【レポート】

日本では使えないけど、米国では利用できるiPhone/iOSの機能を紹介 - 通話機能やSiriにも差が

1 米国のiPhone 6/6 Plusなら「VoLTE」に対応

 
  • <<
  • <

1/4

Appleは、iPadや5Kに対応するiMacを発表したイベントで、iOS 8.1を発表、10月20日から公開した。iOS 8.1では、同日のイベントでリリースとなったMac向けのOS X Yosemiteとの連携機能や、iCloud Photo Library(ベータ版)への対応などが追加されている。

実は、iPhone 6、iPhone 6 PlusとiOS 8の組み合わせで、現状、米国と日本でできることの差がいくつかある。本稿では、米国でなら利用できるが、日本では利用できないサービスや機能を紹介する。

音声通話にまつわる機能の違い

米国版のiPhone 6/6 Plusは、音声通話にまつわる機能やサービスとして「VoLTE」と「Wi-Fi Calling」をサポートしている。それらの機能やサービスは日本版では利用できない。米国では、T-Mobileや、Verizon WirelessなどがVoLTEに、T-MobileがWi-Fi Callingに対応している。

米国のiPhone 6/6 Plusは、「VoLTE」と「Wi-Fi Calling」に対応

VoLTEは、LTEの高速通信を使って行う音声通話(ビデオ通話)サービス。筆者が米国で利用しているVerizonでは、「HD Audio Calling」と説明する「Advanced Calling 1.0」という名称でVoLTEを紹介している。VoLTEのメリットは、音声通話の飛躍的な高音質化、CDMA規格での音声通話時とデータ通信への同時対応が挙げられる。

米国の携帯電話における通常の音声通話は、日本語同士でも聞き取りにくいほど帯域が絞られて使われてきた。iPhoneやiPad同士で通話できる「FaceTime Audio」と比較すると、その差は驚くべきものになる。FaceTime AudioとVoLTEの比較はまだできていないが、通話品質の向上は、“米国では”かなり大きなトピックとなる。

“米国では”としたのは、日本に帰って同じiPhoneから国内で音声通話すると、その通話品質の高さに驚かされるからだ。日本では、ドコモ、KDDI、ソフトバンクが将来的にサポートするとみられているが、VoLTE導入で受ける感覚的なメリットは、日本よりも米国の方が大きいだろう。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 米国のiPhone 6/6 Plusなら「VoLTE」に対応
(2) Appleの決済サービス「Apple Pay」は米国のみ
(3) 米国のiTunes Storeにはテレビ番組やラジオも
(4) 地図やSiriにも差が
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ASUS、Android Wearを搭載したスマートウオッチ「ASUS ZenWatch 3」を発表
[23:17 8/31] スマホとデジタル家電
Lian Li、電動昇降機能搭載のPCデスクに大型モデル
[23:05 8/31] パソコン
「働きマン」に「さくらん」も!安野モヨコの20年振り返る展覧会が明日から
[22:47 8/31] ホビー
JR西日本「ラ・マル しまなみ」岡山~尾道間観光列車、10・11月の5日間運行
[21:59 8/31] ホビー
「デジモン」新作アニメのコミカライズが、Vジャンと最強ジャンプで
[21:51 8/31] ホビー