【アイムスドッグフードの評判は?】口コミと実際に試した私の評価!

アイムス(成犬用 小型犬用 チキン小粒)ドッグフードの基本情報
価格(税別)/内容量
1,190円/2.3kg

5,461円/2.3kg×4袋

※2020年10月30日Amazonにて確認
100gあたりの単価※1
約83~59円
1日あたりの料金※2
約32円
粒の大きさ
小粒(直径約0.8㎝、厚さ約0.3㎝)
形状
コイン形
カロリー
375㎉/100g
メイン食材
肉類(チキンミール、家禽ミール)
原産国
ドイツ
ライフステージ
成犬(1歳以上)に対応
販売会社
マースジャパン リミテッド
住所
東京都港区港南1丁目2番70号品川シーズンテラス7階
電話番号(相談窓口)
0800-800-5874
公式サイト
http://www.iams.jp/

※1,1.5kg~3.0kg入りのg単価
※2,2.3kg×4袋を体重3kgの成犬にメーカー推奨量をあげた場合の計算

このページではアイムス(成犬用 小型犬用 チキン小粒)ドッグフードの口コミや、私が実際に購入してみた感想、実際にあげたことのある人の評判、最安値情報などをまとめました。

アイムスは、ニュートロ、シーザー、ペディグリーなどを手掛けるマース社の商品です。

2016年のリニューアルで酸化防止剤にBHAやBHTを使い始めたので、それが原因で買わなくなった人もいるかもしれませんね。

このページではアイムスの犬用ドライフードについて知りたいこと、知っておくべき内容が全て分かるようにまとめました。

この記事を書いた人
ドッグフード愛好家
めぐみ
幼い頃からずっと犬の居る環境で育ってきました。今は住まいの関係で泣く泣く実家にお世話を頼んでいますが、小型のミックスと暮らしていました。実家はあまりフードに興味がなく、お世話をお願いしていることもあり、フードは私が送ったものをあげて貰っています。新しいフードは原材料をチェックして変なものが入っていなければ、自分でも味見する少しマニアックなドッグフード愛好家です。

アイムス(成犬用 小型犬用 チキン小粒)を試してみました!


アイムスはホームセンターなどでも見かけますが、楽天市場で他のフードと合わせて購入しました。

楽天市場のショップは注文から発送まですごく時間がかかるところもあるんですが、こちらのショップは月曜日に注文して水曜日に届きました。

今回届いたアイムスの賞味期限は約1年


届いたのが12月初旬だったので、今回届いたものは未開封なら賞味期限まで約12ヵ月あります。

開封後の賞味期限については「直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しいところに保管し、開封後は開封口を閉じて早めに使い切る」と書かれていました。

なので、一般的なドライフードと同様に開封後は1~1.5ヵ月を目安に食べきると良いでしょう。

アイムスはジッパーなしの小分けタイプ!


アイムスのドッグフードは1.2kg(600g×2)と2.6kg(650g×4)については写真のように小分けになっています。

5kg以上は小分けになっていないので、開封後の酸化やカビが気になる人や、開けたてで新鮮なフードをあげたい方は1.2~2.6kgがおすすめです。

アイムスの成犬用 小型犬用は小粒で食べやすそう!香りもチェック!!


アイムスの成犬用 小型犬用は、直径約0.8㎝、厚み約0.3㎝の小さなコイン形です。


小型犬用ということもあって小粒で食べやすそうです。外袋はハサミがないと開けられないのが少し面倒でした。

外袋をあけると既にドッグフード特有の香りがしているので、個装の状態だと香りも少しずつ飛んでいるかもしれませんね。

個人的には苦手な香りで、香りの系統は他のフードと同じなんですが、その中でもジャンクな印象を受けました。

いざアイムスを私が実食!


うちの子の場合、だいたい3kgなので1日の給餌量は約55g、1食分の27gを取りました。見た目の量は普通です。

さっそく一粒食べてみると表面は硬めで軽い塩気があります。しばらく口に含んでいるとドッグフード特有の香りが鼻から抜けます。

苦手な匂いなのでウッとなりますが、その後チキンっぽい味がして、フィッシュオイルのせいか後味は魚っぽい風味を感じました。

正直、私が食べても全く美味しいとは思いませんが、似た香りのフードが多いですし、特に香りを強く感じるので犬は好む味かもしれませんね。

アイムスは公式サイトを見ても原材料の品質がよく分からないので、味見だけで飲みこむのはやめておきました。

市販のドッグフードは飼料用の食材を使ったものも多いので人間が味見をする時は注意してくださいね。

次に、実際にアイムスのドライフードをあげている方や、試したことのある人の口コミを見てみましょう。

アイムスの(成犬用 小型犬用 チキン小粒)ドッグフードの評判や口コミまとめ

アイムスの「成犬用 小型犬用 チキン小粒」ドッグフードに関するリアルな口コミをインスタやツイッターなどのSNS、楽天やアマゾンなどから探しました。

アイムスは種類が多いせいか、レビューした「成犬用 小型犬用 チキン小粒」だけだと悪い口コミがあまり見つかりませんでした。

2016年のリニューアル後の口コミだけをまとめました。

アイムスドッグフードの悪い口コミ

あ~勿体ない
我が家のミックス犬17キロは食べなくなりました
何でも食べていたのですが喜ばなくふりかけや色々な物を混ぜ味編させて食べさせましたが嫌がり駄目でした

リニューアル後は別物
リニューアル後の商品は今までと全く違う物になっています。小粒で味濃い?からか水を飲む量が増え、うんちは柔らかく臭いが強いです。うちの子(チワワ)はずっとアイムスでしたが、今回の商品から急に皮膚炎になり毛艶も悪くなっています。通院と
他のフードに切り替えして様子を見ます。

いつも買っているフードより量が多く値段も手頃なので試しに購入してみました。食いつきはあまりよくないですが小粒で食べやすそう。ただこのフードに変えてから口臭がキツくなった気がします。なのでリピートはないです。

アイムスドッグフードの良い口コミ

残さず食べてくれます
最初の犬の時貰ったドッグフード(仔犬)を1才になって 成犬用にした時 全然食べてくれなくて その頃ちょうどホームセンターで相談会をしていたので「食べないんです」って聞いたら アイムスを勧められて「完食」でした。以来代々アイムスです。
この小型犬用 売ってるお店が近くになく助かってます。
・小袋なので新鮮だと思う
・食べたことはないですが18年間代々食べ続けてます

無難なフード
ミニピンです。好き嫌いが激しく、食べない事も多いので色々とフードを試しています。
コスパ面とそこそこの喰いつきで、健康面での異常が出たりしないので、結局これと(もう一つのフード)に戻ってきてます。
小分けパックになって、小分けになる以前より喰いつきが良くなりました。

うちの子には合います。
うちの子には合うみたいです。以前定期便で購入していたアイムスが定期便からなくなってしまいいヒルズサイエンス…を購入しましたが食べないためこちらに替えました。
うんちもゆるくなくなりました。
4歳ですが、やはり合うドッグフードと合わないドッグフードがあるようです。

我が家のチワワの主食!
今まで店頭でこちらの商品を購入しておりましたがAmazon定期便でかなりお値打ちに購入できるので利用しています。
小型犬のチワワですので四袋に小分けされているので、新鮮なものを食べさせてあげることができ安心しています。獣医師の定期検診でも毎回異常なく、毛艶もよいです。

1才6カ月のトイプードルに与えました。
今までは、ロイヤルカナンのプードル用または室内犬用をあげていましたが、
目やにが多いことが気になっていました。
このフードに替えてからは、目やにの量が目に見えて減ったので朝のお手入れも楽になりました!
もともと好き嫌いはない子なのでガツガツ食べてくれるし、
ロイヤルカナンより安いので
今後はこのフードに乗り換えようと思います。

アイムスドッグフードの口コミまとめ!

悪い口コミまとめ
  • 食べなくなった
  • うんちが柔らかくなった
  • 急に皮膚炎になって毛ヅヤが悪くなった
  • 食いつきがあまりよくない
  • 口臭がキツくなった

アイムスの「成犬用 小型犬用 チキン小粒)」に関する悪い口コミを探しましたが、見つかったのは3件しか見つかりませんでした。

スーパーやホームセンターでも買えるからか、楽天市場での口コミはかなり少なかったです。

「食べなくなった」という内容もありましたが、どんなフードでも一定数は食べてくれない子がいるので仕方ないですね。

「うんちの硬さや皮膚炎」はフードとの相性にもよりますが、アイムスが原因とも言えません。

同じ内容の口コミが多数あった訳ではないので、アイムスのドッグフードに対する悪い口コミで気になる内容は特にありません。

良い口コミまとめ
  • よく食べる
  • 小分けになっていて新鮮
  • うんちが安定した
  • アマゾンの定期便がお得
  • 目やにが減った
  • 安い

アイムスの「成犬用 小型犬用 チキン小粒」の良い口コミを探しました。悪い口コミよりは沢山見つかりましたが、他のフードと比べると口コミ自体が少なめですね。

「よく食べる」といった内容が圧倒的に多かったですが、一部「食べなくなった」といった内容もあったので、100%の子が食べてくれる訳ではありません。

「うんちが安定」「目やにが減った」といった内容は、フードとの相性にもよりますし、アイムスのお陰とも言い切れないので、全ての子に良い変化が期待できる訳ではありません。

「小分けになっていて新鮮」「アマゾンの定期便がお得」「安い」といった内容はアイムスの特有の良い口コミと言えそうです。

アイムス(成犬用 小型犬用 チキン小粒)ドッグフードのメリット・デメリット

アイムスドッグフードのメリット
  • 子犬からシニアまで対応している
  • リーズナブル
  • 年齢・体型などに合わせたラインナップがある
  • 成犬用・シニア用はチキン以外にラム&ライスもある
  • 小型犬用の小粒もある
  • 着色料・香料不使用
アイムスドッグフードのデメリット
  • 小麦やトウモロコシを使用している
  • 原材料がヒューマングレードかは不明
  • 副産物使用の有無は不明
  • 口コミが少なめ
  • 原材料の表記が気になる
  • 販売店が多すぎて品質管理が心配
  • 合成の酸化防止剤(BHA・BHT)を使っている

アイムスのドッグフードは、どちらかと言えばリーズナブルな価格帯です。着色料や香料などの添加物不使用なのは安心ですね。

ライフステージや体型に応じて種類が豊富で、小型犬用の小粒やラム&ライスなどの味があるのもメリットとなります。

個人的には原材料の品質が公式サイトから読み取れない部分が気になりました。また、合成の酸化防止剤を使っているのが気になる方もいるでしょう。

スーパーなどでも見かけることが多いアイムスですが、それだけ流通量が多くて、在庫管理などは販売店任せになってしまう点も気になりました。

炎天下に、雨風をしのげるだけの倉庫で保管している販売店もあるかもしれませんよね。

アイムスは個人的に、「メリットもありますがデメリットも気になる点がいくつかある」という印象です。

アイムス(成犬用 小型犬用 チキン小粒)の原材料や成分を評価!

肉類(チキンミール、家禽ミール)、とうもろこし、小麦、大麦、チキンオイル、植物性タンパク、家禽エキス、乾燥ビートパルプ、乾燥酵母、フィッシュオイル、STPP(トリポリリン酸塩)、フラクトオリゴ糖、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、K3、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸)

上記はアイムスの「成犬用 小型犬用 チキン小粒」の原材料一覧です。公式サイトでは「副産物使用の有無」「人間も食べられる品質」か、などの記載はありません。

原材料は重量比率の多いものから書く決まりになっているので、肉類(チキンミール、家禽ミール)の使用量が多いように見えます。

ですが、チキンミールと家禽ミールを別々に分けたら、【とうもろこし、チキンミール、家禽ミール」と、お肉よりもとうもろこしが多いフードになる可能性があります。

小麦やトウモロコシは穀物の中でも食物アレルギーの原因になりやすいので、できればその他の穀物だと嬉しいですね。

たまに「犬は穀物を消化できない」といったサイトもありますが、きちんと加熱調理された穀物なら消化・吸収できることが分かっているので心配いりません。

「家禽エキス」といった表記も気になりますね。家禽とは鶏やアヒル・ウズラなどの総称です。

エキスなのでたんぱく質は含まれていないと思いますが、万が一アレルギーが出たり、合わなくて下痢をした場合、チキンなのかその他の肉類なのかの予測が付きにくくなります。

また、酸化防止剤にミックストコフェロール(ビタミン)など安心な成分を使っているのに、合成の酸化防止剤(BHA・BHT)を使っている点も気になりました。

合成の酸化防止剤はラットを使った実験によって発がん性が報告されていますが、人間の食品にも使われる添加物で、ドッグフードへの使用量も決められています。

ただ、どうせならローズマリー抽出物やクエン酸など、天然成分で酸化防止して欲しいですよね。

アイムス(成犬用 小型犬用 チキン小粒)の成分
たんぱく質 26.0%
粗脂質 15.5%
粗繊維 4.0%
灰分 8.0%
水分 12.0%
オメガ6脂肪酸 2.7%
オメガ3脂肪酸 0.19%
カルシウム 0.8%
リン 0.8%
エネルギー(100gあたり) 375㎉

アイムスのドライフードはAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たした総合栄養食です。今回レビューした商品は、成犬に適した栄養バランスになっています。

「小型犬用」と書かれていますが、成犬であれば中型~大型犬が食べても問題ありません。ただ、小型犬ように100gあたりのエネルギー量が少し高めに作られています。

同量を食べた場合、「普通の成犬用」よりも「小型犬用 成犬用」の方が太りやすいので注意しましょう。

特に、4~10歳頃は犬が最も太りやすい時期なので、体型が気になる場合はアイムスの「体重管理用」に変えてあげても良いですね。

【最安値はどこ?】楽天・アマゾンでアイムス(成犬用 小型犬用 チキン小粒)の価格を徹底比較!!

楽天 Amazon
2.3kg 1,403円 1,190円
2.3kg×4個 5,313円 5,461円
送料 600円 319円
(税込み2千円以上で無料)

※特に記載が無ければ価格は税別表示
※アマゾン・楽天の価格は2020年12月28日に確認

上記はアイムスの「成犬用 小型犬用 チキン小粒」の最安値を調べたところ、最安値はサイズによって変わることが分かりました。

2.3kgならアマゾンが最安値!

2.3kgを購入するならアマゾンが最安値です。アマゾンは通常税込み2,000円以下の場合、送料(税込み)350円がかかります。

ですが、今回調べたところアマゾンでは「初回送料無料」というキャンペーンを行っていました。

キャンペーンがいつまで続くか分かりませんが、仮に送料がかかってもアマゾンの方がお得です。

2.3kg×4袋なら楽天市場が最安値

2.3kg×4袋なら楽天市場が最安値です。どちらで買っても送料無料で楽天の方が148円お得になります。

アマゾンもポイント対象ですが1%です、楽天市場は人によってポイント倍率がアップするので、2.3kg×4袋を購入するならほとんどの方は楽天市場の方がおすすめです。

【違いは?オススメはどっち?】アイムスとモグワンを比較


アイムス

モグワン
内容量 2.3kg~2.3kg×4袋 1.8kg
通常価格 1,190~5,461円 3,960円
最安値 3,168円
最安値の100g単価 約83~59円 約176円
1日あたりの料金※1 約32円 約100円
原材料の品質 不明 ヒューマングレード
酸化防止剤 BHA、BHT、クエン酸 ビタミンE
販売方法 市販 自社通販のみ

※価格は税別表示
※1,開封後45日以内に食べきれるサイズを体重3kgの成犬にメーカー推奨量を与えた場合の値段

アイムスの「成犬用 小型犬用 チキン小粒」と人気の高いモグワンを比較したところ、私の感想としてはモグワンの方がおすすめです。

価格的には断然アイムスなんですが、値段が高い分モグワンの方が安心・安全という感じです。

アイムスの原材料は副産物使用の有無や人間も食べられるのかが不明ですが、モグワンはヒューマングレードの生肉・生魚を使っています。

酸化防止剤は人によって意見が分かれますが、アイムスは合成添加物なのに対してモグワンはビタミンEを使用しています。

アイムスはどこでも見かけるので入手性が高いですが、その分在庫管理は販売店任せになってしまいます。モグワンは品質管理を徹底する為に、自社の通販サイトでのみ販売しています。

それぞれコンセプトが異なるので、値段を重視する方ならアイムス、安心・安全を重視する方にはモグワンをおすすめします。

アイムスドッグフードの種類と特徴を紹介!


アイムスには「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」と、大きく分けて3種類あります。

ここからは各フードの保証成分を元に特徴を比較しながらご紹介します。

子犬用(12ヵ月まで)

商品名 たんぱく質 脂質 エネルギー
(100g中)
子犬用 28.5% 16.0% 377㎉
子犬用 小型犬用 小粒 29.0% 17.0% 382㎉

アイムスには「通常の子犬用」と「小型犬用の子犬用(小粒)」の2種類があります。

小型犬は大きい犬種と比べて体重1kgあたりが必要とするエネルギー量が高く、偏食や好き嫌いの激しい子が多いので、1粒当たりのエネルギー量が高めのものが多いです。

大型犬種の子犬が小型犬用(小粒)を食べたりその逆でも問題はないので、定期健診などで体重を増やした方が良いと言われたら小粒に切り替えてあげても良いでしょう。

成犬用(1歳以上)

商品名 たんぱく質 脂質 エネルギー
(100g中)
健康維持用
チキン小粒
25.0% 14.0% 365㎉
健康維持用
ラム&ライス小粒
25.0% 14.0% 365㎉
体重管理用
チキン小粒
21.0% 8.5% 343㎉
体重管理用
チキン中粒
21.0% 8.5% 343㎉
体重管理用
ラム&ライス小粒
21.0% 8.5% 342㎉
成犬用 小型犬用
チキン小粒
26.0% 15.5% 375㎉

アイムス(成犬用)の栄養価は小型犬用が最も高く>健康維持用>体重管理用の順番になっています。なので、粒の大きさや味の違いによる食いつきで選ぶと良いでしょう。

4~10歳が最も太りやすい時期と言われているので、体型や体重が気になる子はエネルギー量の低いフードに変えてあげると良いでしょう。

小型犬種だからといって小型犬用を選ばないといけない訳ではないので、「健康維持用」や「体重管理用」もうまく使うと良いでしょう。

シニア犬用(7歳以上/11歳以上/14歳以上)

商品名 たんぱく質 脂質 エネルギー
(100g中)
7歳以上用 健康サポート
チキン小粒
26.0% 12.5% 360㎉
7歳以上用 健康サポート
チキン中粒
26.0% 12.5% 360㎉
7歳以上用 健康サポート
ラム&ライス小粒
26.0% 12.5% 357㎉
7歳以上用 体重管理用
チキン小粒
24.0% 7.5% 325㎉
7歳以上用 小型犬用
チキン小粒
27.0% 14.0% 365㎉
11歳以上用 毎日の健康ケア
チキン小粒
25.5% 14.0% 367㎉
14歳以上用 いつまでも健康維持
チキン小粒
23.0% 13.0% 380㎉

アイムスのシニア犬用は、「7歳以上」「11歳以上」「14歳以上」に分かれています。ですが、各年齢に合わせてフードを切り替えないといけない訳ではありません。

10歳頃までが太りやすく、11歳以降は筋肉量が減って痩せてくる子も増えると言われているので、愛犬の様子に合わせてフードを変えてあげると良いでしょう。

高たんぱくなフードは腎臓に負担になるとも言われています。腎臓の数値を気にしながらも、高たんぱくなフードで筋力を落とさないよう気を配るのも大切です。

アイムスのドッグフードでよくある質問Q&A

アイムスのドッグフードに関してよくある質問をQ&A形式でまとめました。

アイムスとユーカヌバならどっちがいい?

公式サイトの情報だけを見ると大きな違いは見つかりません。どちらのブランドも原材料の品質については記載がありません。

気になった差としては、アイムスは酸化防止にBHA、BHTを使っているのに対して、ユーカヌバはビタミンEなどを使っています。

ただ、ユーカヌバは保存料にソルビン酸カリウムを使っていました。

アイムスのドッグフードってリニューアルで何が変わったの??

2016年のリニューアルで酸化防止にBHA、BHTが使われるようになりました。(それまではローズマリー抽出物を使用)

また、肉類(チキン、ターキー)から肉類(チキンミール、家禽ミール)に変更され、原材料の質が落ちたようにも取れます。

アイムスドッグフードのまとめ

アイムスドッグフードの特徴
  • 原材料の品質がよく分からない
  • 副産物使用の有無が不明
  • 合成の着色料・香料不使用
  • リーズナブル
  • 小粒を選べる
  • 原材料の表記があいまい
  • 合成の酸化防止剤を使っている
  • 小麦・トウモロコシを使用している
  • グレインフリーはない

アイムスのドッグフードについて私なりに調べた結果、いくつか気になる点はあるもののリーズナブルなフードという印象です。

避けるべき着色料は不使用ですが、飼い主によって意見の割れる合成の酸化防止剤を使用しています。

リニューアル前は使っていなかったので、リニューアルを機に別のフードに切り替えた人もいそうですね。

これらの理由から、ナチュラル志向の高い人とそうでない飼い主とで、意見の割れそうなフードという印象を受けました。

関連記事 RELATED POSTS