら、複数の業者を比較して厳選することが大事です。

業者のなかには、管理費用がかかったり、設置費用は別途で負担しなければならなかったりと、ほかの業者と異なる特徴を持つこともあります。売り上げの何割が収益となるかだけでなく、かかる費用や契約期間など、さまざまな条件を確認してしっかり比較しましょう。

業者を比較するなら、資料を取り寄せて比較すると良いでしょう。ポータルサイトで気になる業者の資料を一括請求すると簡単で便利です。

他の土地活用方法と併用する

自動販売機の設置だけで大きな利益を得ることは難しいです。しかし、前述した通り、他の土地活用方法と併用することで、単体よりも大きな効果が得られる可能性があります。

普段、自動販売機は商業施設の中やマンションの下、駐車場の近くなど、街のさまざまなところで見られます。何もない土地よりも、マンションやアパートなどの集合住宅、駐車場など、他の土地活用をおこなっている場所のほうが人の出入りが多く、大きな利益を得ることができるでしょう。

自動販売機設置以外の土地活用方法について詳しくは次の記事をご覧ください。

2022年最新【土地活用おすすめランキングTOP9】診断チャートで迷わず選ぼう!
「相続した手付かずの土地を何とかしたい」「田舎の土地のよい活用方法がわからない」とお悩みではありませんか? 土地を活用する方法は多岐に渡り、土地の状態や自己資金などの条件によっておすすめの活用方法は異なります。 ...

土地活用は上場企業が運営する安心の『イエウール土地活用』がおすすめ!

■イエウール土地活用がおすすめな理由
  • 悪徳業者を排除して優良企業のみを厳選して掲載!
  • 運営元が上場企業(株式会社Speee)のため、安心!
  • 複数企業からのしつこい営業の心配なし!

\年間10万人が利用するサービスで無料診断/
イエウールでプランを見る

土地の活用方法を決める際の留意点

自動販売機の設置といった土地活用方法を決める際に留意したいポイントを4つ紹介します。

  • 近隣の住民に承諾をもらう
  • 土地活用で何を目指すのかを決める
  • 所有している土地の制限を調べる
  • 自力で検討するだけでなく専門家にも相談

所有している土地が本当に自動販売機での活用に適しているのか、これらを参考によく検討してみましょう。

近隣の住民に承諾をもらう

土地活用方法を決める前に、近隣の住民から承諾をもらっておくことが大切です。急に自動販売機などを設置することで、クレームに繋がることも考えられます。

事前に承諾をもらっておくことで、トラブルを回避してスムーズな土地活用を進めることができるでしょう。

土地活用で何を目指すのかを決める

土地活用を成功させたいなら、目的を整理してから活用方法を選ぶことをおすすめします。具体的には次のような目的が考えられます。

  • 維持費の負担を軽減したい
  • 相続の対策をしたい
  • 安定した収入を得たい
  • 収入を増やしたい
  • 使えない土地を活用したい

維持費の軽減を目的とする活用なら、自動販売機の設置ではなく、何か建物を建てて固定資産税の軽減措置の適用を目指すほうが適しています。また、安定した収入を得たいなら賃貸経営で借地料を得ることをおすすめします。

このように、土地活用の目的によっては適さない活用方法もあります。どうして土地を活用したいのか、しっかりと確認してから活用方法を選ぶと成功に近づくことでしょう。

不動産投資の仕組みについても知りたい方には次の記事もおすすめです。

https://news.mynavi.jp/fudosan-satei/15673

所有している土地の制限を調べる

土地を活用する前に、必ずその土地の用途地域や制限を確認しましょう。

用途地域とは、都市計画法に基づいて決められた土地の利用目的別の区分のことです。用途地域によってはできない活用方法もあるので、活用方法を決めるなら前もって確認しておく必要があります。また、建物を建てる場合には建ぺい率や容積率、高さ制限といった制限も確認しておくと安心です。

こういった制限は、インターネットで調べることができます。「土地の属する市区町村名 用途地域」や「都市計画図」で検索すると良いでしょう。また、地域の不動産会社や自治体の都市計画課に問い合わせることもできます。自治体の窓口では紙の資料も得ることが可能です。

土地の使用制限について詳しくは次の記事を参考にしてください。

用途地域ごとの制限を一覧で紹介!理想の土地を見つけて家を建てる!
土地の購入を検討する際に、実際にどのような土地を選べば良いのか分からず悩むことはありませんか。住みやすく健全な街づくりを行うために、用途地域の指定は重要な役割を果たしていますが、用途地域の制限が気になり、自由に土地を選ぶことができず土地の購

自力で検討するだけでなく専門家にも相談

はじめての土地活用では、自分ひとりで悩んでもより良い解決策が見つからない恐れもあります。自分で調べて判断することももちろん大切ですが、専門家に相談して意見をもらうことも大事です。

土地活用の資料を比較したり、見積書の請求をしたりして、さまざまな方法を比較するとより良い方法を見つけることができます。

また、活用方法の専門業者への相談や、税理士や金融機関にアドバイスをもらうことで、トラブルのない活用にもつながります。土地活用の方法に悩んでいるなら、ファイナンシャルプランナーや土地活用コンサルタントといった専門家に相談すると、所有する土地や所有者の状況に適した活用方法を選ぶことができるでしょう。

土地活用の相談先についてさらに詳しく知りたいならこちらの記事もご覧ください。

https://news.mynavi.jp/fudosan-satei/12794

大手飲料メーカーおすすめ3選

fudousan213131

ここからは、清涼飲料水の販売業界で特に知名度の高いサントリーフーズコカ・コーラ伊藤園の3社を紹介します。各メーカーごとに自動販売機を設置するときの流れを解説するので、活用方法や業者選びの参考にしてください。

サントリーフーズ

サントリーフーズで自動販売機を設置する流れは次の通りです。

  1. 問い合わせ
  2. セールスマンが具体的に設置のプランを提案
  3. 設置スペースや電気容量などを確認
  4. 自動販売機を設置する

サントリーフーズでは、通常の自動販売機のほかにも災害時に使える自動販売機も提供しています。どの販売機も省エネルギー、省電力に注力しており、土地の所有者の負担である電気料金を減らすことができることは大きなメリットです。

サントリーフーズで自動販売機を設置する

コカ・コーラ

コカ・コーラで自動販売機を設置する手順は次の通りです。

  1. 問い合わせ
  2. 営業担当者が訪問して最適な設置を提案
  3. 正式に契約を結ぶ
  4. 自動販売機を設置する

コカ・コーラの自動販売機は、キャッシュレス決済が利用できることで支持を集めています。電子マネーやおサイフケータイを使って飲み物を買うことができ、現金を持ち歩いていない層にも利用しやすいです。

また、ポイントを集めることができたり、自動販売機を探すことができたりするアプリ「Coke ON」を提供しており、お得感のある自動販売機といえます。

コカ・コーラで自動販売機を設置する

伊藤園

伊藤園で自動販売機設置をする流れは次の通りです。

  1. 問い合わせ
  2. セールスマンが訪問し具体的な説明やプランニングの提案をする
  3. 設置スペースや電気容量などを確認
  4. 設置日を決めて契約書を締結する
  5. 自動販売機を設置する

伊藤園では、幅広い層に利用してもらえるような商品展開のウェルネス自販機や、人気キャラクターとのコラボレーション商品の提供をおこなっています。また、生産と小売りを直結する販売方式に基づいた、きめ細やかな管理や対応も魅力的です。

伊藤園で自動販売機を設置する

まとめ

狭い土地でも、すでに活用をしている土地であっても、自動販売機の設置なら利益が得られる可能性があります。得られる収益は決して大きくはありませんが、初期費用が安く、防犯や防災にも役立てられるなど、メリットも大きい活用方法です。なかでも、業者に土地を貸し出す方法なら、初期費用や管理の手間をかけず、手軽に運用をはじめることができます。

自動販売機の設置に興味を持ったら、まずは業者に相談することから始めましょう。優良な業者であれば、土地の状況確認や、活用のプランまで詳しく説明してくれるので安心です。

使っていない土地の活用方法として、自動販売機の設置もぜひ選択肢に含めて検討してみてください。

自動販売機以外の土地活用を考えている方はこちらの記事もチェックしてみてください!

土地活用は上場企業が運営する『イエウール土地活用』がおすすめ!

イエウール土地活用は、上場企業の株式会社Speeeが運営する土地活用プランを一括請求できるサービスです。大手ならではのサポートが強みで、初めての土地活用におすすめです。 また、イエウールに登録できる業者は優良企業のみに厳選しており、利用者からのクレームが多い悪徳業者を排除しているので安心して利用できます。 さらに、しつこい営業電話もかかってこないので、自分が気になった企業とだけやりとりができるのも使いやすいポイントです。
■イエウール土地活用がおすすめな理由
  • 悪徳業者を排除して優良企業のみを厳選して掲載!
  • 運営元が上場企業(株式会社Speee)のため、安心!
  • 複数企業からのしつこい営業の心配なし!

\年間10万人が利用するサービスで無料診断/
イエウールでプランを見る

 

タイトルとURLをコピーしました