【ハウツー】

個人利用が無償になった「Office Mobile」と、オフィス互換アプリ「KINGSOFT Office for iOS」を比較する

1 「Office Mobile」のインターフェース

 
  • <<
  • <

1/5

マイクロソフトは27日、「Office for iPad」を発表すると同時に「Office Mobile」を個人利用に限り無料にすることを発表した。これまではOffice365のサブスクリプション契約が必要だったが、今後はMicrosoftアカウントでログインすれば無償で使うことができる。

そうなると気になるのは、サードパーティー製のOffice互換アプリだ。ちょうど先日、3月13日にはキングソフトからiOS向けオフィスアプリ「KINGSOFT Office for iOS」がリリースされたばかり。同じタイミングで登場した純正アプリとサードパーティー製アプリを比較してみることにしよう。

「Office Mobile」のインタフェース

純正の「Office Mobile」は「最近使った項目」「開く」「新規」「設定」の4つのメニュータブを切り替えて使うシンプルなインターフェースとなっている。対応しているファイルはWord、Excel、PowerPointだが、このうちPowerPointはiPhone側で新規に作成することはできない。WordとExcelについては、通常のWord文書とExcelスプレッドシートの他に、「議題」や「アウトライン」「予算」や「イベントスケジュール」といったテンプレートが用意されている。

Office Mobile

テンプレートが用意されている

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 「Office Mobile」のインターフェース
(2) 「Office Mobile」のファイルのインターフェース
(3) 「KINGSOFT Office」のインタフェース
(4) 連携機能の違い
(5) どちらが優れているのか

人気記事

一覧

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー