【ハウツー】

誰が得して誰が損をするのか? - ドコモの新料金プランを検証する(個人編)

1 新旧の料金プランの構造

 
  • <<
  • <

1/4

10日に発表された、NTTドコモの新料金プラン。どんな使い方をしている人が得をするプランなのだろうか。本稿では「個人がスマートフォンを1台契約した場合」「個人がスマートフォンとタブレットを契約した場合」などについて考えてみたい。

月額料金の算出方法が変更

まず基本的なことをおさらいする。月額料金の算出方法は、以下のように変更される。

  • 【旧プラン】「基本料+通話料+ISP+パケット代」

  • 【新プラン】「基本プラン+ISP+パケットパック」

新プランでは「基本料+通話料」が「基本プラン」となる。新プランでは話し放題になるため、通話料という概念が存在しなくなるのだ。実際に具体的なサービスの名称を当てはめた事例を考えてみる。例えば、次のような契約ケース。この契約ケースを選ぶ人は多いことと思われる。

  • 【旧プラン】「タイプXiにねん+通話料+ISP+Xiパケ・ホーダイ フラット(7GB)」

  • 【新プラン】「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)+ISP+データM(5GB)」

単純に月額料金を当てはめると、次のようになる。

  • 【旧プラン】743円+通話料+300円+5,700円=6,743円+通話料

  • 【新プラン】2,700円+300円+5,000円=8,000円

ここで少し解説しよう。旧プランでは2年縛りがある月額743円の「タイプXiにねん」、縛りはないが月額1,410円の「タイプXi」の2プランが存在する。3GBまで使える月額4,700円の「Xiパケ・ホーダイ ライト」、7GBまで使える月額5,700円の「Xiパケ・ホーダイ フラット」の2プランを提供している。

新プランで音声通話をするためには月額2,700円の「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」の一択になる。パケット定額は2GBまで使える月額3,500円の「データS」、5GBまで使える月額5,000円の「データM」を用意する。なおパケット量は1,000円/ GBで追加購入することができる。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 新旧の料金プランの構造
(2) 個人が1台利用した場合の月額料金
(3) 個人が2台目利用した場合の月額料金
(4) 誰が得をするのか?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

上場企業の平均年間給与は622万3000円、トップ企業は1741万円
[14:22 7/27] 企業IT
Nutanix、ハイパーコンバージド製品のDockerサポートなど新機能を発表
[14:06 7/27] 企業IT
御伽ねこむが第1子出産を報告、藤島康介氏とは「一緒にいて一番の幸せ」
[14:05 7/27] ホビー
駅やホームにポケモン出さないで! 全国のJR・私鉄が「ポケモンGO」に要請
[14:01 7/27] スマホとデジタル家電
メルセデス・ベンツ新型Eクラス発表、自動運転へ"ドライブパイロット"搭載
[13:59 7/27] ホビー