ウォーターサーバーを使う6つのメリットを徹底解説

デザイン・用途で選ぶ

ウォーターサーバーは、安全でおいしい水やお湯がいつでも使用できる便利さが大きな魅力です。

その水は栄養面でも、衛生面でも魅力的。そのまま飲むのはもちろんのこと、家庭での料理や赤ちゃんのミルクを適温で作ることもでき、さまざまなシーンに活用できますよ。

お水をスーパーなどで購入している方にとっては、持ち運ぶ手間が省けますし、水道水より自分好みの美味しいお水が利用できます!

この記事では、ウォーターサーバーを利用する6つのメリットをご紹介していますので、ウォーターサーバーの導入を検討している方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

ウォーターサーバーのメリット(1)重い水の運搬から解放

ウォーターサーバーを導入するメリットの1つとして、「お水の持ち運びが不要」というものがあります。

ミネラルウォーターは持ち運びが大変

スーパーなどでミネラルウォーターを購入した場合、自宅に持ち帰るのは一苦労ですよね。ウォーターサーバーを導入することで、お水を購入後に持ち運びする必要がなくなります。

注文したお水は、メーカーによって異なりますが玄関まで運んでくれます。また、アクアクララやクリクラなど自社配送のメーカーの場合、自宅の中まで運んでもらえるケースも。

ただ、ウォーターサーバーのデメリットとしては、重たいお水ボトルの交換作業があります。お水ボトルは一般的なサイズで12Lなので重さも約12kg。女性や高齢者にとってはお水交換も重労働です。

とはいえ、お水ボトルが小さいタイプのウォーターサーバーや、お水交換が簡単なウォーターサーバーを選べばこのような問題も解決できます。

このように、ウォーターサーバーを導入することには、お水の持ち運びが楽ちんになるというメリットがあるのです。

ウォーターサーバーのメリット(2)安全でおいしい水が飲める

日本の水道水は世界的に見れば非常に安全で、日本全国どこの地域の水道水でも安全に利用できます。とはいえ、水道水が汚染トラブルに見舞われている可能性も完全には否定できません。

家の中の水道の配管に鉄さびが発生している場合は汚染の大きな原因となります。この場合の特徴としては赤い水が出ることです。

また黒い水が出る場合もあります。水道水の中に含まれる微量のマンガンイオンが残留塩素で酸化されて鉄の配水管に付着。その付着した二酸化マンガンなどが水の流れで剥離し、水道水に混じっているという場合、黒い水が出ることがあるのです。

他に白い水が出る場合もあります。考えられる原因としては空気によるもので、給湯設備の場合は水道水が過熱されて白濁することがあります。水道水をコップなどに入れたときにコップの下の方から次第に透明になる場合は空気が原因と考えられ、安全性は問題ないようです。

また、カルキ臭がする場合もあります。水道水は塩素消毒が義務づけられていますので、残留する塩素臭(カルキ臭)を感じることもあります。

また、水道水からセシウムが検出されることが極稀にあります。水厚生労働省が取りまとめた報告によりますと、過去に水道水から検出されたことのある物質は放射性ヨウ素と放射性セシウムです。

ウォーターサーバーは便利なだけでなく、いつでもきれいで美味しい水を飲めるることがメリットの一つなのです

水道水の塩素が苦手な人も大丈夫

水道法により水道水は塩素を使用して消毒するように定められています。この工程で水道水に残った塩素はカルキ臭として独特のにおいがしてしまいます。

また、雑菌の多い夏場には塩素の含有量が高くなるのです。

殺菌のために水道水には次亜鉛素酸ナトリウムという物質が含まれており、この塩素が原水に含まれているアンモニア性窒素と反応してクロラミンが生じます。このクロラミンがカルキ臭の原因です。

塩素は重要な殺菌成分です。もし、水道水に塩素を入れなければ感染症が発生する恐れがあります。日本の法律では残留塩素1リットルあたり0.1mg以上の濃度を保持する決まりになっており、
水道設備は24時間の体制で管理、監視されて常に一定の濃度に保われています。

昼間や夜よりも朝にカルキ臭を感じることがあるかもしれません。これは、起きたばかりのときには感覚が敏感になっているためだといわれています。また気候や水道水を飲む人の体調によっても微妙な匂いの感じ方は異なってきます。

現在の決められた塩素濃度でカルキ臭のする水道水を一生飲み続けても人体に影響はないとされています。感染症の観点から安全なお水であると言えます。

ただ、カルキ臭がどうしても気になる方は、沸騰させることが大事です。カルキ臭の原因は塩素ですが、沸騰させることでこの塩素が揮発します。その水を冷蔵庫で冷やして飲めば美味しく感じられはずです。

また、水の汲み置きも効果的です。大きな鍋に水道水を汲み置きしておけば塩素が蒸発していきます。水道水にレモン果汁を入れておくのもビタミンCに塩素を分解する作用があるので効果的だとされています。

塩素のカルキ臭については対応も可能ですが、ウォーターサーバーならそんな対応も無用。すぐにおいしいお水が飲めます。

スーパーの無料提供水は保存が心配

スーパーによっては無料で提供されているお水があることもありますよね。

スーパーで無料提供されている水はRO水とアルカリイオン水になります。二つとも水道水を使った水ですが加工に違いがあります。

RO水は不純物をろ過しています。アルカリイオン水はアルカリ整水器で加工をしています。

スーパーで無料提供されている水のデメリットは水を保存できる期間が短いことです。

つまり早く使用してしまう必要があるのです。

その理由は市販の工場から出荷された水と異なり、無料提供水は密封処理が難しいため、雑菌が繁殖してしまう可能性があるからです。

使用する度に注水口を開閉するため、その開閉頻度の高い無料提供水は、細菌が入りやすい作りになっています。また、不特定多数の人とサーバーを共有するため、その注水口自体が不衛生になりやすいのも懸念点の一つです。

もちろんスーパーは衛生面に気を付けてメンテナンスを行っているはずですが、それを確認するのはなかなか難しいため、気になる人は気になるかもしれません。

また、サーバーのフィルターの機能が家庭で使用するウォーターサーバーより劣っていることも。

そもそも、水を持ち帰るためのボトルも、家庭できちんと処理していれば問題ないですが、管理が甘いと雑菌だらけになりやすいという事実もあります。

そのような理由から、無料提供水の水は長期保存するのは心配なため、早く消費してしまう必要があるのです。

そんな心配も、家庭で自分と家族だけが使用し、メンテナンスも自分で確認できるウォーターサーバーのお水であれば無用です。

好みの水を選べる

ウォーターサーバーはRO水、天然水や水素水、炭酸水など好みの水を選ぶことができます。

RO水

RO水は水道水や地下水などの原水に逆浸透膜を利用してろ過することで不純物を除去したもの。

0.0001ミクロンの超微細孔フィルターで、このフィルターでろ過することでイオン、ウイルスまで除去することができるとされ、限りなく純水に近い水を作ることができます。

RO膜で水をろ過する際にミネラル成分まで除去された「純水」とろ過したあとにミネラル成分を人工的に添加したお水の2種類あります。

天然水

天然水は富士山や京都などの採水地から選べる天然水です。名水と呼ばれる水が家庭で手軽に飲めることはウォーターサーバーの大きな特徴ともいえます。

自然環境から採水した水を安全に飲めるようにするためにろ過・殺菌処理をして安全に飲めるようになっています。

天然水はもともときれいな水なので、殺菌処理と最低限のろ過しかしておらず、ミネラルが含まれたままの水を飲むことができます。

水素水

水素水とは水素を溶け込ませた水のことです。普段から水素水を利用しているという方は、水素水が飲めるウォーターサーバーも選択肢のひとつとなりますね。

炭酸水

炭酸水は健康や美容、料理、掃除など様々な用途があります。ウォーターサーバーでも炭酸水が気軽に飲めるようになりました。

富士山などの名水に炭酸を足し炭酸水にして、好きなときに好きなだけ飲めます。ジュースやお酒に混ぜても美味しい炭酸水となります。

飲むだけではなく美容にこだわる方は洗顔や洗髪に炭酸水を利用している方もいます。

コーヒー機能付き

コーヒー機能が付いたウォーターサーバーもあります。普通にウォーターサーバーとして使用できる上にコーヒーの抽出までできるので大変便利です。

人気の「バリスタ」搭載の機種、本格的なドリップコーヒーが作れる機種などいくつか種類があるので好みのタイプを選ぶことができますよ。

ウォーターサーバーのメリット(3)冷水・お湯がすぐ出る

ウォーターサーバーは「冷水・温水」がすぐに使えるというメリットがあります。ウォーターサーバーでを作る仕組みは電子式とコンプレッサー式の2種類あります。

電子冷却式

電子式は、水が入っているタンクの内部の金属部分に電気を通電することで水の温度を調整します。

電子冷却式は、少ない電力で冷却できる反面、お水を冷やすまでに時間がかかるというデメリットがあります。また、音が静かという特徴もあります。

コンプレッサー式

コンプレッサー式は冷蔵庫やエアコンに用いられる方法と同じで、冷媒という冷却ガスの気化熱を利用します。

短時間で冷水を作り出すことができるので、ボトル交換後、短時間で冷たい水が使えるようになります。その分、冷却のために大きな電力が必要になり、電子式と比較すると稼働音が大きいというデリットがあります。

温水を作る仕組み

ウォーターサーバーで温水を作る仕組みは電温水タンクに取り付けられた電気ヒーターによってお水を温め、温水を作ります。一部、温水タンク内に取り付けられた金属棒に電気を通して温める方式のサーバーもあります。

それぞれの方式によってメリット・デメリット、特徴が異なるため、どちらが良いか事前にチェックしておくと良いでしょう。

70~90℃前後に設定可能

ウォーターサーバーは温水がすぐに使えるのがすごく便利です。今まで電気ケトルやヤカンでお湯を沸かしていた場合、沸くのを待つことなくボタンひとつでお湯が使えるようになりますよ。

お茶やコーヒーはもちろん、インスタントラーメンにも使える機種もあります。

さらに、赤ちゃんのミルク作りにも大活躍!夜泣きの赤ちゃんにミルクを与えるとき、眠い中ミルクを作るのは本当に大変…。お湯を沸かして、ミルクを作って、適温になるまで冷まして…。

ウォーターサーバーであれば、ボタンひとつでお湯が出るので毎日のミルク作りに役立ちます!

ガスが止まってもミルクを作れる

前述したように、ウォーターサーバーはボタンひとつで温水が出るので、いつでもミルクが作れます。もし、災害などでガスが止まってしまったとしても、電気があればウォーターサーバーがあればミルクが作れます。

また、仮に電気も止まってしまったとしても、ウォーターサーバーはお水ボトルをストックとして利用できるので災害時の備蓄水としても活用できます。万が一のときの備えとしても活躍してくれるはずですよ。

5~15℃前後の冷水が出る

ウォーターサーバーは5℃〜15℃程度の冷水が瞬時に出てくるため、今までペットボトルのお水を冷蔵庫で冷やして飲んでいたという方は、冷蔵庫のスペースの節約になります。

冷水も、機種によって温度が異なるため事前にチェックしておきたいポイントの一つ。冷たい水が苦手という方は「常温水」が使える機種もあるので、そちらも合わせてチェックしておきましょう。

ウォーターサーバーのメリット(4)災害時の備蓄水になる

ウォーターサーバーは、日常生活を便利にするだけでなく、いざというときの備えとしても活躍します。ここからは災害時に役立つ活用方法をみていきましょう。

浄水器は水が止まったらアウト

家庭で美味しいお水を飲みたいという場合はウォーターサーバーのほかに「浄水器」という選択肢があります。ただ、浄水器にはデメリットもあって、水道が止まってしまうと使えなくなってしまうという点です。

特に災害時は水の確保は死活問題です。

ウォーターサーバーは、お水ボトルが週毎、月毎など定期的にお水が配送されるため、災害時の備蓄水として活用できます。ウォーターサーバー本体に設置せずとも、ボトルだけで利用できるタイプのものもあるので、いざというときに役立つのがウォーターサーバーです。

災害時の備蓄水をペットボトルで保管しておくと賞味期限の問題や保管スペースの問題が出てきますが、ウォーターサーバーであれば日常的に利用するお水としてローリングストックできるので便利に利用できますよ。

ウォーターサーバーのメリット(5)省スペース&インテリア効果

ウォーターサーバーは活用方法次第でおしゃれなインテリアとして活躍します!冷蔵庫などお部屋の省スペースにも活用できますよ。

ペットボトルのお水は冷蔵庫のスペースが必要

ペットボトルのミネラルウォーターの場合、飲みたいときにいつでも冷たい水を飲もうと思うとある程度のお水を冷蔵庫に常時入れておかなくてはなりません。

また、ペットボトルは都度購入する必要があり、まとめ買いするにも保管スペースも必要です。

ウォーターサーバーのお水ボトルも保管するスペースは必要になるものの、定期的に配送されますし、冷蔵庫で冷やす必要がないため、冷蔵庫の省スペースには軍配が上がります。

ワンウェイ式なら空ボトルの処分も場所いらず

ペットボトルのお水を飲んでいる場合、使い終わった空のボトルの処分、手間ですよね?ゴミも場所を取ってしまいます。

ウォーターサーバーの場合、空ボトルの処分方法は2パターンです。ゴミとして廃棄するワンウェイ式とボトルを返却するリターナブル式です。

リターナブル式は空ボトルの返却までに時間がかかるため保管スペースが必要になってしまうので、ペットボトルのお水より場所を取るかもしれません。

一方のワンウェイ式なら、使用済みのボトルはコンパクトに縮んでくれるため処分も簡単です!

ワンウェイ式の中でも「パックタイプ」のお水であればさらに処分が簡単になりますよ!

インテリア効果

最近のウォーターサーバーには、おしゃれなデザインのタイプもたくさんあって、お部屋のインテリアとして活用もできるのをご存知でしょうか?

自宅のインテリアと合う色やデザインを選ぶことで、部屋のテイストに合わせて家具やウォーターサーバーの色を統一できるので、おしゃれな空間作りに役立ちます!

ウォーターサーバーは、キッチンに置くものと考えている方も多いかもしれませんが、おしゃれなデザインのウォーターサーバーはあえてリビングに置くことで、インテリアとして活躍してくれます!

おしゃれなウォーターサーバーの選び方やポイントについては「おしゃれなウォーターサーバー6選!インテリアに合うデザインとレイアウト方法とは 」で詳しく紹介していますので併せて読んでみてください!

ウォーターサーバーのメリット(6)コロナ渦で役立つ

コロナ渦の中、余計な外出は極力控えたいもの…。ウォーターサーバーは余計な外出を減らしたり、買い物のときの荷物を減らす効果も期待できます!

買い物に行く回数を減らせる

コロナ渦でウォーターサーバーの需要が増しているのをご存じですか?自らスーパーに行かずとも、自宅にお水が配送されますし、また空ボトルの回収も家まで来てくれるのでとても便利だからです。

また、テレワークで自宅にいる時間が多くなった人も増えたため、飲料水として手軽に使えるウォーターサーバーは重宝しますよね。お茶やコーヒーがすぐに作れるのもウォーターサーバーの需要が増加している要因です。

また、ウォーターサーバーの美味しいお水は料理にも活用できるので、コロナ渦で、自炊する機会が増えた方にもおすすめです!

ワクチンの副反応や感染時の症状が出た時も、自宅から出ずに安全な水を確保

ウォーターサーバーなら、万が一コロナに感染してしまった場合でも、買い物に行かずとも飲料水が確保できるのもメリットの一つではないでしょうか?

また、ワクチン後の副作用として熱が出たなら、いつでも冷たい水をウォーターサーバーから飲むことができます。ワクチンの副作用としては、発熱のほかに頭痛や倦怠感、筋肉痛の症状が出る場合があります。その場合も薬を飲むなどする際にはウォーターサーバーの水が使用できると心強いですよね。

ウォーターサーバーは、安全なお水の確保という点でも、コロナ渦の今おすすめです!

まとめ

ウォーターサーバーのメリットをまとめると次のようになります。

  • 重いお水運搬から開放される
  • 安全な美味しいお水が飲める
  • 温水・冷水がいつでも使える
  • 災害時の備蓄水になる
  • 省スペース&インテリア効果
  • コロナ渦で大活躍!

ペットボトルのお水を購入していた方や水道水を使っていた方と比較するとコストは掛かってしまうかもしれません。ただ、今まで不便に感じていた部分を補ってくれるメリットも多く存在するのがウォーターサーバーです。

また、ウォーターサーバーは利用人数など環境に応じて選べば、お得に利用できる可能性もありますよ!

「コストが安いウォーターサーバー9選!高コスパでお値打ちなサービスやプランは? 」

ウォーターサーバーのコストが気になる方は、こちらの記事も合わせてチェックしてみてください!

ウォーターサーバーで、今までより便利で快適な生活してみませんか?

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
デザイン・用途で選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました