【アカナドッグフードの評判は?】口コミと実際に試した私の評価!

アカナのアダルトスモールブリードドッグフードの基本情報
価格(税別)/内容量
1,100円/340g

5,000円/2.0kg

12,000円/6.0kg

※2020年10月30日「ACANA Official SHOP」にて確認
100gあたりの単価※1
約250~200円
1日あたりの料金※2
約120円
粒の大きさ
中粒(直径約1.2㎝、厚み0.3㎝)
形状
コイン形
カロリー
351㎉/100g
メイン食材
新鮮鶏肉、鶏肉ミール
原産国
カナダ
ライフステージ
1歳以上の成犬~シニア犬まで対応
販売会社
アカナファミリージャパン
住所
福岡県福岡市南区鶴田4-3-18
電話番号
092-567-7377
公式サイト
現在飛び先サイトが開けないため一部の情報を非開&飛び先URLを掲載しておりません

※1,2.0kg~6.0kg入りのg単価
※2,体重3kgの成犬が開封後45日以内で食べきれる2.0kg入りをメーカー推奨量通りにあげた場合の計算

このページではアカナ(アダルト・スモール・ブリード)ドッグフードの口コミや、私が実際に購入してみた感想、実際にあげたことのある人の評判、最安値情報などをまとめました。

アカナのコンセプトは「犬は狼同様に肉食であり、肉・魚が豊富な食事が理想」というオリジンと同じですが、オリジンよりも肉類の使用量が少なくなっています。

値段も高いんですが、肉類の使用量が多く安心安全度が高いので、愛犬家の間では人気の高いフードの一つです。

このページではアカナドッグフードについて知りたいこと、知っておくべき内容が全て分かるようにまとめました。

この記事を書いた人
ドッグフード愛好家
めぐみ
幼い頃からずっと犬の居る環境で育ってきました。今は住まいの関係で泣く泣く実家にお世話を頼んでいますが、小型のミックスと暮らしていました。実家はあまりフードに興味がなく、お世話をお願いしていることもあり、フードは私が送ったものをあげて貰っています。新しいフードは原材料をチェックして変なものが入っていなければ、自分でも味見する少しマニアックなドッグフード愛好家です。

アカナのアダルトスモールブリードドッグフードを試してみました!


アカナの「アダルトスモールブリード」ドッグフードを、楽天市場で他のフードと合わせて購入しました。

楽天市場のショップでは珍しく、月曜日に注文して水曜日に届きました。

今回届いたアカナの賞味期限は10ヵ月


届いたのが12月初旬だったので、今回届いたものは未開封なら賞味期限まで約10ヵ月あります。

特に記載はないので、他のドッグフード同様に開封後は1~1.5ヵ月を目安に食べきると良いでしょう。

アカナの340g入りはジッパー無し!


アカナの340gは保存用のジッパーが付いていません。340gなら食べきりサイズなので劣化は心配しなくて良いでしょう。

調べたところ、ジッパーが付いているのは2kg入りだけでした。6kgを購入する場合、密閉容器などを用意した方が良さそうです。

アカナ アダルトスモールブリードは中粒サイズ!香りもチェック!!


アカナ「アダルトスモールブリード」ドッグフードは、直径約1.2㎝、厚み約0.3㎝のコイン形です。


香りは魚っぽい香りを強く感じました。しばらく嗅いでいると後からドッグフード特有の香りと遠くでスルメっぽい匂いがしてきました。

原材料的にはチキンや七面鳥が多いんですが、魚なども使っているからかドッグフード特有の香り以外にも、コクのある不思議な香りがしました。

いざアカナを私が実食!


うちの子の場合、だいたい3kgなので1日の給餌量は約48g、1食分の24gを取りました。粒が大きくて隙間があるせいか、見た目の量は少なめに感じます。

表面がかなり粉っぽいですね。さっそく一粒食べてみると遠くで塩気があり魚っぽい味がします。正直、よくあるドッグフードと味の違いは分かりません。

正直、私が食べても全く美味しいとは思いませんし、私の味覚ではジャンクな香りのするフードと似た味に感じました。嗅覚の鋭い犬には違いが分かるのかもしれませんね。

アカナは人間も食べられる原材料で作られていますが、市販のドッグフードは飼料用の食材を使ったものも多いので人間が味見をする時は注意してくださいね。

次に、実際にアカナのドッグフードをあげている方や、試したことのある人の口コミを見てみましょう。

アカナのアダルトスモールブリードドッグフードの評判や口コミまとめ

アカナの「オリジナル」ドッグフードに関するリアルな口コミをインスタやツイッターなどのSNS、楽天やアマゾンなどから探しました。

SNSにもたくさんの口コミがありましたが、今回レビューした「アダルト・スモール・ブリード」の口コミだけを集めたかったので、楽天とアマゾンの内容がメインになっています。

基本的には良し悪しが分かりやすくて、投稿日の新しいものを厳選しています。

アカナドッグフードの悪い口コミ

食べない
5歳トイプードルですがひと口食べただけで、全く見向きしなくなってしまいました。今まで色々なフードを試してきましたがこれは特に嫌いの様です。残念ですがゴミ箱行きです。

ウチの子にはダメでした(泣)
最近、ご飯にまた飽きてきて色々とお試しを。
アカナはウチの好き嫌い激しい子にはダメでしたので、、☆1で。
1粒の臭いを嗅いだだけでダメでした(泣)
お試しがあって良かったです!!

フードの袋に大きな穴が空いていた!
定期購入しているリピーターですが先日3月中旬に到着した新品のフード袋に大きな穴が空いてました。
あの分厚い素材の袋に刃物で切られた様な長さ3センチ程の穴が空いており、到着した箱もしっかりしており運送中のトラブルも考え難く最初から穴が空いていたと考えます。
初めて返品手続きを進めようとしましたがこの商品はAmazonの通常返品手続きでは返品交換出来ない事が判かり泣き寝入りしようかと思いましたが直接メールしました。
現在返信待ちです。

4匹多頭飼
餌を他のから切り替えた時は、一週間誰も食べてはくれなかったので、食いつきが良いと言う点では分かりませんが、しかし餌のニオイはとても美味しそうに感じましたが、私は試食出来ないので(笑)
その後バラバラに食べてきてはくれましたが、食いつきは未だに良くは無いです。
もう少し続けて見るか?考え中です。

身体に良い餌を探してます。

食いつきが
トイプードル姉弟5歳の2頭飼いで最近、男の子の方がアレルギー反応なのか良く手足をなめます。生後から注意して与えてたのですが今回アカナさんにしてから食べてくれません。頑固です。朝はまったく反応せず困ってます。前のエサも混ぜますが駄目です。このままだと夏ばて心配です。

アカナドッグフードの良い口コミ

喜んで食べます
成犬用に切り替えるタイミングでアカナに変えました。子犬の時に食べていたものは食いつきが悪く苦労しましたが、これはあっという間に完食です。こんなことならパピー用もこれにしておけば良かった!

美味しい
グルメな愛犬も喜んで食べました!
いままで、クラシックレッドを与えていましたが粒が大きくて食べ辛そうに感じていたので、小型犬用を見つけて早速チャレンジ。
大きさも味もちょうど良いみたいで、いまのところ飽きずに食べてくれてます。

小型犬用もいろんな種類があると尚嬉しいです!

あ、人が食べても美味しいフードなのでワンコも喜びますよ笑

小粒で食べやすそうです
他社のフードをずっと食べていましたが、最近食べが悪くなり、お試しで買ってみたらすぐに食べてしまいとても美味しそうです。
ライトも試しましたがあまり好みではない様子でこちらに戻りました

食べてくれる!
ポテトアレルギーのようで、ポテトの使われていないもので、安全そうなものをネットで探していました。
もともとあまり食に興味がなく、食べてくれないフードが多いのですが、こちらは、1袋目も1ヶ月以内に食べ切れて、いつもよりも飽きがきていないように見え、2袋目を購入しました。
真空になる保存ボトルの使用を始めたので、それも美味しさが持続して飽きが来ない理由の一つかもしれません。

よく食べてくれました。
1歳になったばかりのトイプードル君のために、いままで食べていたパピー用に少しづつ混ぜながらたべさせ始めました。アカナシリーズはやっぱり良いですね。
もともと食は細いですが、散歩後はバクバクと良く食べてくれるし、栄養面も良く毛艶が違うような気がします。薄く平べったい粒なので食べやすそうです。
また、サイズもちょうどいい漢字です。
アカナは食材が豊富なので、他の種類の物もスモールタイプが出れば嬉しいです。
あと、今回はオマケが入っていませんでした。 次回、購入するにあたっての参考になるので入ってたら嬉しかったです。
色々な愛犬家の方々のレビューなどを参考に今後、他の種類のフード購入を検討したいと思います。

アカナドッグフードの口コミまとめ!

悪い口コミまとめ
  • 食べなくなった
  • パッケージに穴が開いていた
  • 食いつきが良くない
  • 手足を舐めるようになった

アカナの「アダルトスモールブリード」ドッグフードに関する悪い口コミを探しましたが、良い口コミが大半で悪い口コミはほとんど見つけられませんでした。

なので基本的には新しい投稿から紹介していますが、中には2018年頃の口コミも含んでいます。

「食べなかった」「手足を舐めるようになった」「食いつきが良くない」といった内容は、好みや食材との相性による部分が大きいです。

値段が高いので嗜好性に期待してしまう気持ちは分かるんですが、「高い=食いつきが良い」という訳ではありません。

パッケージの穴については、アマゾン内で上記の他にも同様の口コミが見られました。調べてみるとアマゾンに出品しているのは公式ショップではないようです。

品質が不安な方は「ACANA Official SHOP」など、公式ショップからの購入が良いでしょう。

良い口コミまとめ
  • 気軽に試せる
  • よく食べる
  • (アカナの中では)粒が小さくて食べやすそう
  • 人も食べられる安心感
  • 毛ヅヤが良いような気がする

アカナ「アダルトスモールブリード」ドッグフードの良い口コミを集めました。アカナは「アダルトスモールブリード」に限らず、とにかく評価の高い口コミが多いです。

中でも「よく食べる」といった内容が多く見られましたが、反対意見もあったので、100%の子が食べてくれる訳ではありません。

小型犬用ということもあって、アカナの中では粒が小さめなのも良いようですね。確かに、アカナの商品はどれも10㎜以上の楕円形なので、小型犬には少し大きく感じます。

人が食べられる品質の食材を使っているので、飼い主も安心して食べられるフードを愛犬にあげられます。

楽天でもAmazonでも悪い口コミはごく一部で良い口コミが大半でした。もっと口コミが気になる方は次のボタンから探してみると良いでしょう。

アカナドッグフードのメリット・デメリット

アカナドッグフードのメリット
  • 商品によって1~5種類のお肉を使用
  • 安心・安全
  • 味の種類が豊富
  • 添加物がほぼゼロ
  • 肉・魚が全体の60~75%を占める贅沢なつくり
  • 低炭水化物
  • 人間も食べられる食材を使用
  • 口コミが多い
アカナドッグフードのデメリット
  • どの商品も粒が大きい
  • 種類が多すぎて悩む
  • 姉妹ブランドのオリジンとの違いが分かりにくい
  • 値段が高い
  • たんぱく源・食材の種類が多い
  • 販売店が多すぎて品質管理が心配
  • 平行輸入品も出回っている

アカナには20種類のドライドッグフードがあり、商品によって1~5種類の肉類を使って作られています。

全ての食材が人間も食べられる高品質なものを使用しているので、飼い主も安心して味見することができます。

添加物は最低限で、ビタミンやミネラル・乳酸菌、酸化防止にビタミンEなどを商品によって1~6種類配合しているだけです。

一応、「パピー(子犬用)」や「シニア(老犬用)」「ライト&フィット(ダイエット向き)」などもありますが、種類が多すぎて選びにくいというデメリットもあります。

また、オリジンとの違いが分かりにくいことや、市販のフードと比べるとかなり割高な点、品質面で不安な並行輸入品が出回っているといったデメリットもあります。

アカナ(アダルトスモールブリード)の原材料や成分を評価!

新鮮骨抜き鶏肉(12%)、鶏肉ミール(12%)、七面鳥肉ミール(12%)、赤レンズ豆、丸ごとグリンピース、そら豆、鶏肉脂肪(5%)、新鮮鶏臓器(レバー、ハツ、腎臓)(4%)、ニシンミール(4%)、新鮮全卵(4%)、新鮮丸ごとカレイ(4%)、ニシン油(2%)、日干しアルファルファ(2%)、緑レンズ豆、丸ごとイエローピース、えんどう豆繊維、新鮮鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮丸ごとパースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとクランベリー、新鮮丸ごとブルーベリー、チコリー根、ターメリック、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ、フェシウム菌(ビタミンEとローズマリーで天然保存)
添加栄養素:亜鉛

上記はアカナ「アダルト・スモール・ブリード」ドッグフードの原材料一覧です。原材料で「避けたい添加物」や「曖昧な表記」はありません。

全体の60%が動物性食材というのを売りにしていることもあって、動物性食材には使用量をパーセント表示しています。

よく粗悪なフードに使われる原料として「〇〇ミール」が挙げられますが、アカナで使われている原材料は全て人間も食べられる品質で、お肉を乾燥させたものなので心配いりません。

合成した保存量や酸化防止剤は不使用で、添加物としては「亜鉛キレート」と「腸球菌フェシウム」のみです。

「亜鉛」は食材からとるのが難しいからで、「腸球菌」はお腹のために加えているので、犬にとって必要なものだけを入れているという感じです。

アカナ(アダルトスモールブリード)ドッグフードの成分
たんぱく質 31.0%
粗脂質 17.0%
粗繊維 5.0%
灰分 7.0%
水分 12.0%
オメガ6脂肪酸 2.6%
オメガ3脂肪酸 1.0%
カルシウム 1.4%
リン 1.1%
グルコサミン 1400㎎/kg
コンドロイチン硫酸 900㎎/kg
エネルギー(100gあたり) 351㎉

アカナのドッグフードはAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たした総合栄養食です。今回レビューした商品は小型犬用ですが中型~大型犬でも食べられます。

公式サイトでは上記の他にビタミンやミネラル・アミノ酸の含有量も公表しています。高たんぱくでとてもバランスのとれた印象です。

姉妹ブランドのオリジンは38~42%なのに対して、アカナは29~35%と控えめです。

それでもAAFCOの栄養基準では、「子犬で22.5%以上」、「成犬は18.0%以上」なので、栄養価が十分高いことが分かります。

市販のフードと比べるとかなり高たんぱくなので、腎臓への影響が気になる方もいるかもしれません。

高たんぱく食と腎臓の関係については意見が分かれるところでもあるので、飼い主によって評価の分かれるフードとも言えます。

【最安値はどこ?】楽天・アマゾンでアカナ(アダルトスモールブリード)の価格を徹底比較!!

公式サイト 楽天 Amazon
340g 1,100円 772円 1,600円
2.0kg 5,000円 3,750円 3,282円
6.0kg 12,000円 8,421円 7,800円
送料 870円~ 664円~ 無料

※特に記載が無ければ価格は税別表示
※公式は「ACANA Official SHOP」の価格を参考
※アマゾン・楽天の価格は2021年1月5日に確認

アカナ「オリジナル」ドッグフードの最安値を調べたところ、最安値はサイズによって変わることが分かりました。

340gなら楽天市場が最安値!

340gを購入するなら楽天市場が最安値です。ただし楽天市場では全てのショップ価格を調べた訳ではありません。

今回調べたショップは、北海道・中国・四国・九州・沖縄・離島で送料が高くなるので、このエリアの方はアマゾンの方がお得になる場合があります。

2.0kgならアマゾンが最安値

2.0kgならアマゾンが最安値です。楽天や公式サイトでは送料がかかりますが、アマゾンは送料込みで上記の価格になります。

楽天ではポイント倍率の高い人もいるかもしれませんが、送料も考慮するとアマゾンより1,132円以上高くなる計算になるので、アマゾンの方がオススメです。

6.0kgならアマゾンが最安値

6.0kgはアマゾンが最安値でした。ただ、調査日はたまたまタイムセールの対象となっていました。

そのため、アマゾンの通常だと楽天市場の方がお得になる場合もあります。6kgを購入する方は、どちらもチェックしておくことをおすすめします。

【違いは?オススメはどっち?】アカナとモグワンを比較


アカナ

モグワン
内容量 340g~6.0kg 1.8kg
通常価格 1,100~12,000円 3,960円
最安値 3,168円
最安値の100g単価 約200円 約176円
1日あたりの料金※1 約120円 約100円
たんぱく質 31.0% 30.0%
脂質 18.0% 12.0%
エネルギー
(100g中)
351㎉ 363㎉
販売方法 市販 自社通販のみ

※価格は税別表示
※1,開封後45日以内に食べきれるサイズを体重3kgの成犬にメーカー推奨量を与えた場合の値段

アカナの「アダルトスモールブリード」と人気の高いモグワンを比較したところ、私の感想としてはモグワンの方がおすすめです。

ただ、値段よりも安心安全を大事にしたい方にはアカナもオススメです。アカナの方が原材料の質や添加物の面では安心ですからね。

私がアカナを選べなかった理由は「値段」と「販売方法」です。正直、私にとってはモグワンでも高くてギリギリなんですよね。

アカナは楽天などで正規品を扱う安いショップを見つけられればお得なんですが、そうなるとそのショップの在庫管理が心配です。

モグワンは品質管理を自社で行うために自社販売にこだわっていますが、アカナは並行輸入品なども出ています。

モグワンもヒューマングレードの生肉・魚を使っているので、値段も考えるとモグワンで十分かなというのが私の感想です。

アカナドッグフードの種類と特徴を紹介!

シリーズ名 穀物の有無 動物性食材の割合
クラシック 50%
ヘリテージ × 60~75%
シングル × 50%
レジオナル × 70%

※シリーズ名をタップすると詳細にうつります。

アカナのドッグフードには4つのシリーズがあります。ここでは各シリーズについて簡単にまとめました。

「クラシック」はアカナで唯一オーツ麦(穀物)を使ったフードです。小麦やトウモロコシに比べてアレルゲンになりにくいので、穀物もバランスよくあげたい方におすすめです。

「ヘリテージ」はライフステージや犬種(成犬時の大きさ)に合わせたラインナップから選べます。

「シングル」はアレルギーを持っている子の為に、たんぱく源(アレルゲン)を1種類に限定したシリーズです。

「レジオナル」は全てが子犬からシニア犬まで、オールステージに対応した総合栄養食になっています。

次に、各シリーズ別商品の特徴を簡単にまとめました。

アカナ「クラシック」シリーズの種類と特徴

商品名 ライフステージ メイン食材 添加栄養素
プレーリーポートリー 全犬種・全年齢 鶏や七面鳥・卵とオーツ麦 6種
ワイルドコースト 全犬種・全年齢 3種の魚とオーツ麦 5種
クラシックレッド 全犬種・全年齢 ラム・牛・豚とオーツ麦 5種

クラシックシリーズは全3種類です。鳥類ベースの「プレーリーポートリー」、魚ベースの「ワイルドコースト」、家畜ベースの「クラシックレッド」があります。

それぞれメインとなる動物性食材を50%と、オーツ麦をベースにその他の野菜や果物でバランスをとっています。

クラシックシリーズではサプリメントとして、犬の健康に必要な栄養素を5~6種類添加しています。

アカナの中では添加栄養素が多いですが、市販のフードと比べるとかなり少なくて、犬が必要とする栄養素の大部分を食材に含まれる栄養で補えているのが分かります。

アカナ「ヘリテージ」シリーズの種類と特徴

商品名 ライフステージ メイン食材 添加栄養素
パピー・スモール・ブリード 小型犬子犬用 鶏や七面鳥・卵とカレイを70% 1種
パピー&ジュニア 中型犬子犬用 鶏や七面鳥・卵とカレイを70% 1種
パピー・ラージ・ブリード 大型犬子犬用 鶏や七面鳥・卵とカレイを70% 1種
アダルト・スモール・ブリード 全小型犬成犬用 鶏や七面鳥・卵とカレイを60% 1種
アダルト・ドッグ 全犬種・全年齢 鶏や七面鳥の肉・卵とカレイを60% 1種
アダルト・ラージ・ドッグ 大型犬成犬用 鶏や七面鳥の肉・卵とカレイを60% 1種
スポーツ&アジリティ 非常に活動的な犬用 鶏や七面鳥の肉・卵とカレイを75% 1種
ライト&フィット 1歳以上の全犬種用 鶏や七面鳥の肉・卵とカレイを65% 1種
シニア・ドッグ 7歳以上の全犬種用 鶏や七面鳥の肉・卵とカレイを65% 1種

ヘリテージシリーズは、犬種(大きさ)やライフステージ別に選べますが、ベースとなる動物性食材の種類は同じです。

犬種やライフステージ別に原材料の配合が変わるだけなので、好き嫌いの多い子に好みの味を探して試すのには向いていません。

添加サプリメントは「亜鉛」の1種類で、犬が必要とする栄養素のほぼ全てを食材からとれます。

アカナ「シングル」シリーズの種類と特徴

商品名 ライフステージ メイン食材 添加栄養素
グラスフェッドラム 全犬種・全年齢 ラム(50%) 4種
フリーランダック 全犬種・全年齢 鴨(50%) 3種
ヨークシャーポーク 全犬種・全年齢 豚(50%) 4種
パシフィックビルチャード 全犬種・全年齢 イワシ(50%) 3種

「シングルシリーズ」は4種類で、ラム・鴨・豚・イワシをそれぞれ50%ずつ使っています。残りの50%は野菜と果物で、穀物は不使用です。

栄養素は商品によって3~4種類加えています。たんぱく源(アレルゲン)がシンプルなので、特定の食材にアレルギーのある子にオススメです。

アカナ「レジオナル」シリーズの種類と特徴

商品名 ライフステージ メイン食材 添加栄養素
ワイルドプレーリー 全犬種・全年齢 鶏・七面鳥・3種の魚と卵を70% 3種
パシフィカ 全犬種・全年齢 5種の魚を70% 3種
グラスランド 全犬種・全年齢 ラム・鴨・七面鳥・2種の魚と卵を70% 3種
ランチランド 全犬種・全年齢 牛・ラム・豚・バイソン・魚1種を70% 3種

「レジオナル」シリーズはお肉・お魚を全体の70%以上に使った全犬種・全年齢対応のフードです。

家禽類と魚を使った「ワイルドプレーリー」魚だけで作った「パシフィカ」ラムをベースに家禽と魚をくわえた「グラスランド」牛・ラム・豚などの家畜で作った「ランチランド」があります。

ベースとなるたんぱく源が大きく変わるので、愛犬の好みを探すのにも良さそうです。

アカナとオリジンのドッグフードの違いは何?

アカナ オリジン
肉・魚の使用量 50~75% 85~90%
肉・魚の種類 3種類前後 6種類以上
生肉の割合 1/3以上 1/2以上
たんぱく質 29~35% 38~42%
炭水化物 30%前後 20%以下
2kgの価格 5,000円 5,100円

アカナとオリジンの大きな違いは動物性食材(肉・魚・卵)の使用量です。

オリジンの方がお肉の使用量が多くて、1つの商品に使っているお肉の種類も豊富です。ただ、その分アカナと比べると値段が高くなっています。

また、お肉の使用量に応じてオリジンの方が高たんぱく&低炭水化物になっています。

アカナとオリジンでどちらが良いのか?という質問をよく受けますが、飼い主の考え方や愛犬の体質にもよります。

アカナのシングルシリーズのように、たんぱく源を限定するとそれ以外のアレルゲンは心配いりませんが、逆に限定されたたんぱく源によるアレルギーの可能性が上がります。

反対に、オリジンのように多種のたんぱく源を含むフードは、一つ一つの食材でアレルギーを起こす可能性は減りますが、その分色んな種類でアレルギーを起こす可能性があります。

アレルギーだけでなく、食材との相性でも下痢や軟便になることがあるので、試してみないことには分かりません。

とは言え、どちらも安心安全で良いフードなのは間違いないので、値段の安いアカナから試してみてはどうでしょうか。

アカナドッグフードをあげる目安になる給餌量はどれくらい?

ベストな給餌量の調べ方
  1. パッケージに書かれた記載量からだいたいの量をあげる
  2. 翌日のうんちがゆるければ少し減らす/硬ければ増やす
  3. うんちを指で持った時に食べごろのバナナくらの硬さになればOK
  4. 体重の増減をチェックしながらさらに調節していく

アカナの「アダルトスモールブリード」は、パッケージに運動量の多い子/少ない子の給餌量しか記載がありませんが、記載の給餌量にこだわる必要はありません。

そもそも給餌量というのはあくまで目安であって、同じ体重3kgでも太っている子/痩せている子がいて、本来1日にとるべき栄養も異なるためです。

必ず給餌量通りにあげないといけない訳ではなく、残すこともあれば足りなくておかわりを欲しがる場合もあります。

なのでリストの1~4を参考に、短期的にはうんちの様子を見ながら、長期では体重の増減を見ながら量を調節してあげることでその子にとってベストな給餌量に落ち着きます。

どうしても目安量が知りたい!という方は、「安静時エネルギー要求量(RER)」と「係数」を用いた計算式を使うと良いでしょう。

「安静時エネルギー要求量(RER)」と「係数」を用いた計算式はここをタップ
まずは体重を目安に1日に必要なカロリー量「安静時エネルギー要求量(RER)」を求めます。

RER={(体重)0.75乗}×70

「0.75乗」は電卓だと次のように計算します。(70は共通の値となります。)

例:体重3kgの場合

3×3×3=27

27に対して√(ルート)を2回押す=2.27950……

2.27950に70をかける=約159.6

これで体重3kgの子の「安静時エネルギー要求量(RER)」が分かりました。次に係数をかけてその子が1日に必要とするカロリー量(DER)を計算します。

犬のエネルギー係数
  • 生後4ヶ月未満:3.0
  • 生後4~9カ月未満:2.5
  • 生後10~12カ月未満:2.0
  • 成犬で避妊去勢済み:1.6
  • 成犬で避妊去勢をしていない:1.8
  • 高齢犬や肥満傾向の犬:1.4
例:体重3kgの去勢済みの成犬が1日に必要とするカロリー(DER)

159.6×1.6=約255㎉

例:体重3kgの去勢済みの成犬にアカナを与える場合

アカナは351㎉/100gなので1gだと3.51㎉になります。

先ほど求めたDER÷3.6125で1日に与える量が分かります。

255÷3.94=約72g

大事なことなのでもう一度書きますが、大切なのは給餌量(目安)を守ることではなく、翌日のうんちの状態に合わせて量を調節することです。

アカナのドッグフードでよくある質問Q&A

アカナのドッグフードに関してよくある質問をQ&A形式でまとめました。

アカナドッグフードにはお試しやサンプル品ってないの?

アカナのドッグフードを取扱うお店でサンプル品を置いている場合があります。ペットショップなどの場合、無料で貰える場合もあるようです。

ただ、目当ての商品のお試し品があるかは分からないので、確実なのは楽天市場で「アカナ お試し」や「アカナ サンプル」などで検索するのが良いでしょう。

お金はかかりますが、サンプルサイズ(50g)の購入が可能です。

アカナドッグフードの取扱店を知りたいんだけど…

残念ながら、全国規模のペットショップなどでアカナの取り扱いがあるお店は確認できませんでした。

アカナにはオリジンのように正規品と分かるようなシールも無いので、楽天やアマゾンで【正規品】などと書かれたショップを探すしかなさそうです。

アカナドッグフードで涙やけは良くなる?

涙やけの原因は様々で、フード以外が原因になっている場合もあります。フードを変えると症状が変化する子なら、アカナを試してみる価値はあります。

とは言え、フードが原因でもアレルギーや腸内環境・飲水量など、色んなことが原因と言われているので、アカナ以外も試す価値はありますよ。

ただ、切り替えたからといってすぐに良くなるものではないので、試すなら数か月単位で試す必要があります。

アカナのアダルトスモールブリードドッグフードのまとめ

アカナドッグフードの特徴
  • 人間が食べられる原材料のみ使用
  • 安心安全
  • ビタミン・ミネラルも含めて添加物は最低限
  • 動物性食材が全体の50~75%
  • 香料や着色料は不使用
  • グレインフリー(穀物入りもあり)
  • 市販フードに比べて高たんぱく
  • 値段が高い
  • アレルゲンが多い
  • 並行輸入品が出回っている

アカナドッグフードは人間が食べられる品質の原材料を使用し、添加物は極力控えていて、酸化防止剤なども不使用です。

これは、ドッグフードに使う果物・野菜・植物に含まれるカロチノイドとフラボノイドが酸化防止に役立つためだそうです。

市販のフードだとビタミンやミネラルは、サプリメントを添加しているものが多いんですが、アカナでは多くても6種類。ヘリテージシリーズなら「亜鉛」だけです。

「クラシックシリーズ」はアレルゲンになりにくいオーツ麦を使用しているので、全てがグレインフリー(穀物不使用)という訳ではありませんが安心です。

正直値段は高いんですが、値段に見合うだけお肉の使用量も多くて、個人的には値段以外はおすすめできるフードです。

品質面で不安な並行輸入品が出回っているで、正規品を安く扱うお店を見つけられると良いですね。

関連記事 RELATED POSTS