【ハウツー】

アクティベーションロックも可能に! iOS 7で進化した「iPhoneを探す」の使い方

1 「iPhoneを探す」の使い方

  • <<
  • <

1/2

もし、自分のスマートフォンが行方不明になってしまったら……? もしかしたら盗難に遭ったかもしれないし、そうでなくともどこかに置き忘れなんてことも。どちらにせよ、どこに端末があるのか知りたいし、誰かに悪用されないように対処したいところ。Apple社で開発したアプリ「iPhoneを探す」は、手元に端末がなくなっても場所を知らせてくれたり、万が一盗難に遭っても対策が取れる優れものです。この「iPhoneを探す」の機能と使い方を紹介しましょう。

iPhoneの位置情報を元に場所を探し当てる「iPhoneを探す」

iPhoneを探す」はプリインストールアプリではないので、まずはApp Storeからアプリのダウンロードをしないといけません。インストールして起動するとApple IDとパスワードの入力画面が出てくるので、入力してサインイン。現在位置が表示されたマップと自分のiPhoneの名前が表示されたらオーケーです。

このアプリをインストールしたiPhoneを探すにはiCloudまたはiCloud.comを使います。どちらもサインインすると中に「iPhoneを探す」という項目が出てくるので、これをクリックしてApple IDのパスワードを入力。アプリ同様にマップ画面と現在位置が表示されるようになります。iPhoneを紛失したら、iCloudから「iPhoneを探す」でiPhoneの現在位置を調べればいい、というわけです。

また、iOS 7端末の場合は「iPhoneを探す」を設定するとアクティベーションロックがかかり、端末を再アクティベートして利用することができません。つまり盗難されても、その端末が再利用されないのです。

万が一の時に役立つ「iPhoneを探す」。アプリインストールとApple IDのアカウントですぐ利用できるので、まだ使っていないユーザーはセットアップしておこう

アプリをサインインして、このように現在地と使っているiPhoneが表示されたらセットアップ完了だ

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 「iPhoneを探す」の使い方
(2) 「iPhoneを探す」を使った万が一の事態に対する対策

人気記事

一覧

新着記事