【レポート】

SIMロック解除の義務化が意味するホントのところ - 総務省の狙いを考察

1 SIMロック解除で全機種・全地域で転用できるわけではない

塩田紳二  [2015/05/02]
  • <<
  • <

1/6

昨年12月に総務省は、「SIMロック解除に関するガイドライン」を改訂し、今年5月から事業者に対して、改訂されたガイドラインに従ってSIMロックを解除することを義務化しました。さて、これって、いったい何がいいんでしょうか?

携帯事業者は総務省、メーカーは経済産業省が管轄

実は、この話は、ちょっと複雑です。なので、先に前提となる事実などをいくつか確認しておくことにします。

まず、SIMロック解除の義務化をなぜ総務省が推進するのかというと、通信行政は旧郵政省の管轄で、携帯電話などの事業者は、郵政省を吸収した総務省が管轄しています。ただし、通信行政といっても、スマートフォンなどの製造メーカーは、経済産業省の管轄化にあります。

日本は縦割り行政なので、総務省は、通信事業者については、指導することができますが、ハードウェアメーカーを直接指導することはできません。ただ、こうした通信機器の多くは「認証」を取る必要があり、間接的にスマートフォンや携帯電話を製造する企業のコントロールが不可能というわけでもありません。海外のメーカーであっても、日本国内で利用するためには認証が必要なので、ある程度の影響力はあるでしょう。

さて、総務省は、SIMロック解除の義務化について、昨年12月に改訂を行いました。2010年に一回、SIMロック解除についてのガイドラインを出したものの、これでは不十分だったと感じていたからだと思われます。

ただ、一般ユーザーからすると、SIMロック解除といわれても、あまりピンと来ません。ずっと同じ携帯電話事業者(以下MNO、Mobile Network Operatorと略す)を使っている人にはなんのメリットもありません。

また、いまのところ、ドコモとソフトバンクの間で使っていた携帯電話やスマートフォンを転用できる可能性(機種によって違いがある)があるだけで、KDDI(au)は、ドコモやソフトバンクから機器の持ち込みもできないし、逆にauで使っていた端末をドコモやソフトバンクに持ち込むこともできません。ドコモとソフトバンクも機器によっては、転用して通話が可能というだけで、周波数の違いなどから、必ずしもすべての地域で、すべての機種で転用ができるわけではありません。そう考えるとSIMロック解除でユーザーが受ける恩恵は小さいように思われます。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) SIMロック解除で全機種・全地域で転用できるわけではない
(2) 「もっと自由に!」「もっと身近に!」
(3) 「SIMロック解除の義務化」の裏を返すと……
(4) 各社の端末のSIMフリー化のルールなど小さなこと
(5) MNOとMVNOへのインセンティブ
(6) うまくいけば利用者にとって大きなメリットに

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

【コラム】東武鉄道の車両・列車 第6回 200型「りょうもう」台鉄自強号「普悠瑪」デザインに
[17:30 6/25] ホビー
クリス・ブラウン、マネージャーへの暴力で訴えられる
[16:39 6/25] エンタメ
和田アキ子、覚せい剤&不倫の高知容疑者をバッサリ「どうしようもない」
[16:15 6/25] エンタメ
「咲-saki-」スピンオフ第5弾、BGにて開幕!園城寺怜が主人公の物語
[16:15 6/25] ホビー
ジャンポケ斉藤、念願の連ドラレギュラー出演「気持ち悪い部分を出せたら」
[16:04 6/25] エンタメ