うるのんを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介

メーカーで選ぶ

うるのんのウォーターサーバーを利用を利用しているけれど、他のウォーターサーバーへの乗り換えを考えたり、ウォーターサーバー自体使わなくなったりと、解約を検討してみたくなっていませんか?

「最低利用期間などの縛りはあったかな?」
「解約金は必要なのかな?」
「解約金がかかるなら、いくらするのかな?」

解約については正しく理解していないと損してしまう可能性も…。

この記事では、うるのんの解約についてご紹介しているので、解約を検討中の方、または、契約前で事前に解約について知っておきたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね!

うるのんの最低契約期間と解約金

うるのんを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介

まずはうるのんの解約について知っておきたい「最低利用期間」と「解約金」についてご紹介していきます。

「最低利用期間」、「解約金」、この2点はお金に関連する部分なので、気にせずに解約してしまうと損をしてしまう可能性があります。

解約時の注意点についても紹介しているので、うるのんの解約について調べている方は、必ず確認しておきましょう。

うるのんの最低利用期間

うるのんの最低利用期間は、契約しているプランによって異なります。契約プランは「通常プラン」と「うるうるプラン」があります。最低契約期間を知るには、まずご自分が契約しているプランを確認しましょう。

・通常プラン 2年間
・うるうるプラン 3年間

上記の通り、「通常プラン」を契約中の方は2年間の最低利用期間があります。「うるうるプラン」を選んでいる場合は3年間の最低利用期間となっています。

「うるうるプラン」を選んでいる方は「通常プラン」よりも最低利用期間が1年長いことに気をつけましょう。2年間だと勘違いする人が少なくありません。

では、最低利用期間未満で解約することになった場合、解約金などが必要になるのでしょうか?そして、解約金が必要だった場合はいくらかかるのでしょうか?次の項目で確認していきましょう。

うるのんの解約金

うるのんは、最低利用期間未満で解約した場合、解約金が発生します。名称としては「サーバー返却手数料」となっていますが、実質は解約金にあたりますね。

この解約金は、契約しているプランによって違いがあるので、金額について確認しておきましょう。

・通常プラン 11,000円(税込)
・うるうるプラン 16,500円(税込)

上記の通り、「通常プラン」の解約金は11,000円(税込)、「うるうるプラン」は16,500円(税込)の解約金(サーバー返却手数料)が発生します。

なお、2年間または3年間の最低利用期間を過ぎて利用を継続するとき、もう一度最低利用期間が設けられるのではないか?と不安になる方もいるのではないでしょうか?

うるのんの最低利用期間は更新タイプではないので、最低利用期間が満了となれば、その後はいつ解約しても解約金は発生しません。

そのため、開始時からの最低利用期間だけに注意しておけば、その後は解約金を心配する必要は無くなります。

うるのん解約時の注意点

うるのんの解約金についての注意点をまとめると、以下のようになります。

・プランによって最低利用期間が違う
・プランによって解約金の金額が違う

うるのんはプランによって最低利用期間が違います。「うるうるプラン」を契約している方が「通常プラン」と同じ2年間だと勘違いすると、予想外の解約金が発生することがありますので、必ずどちらのプランを契約しているのか把握しておきましょう。

また、解約金が発生する覚悟で解約するという場合、こちらもプランによって金額が変わってきますから、契約しているプランを確認した上で解約の手続きを進めるようにしましょう。

うるのんの解約方法

うるのんを解約する場合、どのような方法があるのでしょうか?

一般的には電話やメールで解約を申し込むケースが多いようですが、うるのんでも解約方法がいくつか用意されているとうれしいですよね。

この項目では、うるのんの解約方法について紹介していきます。

電話での解約方法

うるのんは、電話での解約が可能です。フリーダイヤルで受け付けているので、通話料を心配する必要はありません。受付時間は9時〜18時までなので、受付時間内に解約の電話を行いましょう。

電話番号:0120-737-113(フリーダイヤル)
受付時間:9:00~18:00

上記の電話番号へ解約の旨を伝えることで、ウォーターサーバーの返却方法などを教えてくれます。

注意点としては、解約の連絡は撤去希望日の1カ月前までの連絡が必要になるため、撤去希望日のギリギリに連絡をしても、すぐには解約できません。

そのため、ウォーターサーバーを撤去したい日付の1カ月前には解約の連絡を行うようにしましょう。特に引っ越しを機に解約したいという場合は要注意です。

電話以外の解約方法について

電話以外の方法で解約を希望している場合、残念ですが、うるのんの解約は電話のみの受付となっているので、メールや解約専用のフォームからの解約はできません。

そのため、うるのんを解約する際は、電話にて解約手続きを行う必要があります。

解約時のウォーターサーバーの取り扱い方法について

うるのんを解約するにあたり、気になる点として、ウォーターサーバーは自分で返却するのか?それとも業者の方が回収に来てくれるのか?という疑問があります。

また、解約が決まったウォーターサーバーの水抜きなどの処理は自分で行う必要があるのか?それともそのまま放置して業者の方に任せたら良いのか?という点も気になるところです。

この項目では、解約後のウォーターサーバーの返却について、また、水抜きなどの処理を行う必要があるのかなど、解約時のウォーターサーバーの取り扱いについて紹介していきます。

ウォーターサーバーは業者が回収しにくるのか?

うるのんのウォーターサーバーは、配送業者の佐川急便か、もしくは専門スタッフが回収しにきてくれます。佐川急便が回収に来るのか、それとも専門スタッフが回収に来るのかは、利用しているうるのんのサービスによって変わります。

契約しているサービスが「おいしい水の贈りもの うるのん」もしくは「おいしい水の贈りもの うるのんwith LOHASUI」の場合、佐川急便がウォーターサーバーの回収にきます。

契約しているサービスが「おいしい水の宅配便(静岡県内のみ)」というお宅には、専門のスタッフが回収に来ることになります。

そのため、どのプランを契約していたとしても、使い終えたウォーターサーバーは回収に来てくれます。

ウォーターサーバー回収の際、水抜きなどの処理が必要なのか?

うるのんを解約し、サーバーの回収が行われるにあたり、気になる事として「ウォーターサーバーの水抜き」などの処理は事前に行う必要があるのか?という疑問があります。できれば水抜きも梱包も業者さんがやってくれると、利用者としてはありがたいものですからね。

うるのんのウォーターサーバーは、契約しているサービスによって、水抜きや梱包を行う必要になる場合と、業者の方が対応してくれる場合にわかれます。

「おいしい水の宅配便(静岡県内のみ)」を契約している方は、ウォーターサーバーの水抜きや梱包まで、専門スタッフの方が対応してくれます。

一方、「おいしい水の贈りもの うるのん」もしくは「おいしい水の贈りもの うるのんwith LOHASUI」の解約を行うという場合、事前に水抜きや梱包を利用者側で行っておく必要があります。

そのため、解約の際は「返却にあたり水抜きや梱包が必要なのか?」「水抜きの方法や注意点」を確認し、必要であれば作業を行う形になります。

水抜きも機種によって方法が異なるため、取り扱い説明書を確認するか、解約の電話の際にしっかり確認しておきましょう。

解約した理由別にご紹介!おすすめの乗り換え先ウォーターサーバーはコレ

うるのんの解約が終わり、今後ウォーターサーバーは契約しないという方もいると思いますが、解約後も他のウォーターサーバーを使いたいと検討している方もいると思います。

そこで、この項目ではうるのんからの乗り換え先候補として、3つのウォーターサーバーを紹介していきます。

ボトルの交換が楽なサーバー、注文ノルマが無いサーバー、コスパが良いサーバーの3種類を紹介していきますのでぜひチェックしてみてください。

(1)ボトル交換がつらい→コスモウォーター「Smartプラス」

サーバーへのボトル設置が面倒!という理由でうるのんの解約を検討している方には、ボトルの設置が楽なコスモウォーターをおすすめします。

うるのんを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介
初回金 なし
サーバーレンタル料 無料※1
水代 2,052円(税込)/12L
配送料 無料※2 
休止手数料 880円(税込)/月※3
解約手数料 9,900円(税込)※4
1 smartプラス(ウッド・ライトウッド)の場合のみ、初回に限定カラー料2,000円(税別)が別途かかる。
※2 北海道の場合は、お水1本につき送料200円(税別)が別途かかる
※3 2カ月以上連続して停止する場合(特選水の場合、1カ月以上連続して停止する場合)は、休止手数料として1台に付、月額税込880円の支払いが必要
※4 規定利用期間(2年)満了前に解約する場合、サーバー引取手数料税込9,900円が発生

コスモウォーターは、ボトルの設置場所が足元にあるので、重たいボトルを上に持ち上げる必要がありません。そのため、うるのんの利用中に「ボトルの設置が大変だから解約したいと思った」という方にはとても嬉しいサーバーとなっています。

特に力の弱い年配の方や女性にとって優しい設計のサーバーなので、ボトルの設置が楽なサーバーが使いたいという方にはコスモウォーターがおすすめです。

うるのんを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介

コスモウォーターの乗り換えキャンペーン

うるのんを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介

コスモウォーターは、他社からの乗り換えで5,000円分のキャッシュバックがもらえるというキャンペーンがあります!他社で掛かった解約金額に関係なく、もれなく5,000円がキャッシュバックされるので、解約金が掛からなかった解約でもキャッシュバックが受け取れますよ!

乗り換えを検討している場合はぜひ活用してお得に乗り換えしましょう!
※キャンペーンの情報は2021年6月時点の情報です。詳細は公式サイトをチェックしてください。

(2)注文ノルマが嫌→アクアクララ

アクアクララ おすすめウォーターサーバー比較
あんしんサポート料 1,100~3,300円(税込)/月
水代 1,404円(税込)/12L
1,080円(税込)/7L
※1 2年割プラン適用の場合
解約手数料 6,600円〜11,000(税込)※2
※1 一部商品・地域のみ、宅配料がかかる場合あり
※2 ウォーターサーバー設置後、通常プランのお申込みで1年未満の退会の場合は、6,600円(税込)、2年割プランのお申込みで2年未満の退会の場合は、11,000円(税込)の途中解除料をお支払いいただきます。

うるのんには「2週間で2本」や「4週間で2本」などの配達ペースの決まりがあります。年2回までスキップできるなど、お水をあまり使わない方向けのサービスはありますが、お水をあまり使わない方にとっては、年2回のスキップでは足りないというケースもありますよね。

そんな「お水のノルマが嫌!」という理由でうるのんを解約するという方には、注文ノルマのないアクアクララがおすすめです。

アクアクララはお水の購入ノルマが無いので、使いたい分だけ注文するという使い方ができます。そのため、ウォーターサーバーは使いたいけど、お水を使う量は少ないという方におすすめのサーバーとなっています。

アクアクララの乗り換えキャンペーン

うるのんを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介

アクアクララは、のりかえキャンペーンとして、他社のウォーターサーバーから乗り換えた方には、5,000円分のAmazonギフト券がもれなくプレゼントされるという特典がついています。
※キャンペーンの情報は2022年10月時点の情報です。詳細は公式サイトをチェックしてください。

またアクアクララはお試しとして1週間無料で使うことができます。お水の味やサーバーの使い心地を確かめてから契約できるので、まずは無料お試しで使ってみてはいかがでしょうか?

(3)月々のコストが高い→ワンウェイウォーター

うるのんを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介
初回金 なし
サーバーレンタル料 無料
水代 プラスプレミアム:1,250円(税抜)/12L
富士の銘水 彩(SAYA) :1,900円(税抜)/12L
奥京都三岳山麓「京の湧水」:1,900円(税抜)/12L
九州日田「天寿の水」:1,900円(税抜)/12L
配送料 無料   ※1
休止手数料 1台800円(税抜)/月※2
解約手数料 9,000円(税抜)〜※3
※1 配送地域は本州、四国、九州
※2 契約者都合により天然水を2ヶ月以上連続して停止する場合(特選水の場合、1ヶ月以上連続して停止する場合)は、休止手数料として1台に付、月額800円(税込880円)の休止手数料が発生。
※3 お掃除ロボット付ウォーターサーバー:規定利用期間:2年/サーバー引取手数料:税込15,400円
上記以外のウォーターサーバー:規定利用期間:2年/サーバー引取手数料:税込9,900円

うるのんを解約する理由が月々のコストが高いという理由の場合、「ワンウェイウォーター」がおすすめです!

ワンウェイウォーターはお水の値段が、「RO水12Lボトル1本が1,250円(税抜)」。500mlあたり52円(税抜)と業界最安級の低価格で、さらにサーバーレンタル代や初期費用、メンテナンス代も一切かからないので、かなりリーズナブルにウォーターサーバーを利用することができます。

本州、四国、九州にお住まいの方限定になりますが、配送料もかからないので安くウォーターサーバーを利用したい人にはおすすめです!

ワンウェイウォーターはRO水のほかに採水地の違う天然水(富士山、京都、九州日田)の3種類あるため、好みのお水を選ぶことができるのもメリットといえます!

コスパがよいウォーターサーバーが良い!という方はぜひチェックしてみてください。

うるのんの解約方法、最低利用期間や解約金 まとめ

うるのんには、プランにより2年間あるいは3年間の最低利用期間があることがわかりました。また、最低利用期間内に解約を行う場合は、プランにより11,000円(税込)あるいは16,500円(税込)の解約金が発生するという内容でしたね。

最低利用期間が過ぎてしまえば、その後は更新なくいつ解約しても解約金が発生しないので、契約期間によって解約するタイミングを決めても良いと思います。

念のため解約時に確認しておきたい事としては、ウォーターサーバーの水抜きや梱包は事前に行う必要があるのか?というものもありました。契約している内容によっては、ご自身でサーバーの水抜きと梱包まで行う必要があるので、解約前に確認しておきましょう。

また、他のウォーターサーバーに乗り換える際は、乗り換えキャンペーンが適用されるメーカーもあるので、解約する前に乗り換えキャンペーンはチェックしてみてください。

・ボトル設置が大変→コスモウォーター

・月々のノルマが嫌→アクアクララ

・コスパ良いのがいい→ワンウェイウォーター

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする

◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。

メーカーで選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました