【ハウツー】

なぜiPhoneにはQRコード読み取り機能がないの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「なぜiPhoneにはQRコード読み取り機能がないの?」という質問に答えます。

***

iPhoneには、Appleが開発したシステムソフトウェア「iOS」と、同じくAppleが開発したいくつかのアプリが収録されています。これらのセットがスマートフォンとしての使い勝手を決めており、新機能に関する報道もiOSと標準装備アプリの両方をカバーしています。

ただし、それがすべてではありません。Appleは国・地域ごとに製品をカスタマイズせず、世界統一モデル(グローバルモデル)を展開する企業ですから、世界中の誰もが必要としている/ニーズが高い/汎用性のある機能でなければ採用しない傾向があります。標準装備しない機能については、アプリを追加しおのおの対応してほしい、というスタンスです。それはAppleにかぎらず、他のスマートフォンメーカーも同様です。

前置きが長くなりましたが、iPhone(iOS)にQRコード読み取り機能が搭載されない理由もそこにあります。少なくとも現行のiPhoneが企画設計された段階において、世界中の誰からも必要とされる機能ではない、という判断が下されたのでしょう。

QRコードは、わずかな空間に大量の情報を持たせることができる、いわばバーコードの進化形です。カメラやスキャナなどの光学機器で読み取り、それをソフトウェアで処理すれば情報を読み取ることができます。実際、カメラを内蔵するiPhoneの場合、アプリを追加すれば対応できます。

もっとも、未来永劫QRコードがiPhone(iOS)に採用されないと決まったわけではありません。日本生まれの技術ですから、以前は海外で見かけることが少なかったものの、ここ数年で認知度が急速に高まっているそうです。iOS 6の新機能「Passbook」も、QRコードの処理をサポートしています。スマートフォンとの相性がいい技術ですから、将来的にはiOS標準の機能として採用される可能性もゼロではありません。

写真で解説

iOS備え付けの機能としてQRコードの読み取りはサポートされていませんが、「ELECOM QRコードリーダー」などのアプリを利用すれば、iPhoneでもQRコードを読み取ることは可能です

iOS 6の新機能「Passbook」はQRコードに対応していますが、肝心の読み取り機能は別に用意しなければなりません

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[篠原信一]久々の柔道着は「コスプレじゃない!」 リオ五輪の仕事はまだ来ず…
[22:52 7/25] ホビー
オネエがテーマのアンソロ「オネエと私」表紙は雪広うたこ、コガシロウも参加
[22:44 7/25] ホビー
CORSAIR、Cherry MXスイッチ採用のメカニカルゲーミングキーボード
[22:17 7/25] パソコン
アフタヌーンで四季賞発の新鋭2人がW新連載、次号「げんしけん二代目」完結
[22:16 7/25] ホビー
[石原さとみ]黒の肩出しロングドレスで“ゴジラロード”レッドカーペットに登場
[22:05 7/25] エンタメ