ワンウェイウォーターの最低利用期間や解約金はいくら?

メーカーで選ぶ

ワンウェイウォーターの解約を検討しているものの、解約した場合にペナルティがあるのでは?と不安な気持ちになっている方もいると思います。

この記事では、ワンウェイウォーターの解約時に知っておくべき最低利用期間や解約金について紹介しているので、解約を検討中の方は参考にしてください。

ワンウェイウォーターの最低契約期間と解約金

まずはワンウェイウォーターの最低利用期間と解約金について紹介します。契約しているサーバーによって条件が異なるため、利用中のサーバーの項目をチェックしてみてくださいね。

お掃除ロボット付ウォーターサーバーの最低利用期間と解約金

ワンウェイウォーターのお掃除ロボット付ウォーターサーバーの、最低利用期間と解約金について紹介します。

お掃除ロボット付ウォーターサーバーの最低利用期間は2年です。この2年間の間に解約してしまうと15,400円のサーバー引取手数料が発生します。

サーバー引取手数料とは別に解約金が発生するのかな?と不安に感じるかも知れませんが、ワンウェイウォーターの場合、サーバー引取手数料が一般的な解約金と呼ばれる部分なのでご安心ください。

お掃除ロボット付ウォーターサーバーは、ワンウェイウォーターのサーバーの中では最低利用期間が長く、サーバー引取手数料も一番高額です。そのため、契約後はできるだけ2年以上利用した方が良いサーバーとなっています。

らく楽スタイルウォーターサーバーPREMIUM、smartの最低利用期間と解約金

ワンウェイウォーターのらく楽スタイルウォーターサーバーPREMIUM、smartの最低利用期間と解約金について紹介します。

らく楽スタイルウォーターサーバーPREMIUM、smartの最低利用期間は2年です。この2年の期間内に解約した場合、9,900円のサーバー引取手数料が発生します。

2年という最低利用期間は、先に紹介したお掃除ロボット付ウォーターサーバーと同じで、ワンウェイウォーターの中では長いです。

ただし、サーバー引取手数料の9,900円はお掃除ロボット付ウォーターサーバーよりも低い金額なので、お掃除ロボット付ウォーターサーバーと比べると解約しやすい設定となっています。

上記以外のウォーターサーバーの最低利用期間と解約金

ワンウェイウォーターのサーバーの中から、お掃除ロボット付ウォーターサーバーとらく楽スタイルウォーターサーバーPREMIUM、smart以外を契約した際の最低利用料金と解約金について紹介します。

お掃除ロボット付ウォーターサーバーと、らく楽スタイルウォーターサーバーPREMIUM、smart以外のサーバーの最低利用期間は1年間です。この1年間で解約する場合は5,500円のサーバー引取手数料が発生します。

お掃除ロボット付ウォーターサーバーと、らく楽スタイルウォーターサーバーPREMIUM、smartに比べて最低利用期間は短く、解約金も安く済むので、ワンウェイウォーターの中では解約しやすい条件となっています。

ウォーターサーバーは1年程度で解約するかもという方は、解約の条件が優しい設定のサーバーを選んで解約するのもありですね。

ワンウェイウォーターの解約方法

ワンウェイウォーターを解約する際、どのような方法で解約することになるのでしょうか?この項目では、ワンウェイウォーターを解約する方法について紹介します。

ウォーターサーバーとお水を利用している場合

ワンウェイウォーターのサーバーとお水のボトルを利用している方向けの解約方法について紹介します。

サーバーとお水の両方を利用している方は、電話にて解約の確認を行う必要があります。Web上で解約の申し込みはできますが、手続きを確定するためにはワンウェイウォーターと電話にて、最終確認を行う必要があります。

そのため、Webの手続きだけでは解約完了しているわけではないので、注意しましょう。引取予定日は4営業日後から1カ月先まで調整可能となっています。

解約の手続きを行ったとしても、7日以内にお水が出荷予定になっている場合は、その出荷分は通常通り受け取った上での解約になります。また、解約の連絡後10日以内に再申し込みを行おうとした場合は、再契約出来ないことがあります。

万が一、解約後に再契約を行うことになった場合は、10日以上経過後に手続きを行いましょう。

ウォーターサーバーとお水を利用している場合の解約手続きは、下記URLの「ウォーターサーバー引取り依頼へ」から行いましょう。

お水のボトルのみで利用している場合

ワンウェイウォーターの、お水のボトルのみを利用している方向けの解約方法について紹介します。

ワンウェイウォーターのお水のボトルだけを利用している場合、Web上での解約が可能です。7日以内にボトルの出荷予定がある場合は、そちらの配送分はキャンセルにならないので、受け取った上での解約になります。

こちらも解約後10日以内での再申し込みは出来ないことがあるので、もしも再契約を希望する場合は10日以上経過後に申し込みましょう。

サーバーが届いている場合は、「ウォーターサーバー引取り依頼」からの連絡が必要になるので、ワンウェイウォーターのサーバーが設置されている場合は「ウォーターサーバー引取り依頼」から手続きを行いましょう。

お水のボトルのみを利用している場合の解約手続きは、下記URLの「定期配送サービス解約へ」から行いましょう。

解約前に利用休止という選択はある?

ワンウェイウォーターを解約する理由が、一時的に利用しなくなったからというケースの場合、利用休止が可能であれば、解約せずに済む場合もあります。では、ワンウェイウォーターは休止の手続きが可能なのでしょうか?

ワンウェイウォーターには利用休止の手続きが用意されています。選んでいるお水によって、休止手数料が有料になるタイミングが違います。

例えば天然水を利用している場合は、2カ月連続で休止する場合、サーバー1台につき月額880円の料金が発生します。特選水を利用している場合は、1カ月目の休止から880円の休止手数料が発生するという形になります。

ちなみに、休止ではなく、届いた商品を受取拒否した場合には、事務手数料として1セットあたり1,100円が発生します。受取拒否の場合、休止手数料よりも高くなってしまうので、お水が不要な期間は受取拒否ではなく休止の手続きを行うようにしましょう。

ワンウェイウォーター解約時のサーバーの取り扱い方法について

ワンウェイウォーターの解約が決まると、サーバーの返却が必要になります。この項目では、ワンウェイウォーターを解約した際のサーバーの返却についてお話ししていきます。

サーバーは業者が回収しにくるのか?

ワンウェイウォーターを解約する場合、利用していたサーバーは回収業者の方が回収に来てくれます。そのため、利用者側がどこかに持ち込む必要はありません。

サーバーは玄関まで運んでおく必要があるので、回収業者の方が来る前に玄関まで運んでおくとスムーズに返却できます。一人でサーバーを移動させるのが難しい場合は、家族の方などと事前にサーバーを移動させておきましょう。

返却時には水抜きなどの処理が必要なのか?

ワンウェイウォーターのサーバーを返却する際は、利用者の方で水抜きを行っておく必要があります。配送中に水がこぼれ出てしまっては大変なので、前日までには水抜きを済ませておきましょう。

また、サーバーの梱包作業も利用者の方で行う必要があります。サーバーにビニール袋をかぶせるタイプの梱包なので、解約の連絡の際に詳しい梱包の方法を確認し、梱包を行いましょう。

【解約した理由別】乗り換えるウォーターサーバーはコレ

ワンウェイウォーターを解約するにいたった背景には、なにかしらサービスへの不満があったからという理由があるはずです。

その不満な部分が解消されたサービスがあれば、そちらに乗り換えて利用したいという気持ちの方もいるかと思います。

この項目では、ワンウェイウォーターを解約した理由に対して、乗り換え先としておすすめのウォーターサーバーを紹介していきます。

ボトルが重い→フレシャス

ワンウェイウォーターの最低利用期間や解約金はいくら?
初回金 なし 
サーバーレンタル料 無料~※1
水代 925円(税抜)/4.7L
1,155円(税抜)~/7.2L
1,506円(税抜)/9.3L
配送料  無料
休止手数料 1,000円(税抜)/月※2
解約手数料 9,000円(税抜)〜※3
※1 一部サーバーは条件付き無料
※2 自己都合により2カ月連続してサービスを中断した場合、翌月以降、サービス再開するまで月額税抜1,000円の休止手数料が発生
※3 レンタルプランで契約後またはサーバー交換後、1年未満で解約した場合、解約金として税抜15,000円、また、1年経過後、2年未満で解約した場合は、税抜9,000円が発生

ワンウェイウォーターのボトルは12Lです。そのため、ボトルを設置する際に、重たくて大変という方もいると思います。

使用していたサーバーによってはボトルを足元に設置するタイプもあるので、設置への配慮はされていますが、サーバーのある場所まで12Lのボトルを運ぶことが負担になっているというケースもありますよね。そんなボトルの重さが理由で解約するという方は、ボトルの軽いウォーターサーバーを契約しましょう。

例えばフレシャスというウォーターサーバーの場合、お水のパックは4.7Lや7.2Lなど、お水が非常に軽いので、運んだり設置したりする際の負担は非常に小さくなります。

また、ボトルタイプのサーバーを選んだ場合でもボトルは9.3Lなので、ワンウェイウォーターのボトルと比べて軽くなっています。そのため、ボトルの重さが理由でワンウェイウォーターを解約するという方におすすめできるウォーターサーバーとなっています。

フレシャスの乗り換えキャンペーン

ワンウェイウォーターの最低利用期間や解約金はいくら?

フレシャスでもお得なキャンペーンを開催しています。「他社から乗り換えキャンペーン」では他社で掛かった解約金を最大16,500円キャッシュバック!

そのため、ワンウェイウォーターで解約金が発生するというタイミングの方でも乗り換えやすいウォーターサーバーとなっています。お水のボトルが軽いサービスを探しているという方は、フレシャスへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

たくさんお水を使いたい→ウォータースタンド

ワンウェイウォーターの最低利用期間や解約金はいくら?
初回金 なし※1
サーバーレンタル料 2,480円~7,980円(税抜)/月※2
水代 使用した水道代
配送料 なし
休止手数料 – ※3
解約手数料 10,000円(税抜)※4
※1 代理店対応エリアの一部では初期設置費用が別途有料になる場合あり
※2 通常プランの場合の料金。お得な「長得プラン」もあり
※3 設置から1年未満の利用休止(一時的利用停止)の場合、撤去費用10,000円(税抜)
※4 設置から1年未満の解約の場合、撤去費用10,000円(税抜)

フレシャスの魅力の一つは天然水を利用しているという点があります。しかも、複数の天然水の中から好みのお水を選ぶことができるので、お水にこだわりがある方にはとても嬉しいサービスです。

しかし、お水をたくさん使うためには、ボトルを追加した分の費用が発生するため、気軽にどんどん使えるタイプのお水ではないとも言えます。そんな中で、お水をもっと気軽にたくさん使いたいと思い始めた方は、使い放題タイプのウォーターサーバーに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

使い放題のサービスには、ウォータースタンドがあります。ウォータースタンドは水道水を使用するタイプのサーバーなので、ボトルを追加するという概念はありません。そのため、お水をたくさん使いたいという方に嬉しいウォーターサーバーとなっています。

ウォータースタンドの乗り換えキャンペーン

ワンウェイウォーターの最低利用期間や解約金はいくら?

ウォータースタンドは他社のサービスからの乗り換えに対して、10,000円分のポイントをプレゼントというキャンペーンがあります。

ポイントは月々のサーバーレンタル料に使用できるのでウォータースタンドを契約後、お得に利用できるというキャンペーンです。

使い放題のウォーターサーバーがあれば乗り換えたいという方は、ウォータースタンドを乗り換え先の候補に入れておきましょう。

お水は少ししか使わない→アクアクララ

あんしんサポート料 1,100~3,300円(税込)/月
水代 1,404円(税込)/12L
1,080円(税込)/7L
※1 2年割プラン適用の場合
解約手数料 6,600円〜11,000(税込)※2
※1 一部商品・地域のみ、宅配料がかかる場合あり
※2 ウォーターサーバー設置後、通常プランのお申込みで1年未満の退会の場合は、6,600円(税込)、2年割プランのお申込みで2年未満の退会の場合は、11,000円(税 込)の途中解除料をお支払いいただきます。

ワンウェイウォーターには、お水を1カ月に2本以上や3本以上注文するという最低利用本数が定められています。お水をたくさん使う家庭であれば気にならない範囲の量ですが、お水の使用料が少なめの環境ではこの最低利用本数が負担になっているケースも…。

そんな最低利用本数に負担に感じ、ワンウェイウォーターを解約することになったという方におすすめなのがアクアクララです。

アクアクララは必要な時に必要なお水を注文することが可能です。お水をあまり使わないという方や、月々使用するお水の量にばらつきがある方におすすめです。

アクアクララの乗り換えキャンペーン

ワンウェイウォーターの最低利用期間や解約金はいくら?

アクアクララは、のりかえキャンペーンとして、他社のウォーターサーバーから乗り換えた方には、5,000円分のAmazonギフト券がもれなくプレゼントされるという特典がついています。
※キャンペーンの情報は2022年10月時点の情報です。詳細は公式サイトをチェックしてください。

またアクアクララはお試しとして1週間無料で使うことができます。お水の味やサーバーの使い心地を確かめてから契約できるので、まずは無料お試しで使ってみてはいかがでしょうか?

お水の最低利用本数が原因でワンウェイウォーターを解約するという方は、アクアクララに乗り換えを検討してみてくださいね!

ワンウェイウォーターの最低利用期間や解約金 まとめ

ワンウェイウォーターの最低利用期間は、契約しているサーバーによって1年から2年という縛りがあることがわかりました。

解約金もサーバーによる違いがあり、5,500円から15,400円という解約金が発生するという内容でした。

そのため、まずは利用中のサーバーを確認し、現状は最低利用期間内なのか?解約金はいくらなのか?を把握したうえで、今解約するべきか、もう少し待つべきかを検討して見ましょう。

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
メーカーで選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました