【アディクションドッグフードの評判は?】口コミと実際に試した私の評価!

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードの基本情報
価格(税込)/内容量
1,790円/450g

4,761円/1.8kg

20,900円/9.0kg

31,900円/15.0kg

※2021年3月12日「Amazon」にて確認
100gあたりの単価※1
約264~212円
1日あたりの料金※2
約174円
粒の大きさ
中粒(直径約1.3㎝、厚み約0.4㎝)
形状
コイン形
カロリー
428.5㎉/100g
メイン食材
ドライ鹿肉
原産国
ニュージーランド
ライフステージ
離乳~シニア犬
輸入代理店
ワイ・ケイ・エンタープライズ株式会社
住所
兵庫県赤穂市加里屋磯1120-117
電話番号
0791-42-9933
公式サイト
http://www.ykenterprise.co.jp/index.html

※1,1.8~15.0kg入りのg単価
※2,体重3kgの成犬が開封後45日以内に食べきれる1.8kg入りを66g/日あげた場合の計算

このページではアディクションドッグフードの口コミや、私が実際に購入してみた感想、実際にあげたことのある人の評判、最安値情報などをまとめました。

アディクションはフリーレンジ肉(放し飼いで育てた食肉)を使用し、ホルモン剤やステロイドを一切使わず、自然に近い環境で育てた食肉を使用しています。

食物アレルギーに配慮したつくりになっていて、4種類全てが単一の動物性たんぱく源を使ったフードになっています。

このページではアディクションのドッグフードについて知りたいこと、知っておくべき内容が全て分かるようにまとめました。

この記事を書いた人
ドッグフード愛好家
めぐみ
幼い頃からずっと犬の居る環境で育ってきました。今は住まいの関係で泣く泣く実家にお世話を頼んでいますが、小型のミックスと暮らしていました。実家はあまりフードに興味がなく、お世話をお願いしていることもあり、フードは私が送ったものをあげて貰っています。新しいフードは原材料をチェックして変なものが入っていなければ、自分でも味見する少しマニアックなドッグフード愛好家です。

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードを試してみました!


アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードを楽天市場で他のフードと合わせて購入しました。

楽天市場のショップにしては早い方で、月曜日に注文して土曜日に届きました。でもフードのストックが切れた時のことを考えるとやっぱり遅いですよね。

今回届いたアディクションドッグフードの賞味期限は約11ヵ月


届いたのが12月初旬だったので、今回届いたものは未開封なら賞味期限まで約11ヵ月あります。

「早めに~」としか記載が無かったので、一般的なドライフード同様に開封後は1ヵ月を目安に食べきるようにしましょう。

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードのジッパーはよく見るシングルタイプ


アディクションのジッパーはよく見るシングルタイプでした。このタイプは何度か出し入れしていると、だんだん閉じにくくなるんですよね。

以前は5kg以上の大袋にジッパーが無かったんですが、最近のリニューアルで大袋もジッパー付きになっています。

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードは中粒サイズ!香りもチェック!!


アディクション「ビバ・ラ・ベニソン」は、直径約1.3㎝、厚み約0.4㎝のコイン形です。

やや大きめなので子犬や超小型犬には食べ難いかもしれませんが、薄めなので噛む力の弱ったシニアなら問題なく食べられそうです。

ベニソンだからかドッグフード特有の香りではないけど癖のある香りがします。動物園っぽい匂いにも感じますね。ニオイは強くてしっかり香ります。

いざアディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードを私が実食!


うちの子の場合、だいたい3kgなので1日の給餌量は約50g、1食分の25gを取りました。見た目は普通ですね。表面は粉っぽくて油っぽさはありません。手でも割れる程度の硬さです。

さっそく一粒食べてみるとザクッという食感が第一印象です。味は一般的なチキンベースのフードと同じでザラザラしたツブツブが口の中に残ります。

ドッグフード特有の香りはないんですが、独特で癖のある香りが口に広がります。これはこれで口の中に入れているとウェッとなります。

正直、私が食べても全く美味しいとは思いませんが、この独特な香りが犬にとっては食欲をそそる香りなのかもしれませんね。

アディクションはお肉以外の食材に関する情報が見つからなかったので、味見だけにしておきました。

市販のドッグフードは飼料用の食材を使ったものも多いので人間が味見をする時は注意してくださいね。

次に、実際にアディクションのドッグフードをあげている方や、試したことのある人の口コミを見てみましょう。

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードの評判や口コミまとめ

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードに関するリアルな口コミをインスタやツイッターなどのSNS、楽天やアマゾンなどから探しました。

ツイッターでは「ベニソン」の口コミを見つけ出せなかったので、楽天とアマゾンの口コミをメインにまとめました。

基本的には投稿日が新しく、内容の良し悪しが分かりやすい口コミをまとめています。

アディクションドッグフードの悪い口コミ

犬も好きそうだし良いフードだと思うのですが、これをあげると水分がすごく少なく硬い便になります…。

牛系全般とニシン(鯡)と小麦系とトウモロコシのアレルギーを持っているもうすぐ4歳になるトイプーの女の子。
ウルフブラットと混ぜて段々と涙やけが酷くなった。
混ぜて現時点で5月5日やっぱり涙やけ酷くなってる。
うんピッピは臭いです。
お水をよく飲むようになった。
ベニソンが合わないのか…
娘本犬は、喜んで食べています。

価格がネック
うちは何でも食べるレトリバーたちなので食い付きの良さは当たり前。良いフードですが、もうちょと安いとありがたいかな。

鹿は大好き!
こちらも大好き。
やっぱり鹿!でもね、多頭飼い。
でもね、やっぱり、10日持たない。
フードとしてはいいですよ。

あまり食べてくれませんでした
商品自体はとても良い物でしたが、我が家のワンコ達はあまり食いつきが良くなくて残念でした。

アディクションドッグフードの良い口コミ

リピートしてます!
0歳からずっとこれです。よく食べますし、今3歳ですが毛並みが良いし、とっても元気です。

臭いがすごい!笑
獣臭?みたいな凄い臭いがします。笑
きっとその臭いが、鹿肉を沢山使っている証拠なのだと思います。
我が家の犬達は消化器系が弱くドッグフードが合わないと嘔吐、下痢をおこします。
今まで高いのから安いのまで色々なドッグフードを試して来ました。
有名な評価の高い獣医師推奨の通販限定のドッグフードなども試しましたが
どれも合わなくて駄目でした。
ネットで消化器系の弱い子には鹿肉がいいと知り色々調べてこちらのドッグフードに辿り着き試してみたところ
食いつきが良く下痢もせず嘔吐もなくなりました!!
消化不良で戻す事もなくなり便もとても良い状態です。
もっと早くこちらのドッグフードを知っていれば…>_<。。 ドッグフード探しの旅にようやく終止符を打てました!
とても良いフードです。
粒自体が少し大きめですが平たいのでお湯でふやかしてあげれば13歳のうちの子でも問題なく食べれます。アレルギー持ちなので色々なフードを試してみましたがアディクションの鹿肉がウンチの状態も含めて1番良いです。これからも続けていきたいフードです。

喜んで食べる事。
アディクションのサーモンはいつも購入してます。ベニソンを初めて頼んでとても喜んで食べました。キオアラのベニソンは少しお高めなので こちらにします。カンガルーは届いて開けたら粉々で がっかりしました。でもフードが無くなったので仕方なくあげてます。サーモンとベニソンはいいです。まだラムは頼んだ事がないので今度試してみようと思います。

いい感じです。
痒みが出たのでアレルギーがあるのかと考え色々試してベニソンは食いつきが良いので価格も考慮しながら探して辿り着きました。今のところ食いつきもよくウンチも良好で量も臭いも少ない気がします。ツブも薄めなので食べやすそうです。このまま食べてくれればリピします。

アディクションドッグフードの口コミまとめ!

悪い口コミまとめ
  • うんちが硬くなる
  • 涙やけが酷くなった
  • うんちが臭い
  • もう少し安いとありがたい
  • 多頭飼いには少ない
  • あまり食べてくれなかった
  • 獣臭みたいな凄い臭いがする
  • 粒が少し大きめ

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードの悪い口コミを集めたところ、上記のような内容が見られました。

「食いつき」や「うんち」「涙やけ」については相性や好みの問題で、他のフードでもよく見られる内容なので、一定数は仕方のない内容と言えます。

「値段」は確かに高めですね、ただ、市販のフードとは違い単一たんぱく源を使い、原材料も人間が食べられる高品質なものを使っているので、仕方ない部分と言えます。

「凄い臭い」については個人差もありますし確かに独特な香りですが、犬にとっては食欲をそそる香りなのかもしれませんね。

「多頭飼いには少ない」といった意見も見られました。9kgの取り扱いもありますが、1.8kgとの間に5kg程度のサイズがあると良いかもしれませんね。

「粒の大きさ」は犬種によって変わりますが、確かに超小型犬には少し大きく感じるサイズかもしれません。

全体的には良い内容が多くて、悪い口コミは少なめでした。そのため、2016年頃の古い口コミも含んでいます。

良い口コミまとめ
  • 0歳から3年食べ続けている
  • 毛並みが良いし元気
  • 下痢も嘔吐もなくなった
  • アディクションの鹿肉が一番良い
  • 喜んで食べる
  • ウンチが良好で量も臭いも少ない気がする
  • 粒が薄くて食べやすそう

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードの良い口コミを集めたところ、上記のような内容が見られました。

「毛並み」や「下痢・嘔吐」「食いつき」については、他のフードでもよく見られる内容ですし、好みや相性によるのであまり期待し過ぎない方が良いですね。

「薄くて食べやすそう」というのは私も同意見です。粒は直径約1.3㎝で、厚みが約0.4㎝ほどなので大きく見えますが、意外と食べやすそうです。

アディクションの口コミをまとめたところ、特に気になる内容は無く、他のフードでもよく見られる内容ばかりでした。

全ての口コミをチェックした訳ではありませんが、悪評や過剰な評判などは気にしなくて良さそうです。

アディクションドッグフードのメリット・デメリット

アディクションドッグフードのメリット
  • 検疫の厳しいニュージーランド産
  • 放し飼いで育てた食肉を使用
  • お肉のホルモン剤やステロイドの心配がいらない
  • 着色料や香料など化学的な添加物は不使用
  • 酸化防止にナチュラル成分を使用
  • 単一たんぱく源でアレルギー対策になる
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 副産物不使用
アディクションドッグフードのデメリット
  • お肉以外の原材料のグレードに関する情報が少ない
  • 値段が高い
  • 容量が1.8kgの次が9kgとやや扱いにくい
  • 公式通販サイトがない

アディクションドッグフードのメリットとデメリットをまとめました。

ニュージーランドは世界で最も厳しい食品安全管理体制を取っている口の一つで、ドッグフードについて詳しい方の中には、ニュージーランド産というだけで安心感を持てる方もいます。

そんなニュージーランドで放し飼いで育てた食肉を使っているので、ホルモン剤やステロイドなどの心配がなく、高品質なお肉を使われているのがアディクションです。

ただ、お肉以外の野菜や果物に対しても、原材料のグレードについて情報があるとより安心できるのになぁ、と思いました。

「野菜や果物も全てニュージーランド産」や「ビタミンやミネラルも人間品質」などの記載があると、全然印象が違いますよね?

高品質な原材料を使っているので、値段が高いのは仕方ないんですが、1.8kgの次が9kg入りで小型犬が人気の日本では少し扱いにくいサイズ感なのもデメリットと言えます。

また、他のメーカーでは梱包などのトラブルも起こっているので、できれば公式通販サイトがあると安心だと思いました。

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードの原材料や成分を評価!

​ドライ鹿肉、ドライポテト、ドライタピオカ、鶏脂肪(鶏たん白質除去)、エンドウ豆、天然香料、ひきわりフラックスシード、ドライケルプ、ドライクランベリー、ドライリンゴ、ドライほうれん草、ビール酵母、ドライ乳酸菌類、塩化ナトリウム、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、硝酸チアミン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸、タウリン、塩化コリン、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、炭酸カルシウム、硫酸銅、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム、酸化防止剤(緑茶エキス、ローズマリーエキス、スペアミントエキス)

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードの原材料一覧です。原材料で「避けたい添加物」や「不安な原材料」はありません。

動物性たんぱく源は鹿肉のみ、鶏脂肪のたんぱく質を除去してあるので、食物アレルギー対策としてもおすすめのフードです。

香料も天然由来ですし、酸化防止剤も天然成分を使ったナチュラルなつくりになっているので、安心してあげられます。

できれば、「お肉以外の食材(野菜や果物)もニュージーランド産」などの記載があると、より安心してあげられる点は残念です。

少し厳しい目線でチェックしましたが、市販のフードと比べると非常に安心感のあるフードと言えます。

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードの成分
たんぱく質 26.0%
粗脂質 14.0%
粗繊維 3.5%
灰分 9.0%
水分 10.0%
エネルギー(100gあたり) 428.5㎉

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードは、AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たしたオールステージ対応の総合栄養食です。

子犬からシニア犬まで、量の調節だけで食べられます。ただ、ベニソンは4種類あるアディクションの中でもかなり栄養価が高いです。

100gあたりのエネルギー量は428.5㎉で、一日あたりの給餌量を考慮した場合の摂取カロリーも高め(体重3kgの子で66g、約282㎉/日)です。

そのため、4種類の中でもベニソンは多くの栄養を必要とする子犬や小食の子におすすめのフードと言えます。体型が気になる成犬にはラムやカンガルーを選んであげると良いでしょう。

【最安値はどこ?】楽天・アマゾンでアディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードの価格を徹底比較!!

楽天 Amazon
450g 1,815円
(+送料710円)
1,790円
(初回送料無料)
900g 2,970円
(+送料594円)
2,970円
1.8kg 5,390円 4,761円
9.0kg 26,620円 20,900円
15.0kg 36,300円 31,900円
送料 記載がなければ無料 無料

※特に記載が無ければ価格は税込表示
※価格は2021年3月11日に確認

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードの値段を楽天・Amazonで比較したところ、Amazonが最安値でした。

公式通販が無いので、楽天とAmazonの比較となりましたが、商品価格・送料込みの価格どちらもAmazonの方がお得です。

特に、450gはAmazonだと初回の送料が無料なので、超小型犬でお試ししたい方におすすめです。

【違いは?オススメはどっち?】アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)とUMAKA(うまか)を比較


アディクション
(ビバ・ラ・ベニソン)

UMAKA
(うまか)
内容量 0.45~15.0kg 1.5kg
通常価格 1,790~31,900円 5,478円
最安値 4,930円
最安値の100g単価 約212円 約328円
1日あたりの料金※1 約50円 約282円
たんぱく質 26% 24.5%
脂質 14% 11.5%
エネルギー(100g中) 428.5㎉ 345㎉
原産国 ニュージーランド 日本

※価格は税込表示
※1,開封後45日以内に食べきれるサイズを体重3kgの成犬にメーカー推奨量を与えた場合の値段

アディクション(ビバ・ラ・ベニソン)ドッグフードと、人気のUMAKA(うまか)を比較してみました。

コンセプトが異なるフードなので単純な比較は難しいんですが、値段だけで見るならアディクションがおすすめですね。1日あたりの料金は約1/2で済みます。

それでいて食品衛生の厳しいニュージーランドの、放し飼いで育てた食肉を使用しているので安心感もあります。

UMAKAはビタミン・ミネラルも含めて全ての原材料が人間品質です。なので、原材料にこだわっているのはUMAKAと言えそうです。

ただ、栄養価がかなり違うので、子犬にはアディクション(ベニソン)成犬にはUMAKAという使い分けもおすすめです。

ただ、どんなに優れたフードでも、「食いつき」や「相性による下痢・軟便」は付いて回るので、値段も考慮した上で愛犬にあったフードを探してあげましょう。

アディクションドッグフードの種類と特徴を紹介!

ドライフードの種類

アディクションには大きく分けて2種類のドライドッグフードがあります。ここからは各カテゴリー毎に全12種類の特徴と保証成分値をご紹介します。

ドライフード

商品名 たんぱく質 脂質 カロリー(100g中) 値段※
ワイルドカンガルー&アップル
(カンガルー肉)
22% 11% 340.9㎉ 1,790円/450g
4,950円/1.8kg
24,200円/9.0kg
ビバ・ラ・ベニソン
(鹿肉)
26% 14% 428.5㎉ 1,790円/450g
4,861,円/1.8kg
20,900,円/9.0kg
31,900,円/15.0kg
サーモンブルー
(サーモン)
24% 13% 346㎉ 1,571円/450g
3,960円/1.8kg
17,600円/9.0kg
25,453円/15.0kg
ル・ラム
(ラム肉)
22% 12% 324㎉ 1,353円/450g
3,614円/1.8kg
14,343円/9.0kg
19,899円/15.0kg

※値段は税込で2020年3月12日「Amazon」の価格を参照

アディクションのドライフードは「カンガルー」「鹿肉」「サーモン」「ラム」の4種類で、それぞれ単一の動物性たんぱく源のみ使用しています。

また、4種類ともグレインフリー(穀物不使用)で、全年齢に対応したオールステージ用フードです。

ただ、比較表を見ても分かるように、フードによってたんぱく質やエネルギーの値がかなり異なるので、子犬には鹿肉味がおすすめです。

1歳近くになって体型が気になるようになってきたら、他の味に変えてあげると良いでしょう。

カンガルーと鹿肉は食物アレルギー対策のフードとしても珍しいので、愛犬のアレルギー対策に悩んでいる方は試してみると良いでしょう。

低温乾燥フード

商品名 たんぱく質 脂質 カロリー(100g中) 値段※
アウトバックカンガルーフィースト
(カンガルー/アップル)
21% 10% 370㎉ 1,551円/113g
5,292円/900g
パーフェクトサマーブラッシュテイル
(ブラッシュテイル/サンフラワーシード)
20% 10% 347㎉ 4,851円/900g
ニュージーランドフォレストデリカシー
(ブラッシュテイル・ベニソン/アクティブマヌカハニー)
22% 11% 354㎉ 1,551円/113g
5,390円/900g
ホームスタイルベニソン&クランベリーディナー
(ベニソン/クランベリー)
22% 13% 357㎉ 5,292円/900g
18,414円/3.6kg
フィグリシャスベニソンフィースト
(ベニソン/イチジク)
19% 10% 349㎉ 1,895円/113g
5,292円/900g
20,088円/3.6kg
ハーブラム&ポテト
(ラム肉/タイム・ローズマリー)
19% 22% 410㎉ 4,644円/900g
15,444円/3.6kg
ステーキハウスビーフ&ズッキーニエントリー
(ビーフ/ズッキーニ)
19% 10% 339㎉ 4,257円/900g
15,444円/3.6kg
カントリーチキン&アプリコットディナー
(チキン/アプリコット)
21% 15% 392㎉ 1,980円/300g
4,644円/900g
15,444円/3.6kg

※値段は税込で2020年3月12日「Amazon」の価格を参照

アディクションの低乾燥フード(Raw Dehydrated Food)は全部で8種類、こちらも基本は単一たんぱく源を使ったつくりになっています。(ニュージーランドフォレストデリカシーのみブラッシュテイルと鹿肉)

ドライフードとの違いは時間をかけて脱水(低温乾燥)することで、素材の持つうま味や栄養を保てるそうで、ドライフードのようにギブルにはなっておらず、粉末に近い状態です。

ドライフードのトッピングとしても使えますし、水を加えてペースト状にしてあげることもできます。

手間がかかっている分、ドライフードよりも割高で珍しい「ブラッシュテイル(フクロギツネ)」を使ったフードもあり、食物アレルギー対策にもおすすめです。

公式サイトでは113g・300g・900g・3.6kgの4サイズなんですが、Amazonでは取り扱いの無いサイズがありました。

アディクションのドッグフードを1日にあげる給与量・給餌量はどれくらい?


アディクションの給餌量はかなりアバウトな記載しかありません。そのため、パッケージに記載されている給与量を参考に、目安となる量を計算しなければいけません。

アディクションの給餌量を計算する方法

・体重1kgあたりの給与量を計算する
100(g)÷4.5(kg)=22.222…

・体重3kgの子の場合
22.222×3=66.666…

こちらもかなり大雑把な計算ですが、目安量としてはこれで十分です。そもそも、パッケージに記載されている給餌量はあくまで目安となる量です。

太っている子もいれば痩せている子もいるので、体重に対して給餌量を決めるのは適切ではありません。

先の計算で出た目安量を与えて、翌日のうんちの様子によって給餌量を調節していくことで、その子に1日にあげるベストな量が分かります。

うんちは食べ過ぎでゆるく少ないと硬くなる傾向があるので、うんちが食べごろのバナナくらいの硬さになるまで、量を調節しましょう。

これで体重が増減する場合は、さらに量を調節してあげると良いでしょう。

アディクションのドッグフードでよくある質問Q&A

アディクションのドッグフードに関してよくある質問をQ&A形式でまとめました。

アディクションドッグフードのお試しサンプルってないの?

pet-dining」というペットフード専門店で、アディクションドッグフード(通常のドライフード4種類のみ)のお試しサンプルを提供していました。

こちらのショップではサンプル自体は無料でしたが、別途送料が発生します。また、各20gを1回の注文で2つ(各種1個まで)という条件付きでした。

他では見かけなかったため、ショップの厚意のようです。品切れや提供を止めることもあるので予めご了承下さい。

アディクションドッグフードの正規品を買える販売店はどこ?

公式サイトでは特に取扱店に関する情報はありませんでした。購入先のページに「ワイ・ケイ・エンタープライズ株」や「YKエンタープライズ」と記載のあるショップを選ぶと良いでしょう。

アディクションドッグフードのまとめ

アディクションドッグフードの特徴
  • 検疫の厳しさで世界有数のニュージーランド産
  • 放し飼いで育てた食肉を使用
  • お肉のホルモン剤やステロイドの心配がいらない
  • 香料や着色料不使用
  • 酸化防止にはナチュラル成分を使用
  • 基本的にたんぱく源が単一
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 珍しいたんぱく源を使ったフードもある
  • お肉以外の原材料のグレードに関する情報が少ない
  • 容量が1.8kgの次が9kgとやや扱いにく
  • 公式通販サイトがない

アディクションのドッグフードは、検疫・食品衛生共に厳しいニュージーランド産で、使っている食肉のホルモン剤やステロイドの心配がありません。

フード自体も避けたい添加物は不使用で、酸化防止にはナチュラル成分を使用しています。たんぱく源が単一なので、食物アレルギーの対策にも優れています。

市販フードに比べると値段が高かったり、容量がやや扱いにくいといった問題はありますが、安心安全なフードを選びたい方におすすめの商品です。

関連記事 RELATED POSTS