【ハウツー】

AirDropとHandoff、使い方が似ているけど何が違う? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

海上忍  [2014/11/07]

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「AirDropとHandoff、使い方が似ているけど何が違う?」という質問に答えます。

***

基本的に、AirDropはファイル転送機能で、Handoffは異なるハードウェア間でアプリのデータを受け渡す機能です。写真やワープロ文書など独立したファイルを送受信する機能がAirDrop、書きかけのメールを他のデバイスで引き継ぎ処理する機能がHandoff、といえばわかりやすいでしょうか。

どちらもアプリレベルでの対応が必要であり、送受信可能なファイルも違えば引き継ぐ処理も違うため、一律にはいえませんが、アプリによってはAirDropとHandoffとで大きく変わらないものがあります。たとえば、iOSに標準装備の地図アプリ「マップ」は、どちらの機能を利用しても表示中の地図(現在位置)を他のデバイスに引き渡すことができますが、結果は多少異なります。

iPhoneを送信側、Macを受信側という前提で説明してみましょう。AirDropを利用すると、「マップ」の起動も含めて現在位置をMacで表示できますが(Macにアプリの起動まで指示できる)、Handoffの場合はMacで「マップ」を起動しないかぎりiPhoneの現在位置は表示されません(アプリの起動は手動)。

この動作からわかるように、AirDropはデータ/ファイルを"プッシュ"して相手に受け取りを強制する一方、Handoffは"プッシュ"の要素はありつつも最終的な受け取り(アプリの起動)はユーザが判断する、という違いがあります。これは「Safari」でも同様ですから、両機能の目的の相違と理解していいでしょう。

「マップ」でAirDropを使い現在位置を送信すると、相手側でも「マップ」を起動して現在位置を表示します

Handoff経由でも「マップ」の現在位置を引き継げますが、起動操作はユーザの判断で行わなければなりません

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

ジョイゾー、kintone拡張「レコード一括更新プラグイン」を提供開始
[03:10 5/28] 企業IT
【レポート】GeForce GTX 1080が深夜販売 - 価格は税込10万円前後で初回入荷分はあっという間に完売
[01:19 5/28] パソコン
V6森田剛&三宅健の絆伝わるエピソードに感動の声「剛健尊い」「涙出た」
[00:40 5/28] エンタメ
TVアニメ『テラフォーマーズ リベンジ』、第9話のあらすじ&場面カット紹介
[00:14 5/28] ホビー
『ジョジョ』第4部、第9話の先行場面カット&あらすじを公開ッ!
[00:01 5/28] ホビー

特別企画 PR