【ハウツー】

iOS 9の「メール」アプリの使い方 – 基本の設定からiCloud Driveの利用まで

1 メールの設定方法

 
  • <<
  • <

1/4

日本時間9月17日にリリースされ、iPhone 6sと6s Plusにも搭載されているiOS 9。新機能やアプリが追加されただけでなく、ユーザーインターフェースにおいて大幅な変更が加えられ使いやすい作りに。この連載では、iOS 9デバイスを使う方向けに基本的な利用法と知っておくと役に立つ使い方を紹介していきたいと思います。今回は「メール」について。

メールアプリの初期設定の方法

iOS 9の標準アプリで新機能が加わり大幅に進化したものは多いですが、メールアプリもそのひとつ。UIの改善から添付ファイルに関する新機能が盛り込まれ使い勝手がよくなっています。

では、メールアプリを使うための設定から紹介していきましょう。

メールのアカウントを設定するには、ホーム画面の「設定」アプリをタップして「メール/連絡先/カレンダー」を選択。出てきた設定画面の「アカウントを追加」をタップすると、対応メールサービスの一覧が現れます。

設定するにはまず設定アプリの「メール/連絡先/カレンダー」をタップ

「アカウントを追加」をタップして利用するメールサービスを選択

利用するサービスを選択して、フォームにメールアドレスとパスワードを入力後、「次へ」をタップすれば設定完了。

メールのIDとパスワードを入力すればメール設定可能

また、「メール/連絡先/カレンダー」の設定画面にある「データ取得の方法」をタップすることで、リアルタイムで受信できる「プッシュ」と、一定時間ごとに受信する「フェッチ」、手動で受信する「手動」の3種類の受信方法も選択可能です。

データ取得の方法画面で3種類の取得方法が選択できる

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) メールの設定方法
(2) メールの処理が簡単に
(3) 注釈を入れて返信可能に
(4) iCloud Driveも活用可能に
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス