【ハウツー】

iPhone/Androidで聴ける5つの定額音楽配信サービスを比較する

1 定額音楽配信サービスその1:Music Unlimited

 
  • <<
  • <

1/6

一定額の料金を支払うことで音楽が聴き放題となる、定額制の音楽配信サービスが盛り上がりを見せている。その中からスマートフォンで楽しめるサービスをピックアップし、楽曲数や音質、各種機能などの面から比較してみることにしよう。

Music Unlimited

Music Unlimited

ソニーが提供するサービスで、月額980円。1,500万曲という楽曲数が魅力。30日間の無料体験が可能だ。対応するOSはiPhone/iPod touch(iOS 5.1以降 )とAndroidスマートフォン/タブレット(2.1 以上)、Android搭載ウォークマンと幅広い。

楽曲は特に洋楽が充実しており、最新のヒット曲をはじめ、ジャンル・年代・ ムード別など50種類以上の豊富な音楽チャンネルを用意している。また、事前にインターネットに接続してキャッシュしておくことでオフラインでも楽しむことができる。オフラインモードでは最大4,000曲まで端末内に保存しておける。

音質はAAC320kbpsとHE-AAC48kbpsの2種類から選ぶことが可能。当然ながら320kbpsの高音質モードで長時間ストリーミング再生すると、その分通信量が増大し、キャリアとプランによっては上限値に引っかかってしまう(通常音質でももちろん流しすぎると引っかかる)。そうならないためにはWi-Fiなどを活用するか、あらかじめプレイリストを作成してオフラインモードで再生したいところだが、オフラインモードではビットレートがHE-AAC48kbpsの方に固定されるようなので一長一短といったところか。HE-AAC48kbpsという音質が許容できるかどうかは人によるとしか言えないが、筆者は十分許容範囲だった。

また、1,500万曲という圧倒的な楽曲数のラインナップにもやや偏りがあり、どちらかといえば邦楽よりも洋楽が充実している。たとえば国内アーティストだと、ソニーミュージックに関連するアーティストが充実しており、それ以外はかなり物足りない。ざっと検索してみた感じだと、たとえばジャニーズ系のグループやEXILE、サザンオールスターズやMr.Children、コブクロ、ゆずなどの名前は出てこない。1,500万曲というとかなりの数に思えるが、まだまだ偏りがある点には注意したい。逆に洋楽であればそれなりにマイナーでも見つかるようだ。昔よく聴いていたややマイナーな洋楽アーティスト何組かで検索してみたが、あっさり出てきて歓喜した。また、普段筆者がよく聴いているインストゥルメンタル系のアーティストもしっかり出てきた。

そうやって検索で探しだして聞くこともいいが、「ムード」や「ジャンル」を使って新たな曲との出会いを楽しむのもオススメだ。「ムード」には「アクティブ」や「エモーショナル」「リラックス」といったメニューがあり、そのときの気分に合わせて選べば膨大な楽曲からぴったりの楽曲を集めプレイリストを作成して再生してくれる。「ジャンル」も同じで、「ジャズ」や「ロック」「オルタナティブ」など多数のジャンルに限定してプレイリストを作ってくれるのだ。1,500万曲という膨大な楽曲数を生かすのには最適な楽しみ方といえるだろう。

アプリのインターフェースはそれなりにまとまっているが、再生中の楽曲を早送りできないのはやや不満。ここは今後対応してほしいところである。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) 定額音楽配信サービスその1:Music Unlimited
(2) 定額音楽配信サービスその2:レコチョク Best
(3) 定額音楽配信サービスその3:スマホでUSEN
(4) 定額音楽配信サービスその4:モンスターチャンネル
(5) 定額音楽配信サービスその5:music Chef
(6) 各サービスの違いとまとめ

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

「老後が不安」は20代の64.2% - 老後資金は月いくら必要?
[06:30 8/25] マネー
angela、NEWアルバム『LOVE & CARNIVAL』より収録映像や新曲試聴動画を公開
[06:12 8/25] ホビー
[TOKIO・松岡]連ドラ「家政夫のミタゾノ」に主演 家庭壊す“家政夫”に
[05:00 8/25] エンタメ
松岡昌宏、新ドラマでダークな家政夫役! 家事ハウツーも毎回披露
[05:00 8/25] エンタメ
デスノート、安室奈美恵が主題歌と劇中歌担当!“信念への真っ直ぐな想い”歌う
[04:00 8/25] ホビー