【ハウツー】

iOS 8移行時、iCloud Driveへアップグレードすべきですか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

海上忍  [2014/09/25]

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「iOS 8移行時、iCloud Driveへアップグレードすべきですか?」という質問に答えます。

***

iOS 8にアップグレードする最終段階で、必ずiCloud Driveに関する質問を受けます。現れる選択肢は「iCloud Driveにアップグレード」と「今はしない」の2つ、どちらか一方を選ばないことには先へ進めません。アップグレードは後日に回すこともできるので、よくわからない場合は「今はしない」を選択しましょう。

iCloud Driveは、従来のiCloudが持っていたデータ保存機能(iCloudストレージ)を拡張し、汎用的なオンラインストレージとしての使い方を可能にします。iCloudストレージは基本的に「Keynote」や「Numbers」など対応アプリからしか読み書きできませんでしたが、iCloud Driveではパソコン(Mac/Windows)のファイルブラウザからの読み書きをサポートするため、DropBoxなどのオンラインストレージサービスと同じ感覚で利用できます。

しかし、この原稿を書いている9月20日の段階では、MacユーザにはiCloud Driveへのアップグレードを推奨できない状況です。iCloud DriveをサポートするOSは、iOS 8以外ではWindowsのみで(最新版「iCloud for Windows 4.0」のインストールが必要)、Macのサポートは近々リリース予定のOS X Yosemite以降となるからです。iCloud Drive対応OSがない状況でアップグレードしてしまうと、iOS 7や現行のOS X(Mavericks)では文書が最新の状態に同期されなくなります。

一方、iCloud Driveへのアップグレードを完了するまで、iCloud.com上でWEBアプリとして提供されるPages/Numbers/Keynoteは利用できません。iCloud経由での共有機能も利用できなくなるため、文書のコラボレーションが不便になります。

Pages/Numbers/KeynoteなどiCloudストレージ対応のアプリを利用しているMacユーザは、OS X YosemiteのリリースまでiClud Driveへのアップグレードを控えたほうがいいでしょう

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

ツクモ、特典多数の「星界神話-ASTRAL TALE-」推奨コンパクトデスクトップ
[10:00 5/30] パソコン
【連載】中小企業にとってのマイナンバー制度とは? 第39回 平成28年度税制改正でマイナンバーの取り扱いはどう変わったのか?
[10:00 5/30] 企業IT
【コラム】行った気になる世界遺産 第41回 1万人都市が大噴火で一夜で消滅、その後発掘された遺跡が今では世界遺産に
[09:50 5/30] 趣味
覚えやすくて強いパスワードを作る方法
[09:36 5/30] 企業IT
ミュージカル「BLEACH」一護役はDream5の高野洸、ルキア役に甲斐千尋
[09:32 5/30] ホビー

特別企画 PR