【レポート】

なぜ、今、「iPhone 5c 8GB」なのか? 各国におけるiPhoneの今を分析

1 iPhone 5cとiPhone 4Sの関係

 
  • <<
  • <

1/8

既報の通り、まず英国で始まり次いで欧州や中国など一部地域で8GBにストレージ容量を合わせたiPhone 5cの販売が開始された。このタイミングで、なぜiPhone 5cが、そしてかつ8GBの低容量版が一部地域限定での登場となったのか、その背景を探ってみる。

英国のApple StoreなどでiPhone 5cの8GBモデルが販売スタート

低価格版iPhone登場までの背景

まず、現在のiPhoneの最廉価モデルのストレージ容量(16GB)をさらに半分にした低容量版iPhoneというのは、これまでにもAppleによって提供されてきた。例えば、iPhone 5がリリースされた後に登場したiPhone 4sの8GBなどだ。

AppleはiPhone新製品を出す際に同じストレージ容量の製品については価格を維持する方針を採っており、その際に旧モデルとなった製品の販売を継続し、その低容量版について価格をさらに半分にすることで廉価版(または無料版)としている。

例えば、新製品の16GBモデルが2年契約で199ドルだとすれば、前世代の16GB版は99ドルといった具合だ。iPhone 5が出た際は、iPhone 4Sの16GB版が99ドル、iPhone 4の8GB版が無料となっていた。

ただし、最新のiPhone 5sが発表された際にはこのサイクルが崩され、安価なiPhone 5を用意する代わりに、「iPhone 5c」という新製品カテゴリが用意された。iPhone 5cの16GB版は99ドル、32GB版は199ドルとなっており、つまり前世代におけるiPhone 4Sの位置付けをiPhone 5cが担っているというわけだ。現在はiPhone 4Sの8GB版が無料で提供されており、「iPhone 4S~iPhone 5c~iPhone 5s」の3製品でサイクルが出来上がっている。

  • <<
  • <

1/8

インデックス

目次
(1) iPhone 5cとiPhone 4Sの関係
(2) なぜiPhone 5の低価格版が登場しなかったのか
(3) iPhone 5cはどの市場を狙い、その狙いは成功したのか?
(4) iPhoneのシェアと価格
(5) 中国市場にみるiPhone 5cの立ち位置
(6) 中国でのiPhoneの取り扱いの現状 その1
(7) 中国でのiPhoneの取り扱いの現状 その2
(8) 中国でのiPhoneの取り扱いの現状 その3

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

女性が尊重される会社ランキング、1位は?
[10:35 8/24] キャリア
AIで働き方改革!面倒な手書き文書をデータ化する「AI inside」
[10:27 8/24] 企業IT
ネットチャート、地域医療連携を促進する医療用画像のクラウド共有サービス
[10:25 8/24] 企業IT
2016年第2四半期国内PC出荷台数、シェアトップはNECレノボ - IDC
[10:08 8/24] 企業IT
米Pinterestが“あとで読む”サービスの米Instapaperを買収
[10:07 8/24] スマホとデジタル家電